FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

9月13日東京では20万人規模  福岡県下でも延べ数万の規模での「戦争法案廃案」行動を計画 

2015年9月11日(金)

 福岡市内では、あさって9月13日(日)に 若者の結節点 【FYM】
Fukuoka Youth Movement などが中心となって、全国に呼応した
数千人規模の集会とパレードを行うとのこと。

Anti-Anpo-Action_2015Sep13Top.jpg


 福岡県下では、これ以外にも多くの行動が取り組まれますので、延べ参加者は
数万人にもなるのではないかと期待しています (記事の下に一覧)


 東京では、20万人規模の行動を起こす予定!

Nikkan-Gendai_20150911-01.jpg
強行採決阻止に20万人 安倍政権を追い込む「国会包囲1週間」
 日刊ゲンダイ - 2015年9月11日(金)


 平日の9月14日(月)にも、国会を包囲する5万人規模の大行動を展開
するべく、SEALDsなどが中心になって計画し呼びかけている。

 なお、8月30日の12万人集会を 『3万3千人』 とした 『警察関係者』の
意図的なリーク(謀略)の人数は特定エリアの限られた時間帯のものであった
ことを国会答弁と云う公式の場で警察庁・斉藤実審議官が認めた。

安保デモ人数、警察統計は「特定エリアの一時点」
 TBS-News - 2015年9月10日(木) 12:23

TBS-News_20150910.jpg
 

「警察としては全体の参加者の数を発表する立場にはございませんで、あくまでも警察活動に必要な範囲で特定のエリアの一時点における人数の把握に努めておりまして、それぞれの現場に応じた方法で人数の把握をしたということです」(警察庁・斉藤実審議官)


    まさにマスコミを誤誘導する 『謀略』 と言えるものであったことが
    判明した訳である! 
    翌日の紙面で「12万人」と云う大見出しを出したのは、
    西日本新聞・日刊スポーツ など、ごく一部であった

 このような権力による『謀略』に惑わされずに地道な闘いを続けて行きましょう!

     ***********************

 福岡県下での今週末の土・日の行動だけでも引用すると・・・ 

9月12日(土)10:30 伊都文化会館「標的の村」上映(糸島で「標的の村」を観る会)1000円(学500円)
9月12日(土)11:00 小倉駅前(共同センター)
9月12日(土)13:30 伊都文化会館「標的の村」上映(糸島で「標的の村」を観る会)1000円(学500円)
9月12日(土)14:00 ふくふくプラザ「日中歴史和解への道(講師松岡肇弁護士)」(中国人強制連行強制労働弁護団)
9月12日(土)14:00 九州大学箱崎キャンパス農学部1号館「パレスチナ・ガザの今(講師オサーマ・エル・ジャマル九州大学准教授ほか)」(PP21ふくおか自由学校)1000円
9月12日(土)14:00 早良市民センター「安倍政権下による防衛、外交、開発協力の一体化(大平剛北九州市立大学教授)」(原発もミサイルもいらない9条を活かす九州ネットワーク)
9月12日(土)14:30 子どもの館ホール「望郷の鐘-満蒙開拓団の落日」上映会(上映実行委員会)
9月12日(土)16:00 伊都文化会館「標的の村」上映(糸島で「標的の村」を観る会)1000円(学500円)
9月12日(土)16:00 那珂川町道善西日本シティ銀行前(9.12なかがわアクション)
9月12日(土)17:00 小倉駅南口ペデストリアンデッキ(憲法違反の安保法制法案の廃案を求める9.6市民集会実行委員会)
9月12日(土)17:30 警固公園(戦争法をつくらせない会)
9月12日(土)18:00 子どもの館ホール「望郷の鐘-満蒙開拓団の落日」上映会(上映実行委員会)
9月12日(土)19:30 天神コア前(戦争法案反対ひとりスタンディングアピール)
9月13日(日)11:00 小倉駅前(北九州地区地公労)
9月13日(日)13:30 早良市民センター(百万人署名運動・福岡県連絡会)
9月13日(日)14:00 糸島市丸田公園(安保法制法案の今国会に反対する糸島共同ネット)
9月13日(日)15:00 リバーウォーク噴水前「みんなデモ@kita9」(FYM kita9)
https://www.facebook.com/events/315045255285727/
9月13日(日)15:00 西鉄久留米駅前「子どもを戦争にやったらいけん!違憲!デモパレード」(子どもを戦争にやったらいけん!違憲!!の会)
https://www.facebook.com/events/857440567671285/
9月13日(日)15:30 警固公園周辺「ママとみんなのピクニック」(安保関連法案に反対するママの会@福岡)
https://www.facebook.com/events/1489657891328935/
9月13日(日)16:00 サニー七隈店前→中村学園大学パレード
9月13日(日)16:00 劇団道化「知覧・青春2015」(劇団道化)要申込
9月13日(日)17:00 警固公園「安保法案いけんくない!?パレードデモ」(Fukuoka Youth Movement)
https://www.facebook.com/events/1625865150984794/
9月13日(日)17:00 小倉駅南口ペデストリアンデッキ(憲法違反の安保法制法案の廃案を求める9.6市民集会実行委員会)
9月13日(日)19:30 天神コア前(戦争法案反対ひとりスタンディングアピール) 


 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





強行採決阻止に20万人 安倍政権を追い込む「国会包囲1週間」
 日刊ゲンダイ - 2015年9月11日(金)
 

 安保関連法案の“強行採決スケジュール”が固まりつつある。採決の前提となる中央公聴会の15日開催が決定。早ければ16日には特別委で採決し、同日中に可決・成立に至る。いよいよ戦後最悪の法案成立が目前に迫り、国民の反対運動は空前の規模に膨らんでいく。来週は1週間ブッ通しで、20万人が国会を包囲し、安倍政権に「NO」を突きつける。

「8.30」国会前12万人デモを主催した「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は、14日に「国会包囲大行動」を行う予定だ。平日ながら、事務局担当者は「5万人の参加者を見込んでいる」と意欲満々。「8.30」も当初10万人の参加を見込んでいたが、フタを開ければ12万人と2割も上振れ。14日も単純計算で6万人集まっても不思議ではないだろう。

 抗議行動はなおも続く。総がかり行動実行委は14日以降は強行採決を見越して、連日、国会正門前での座り込み行動を企画している。さらに、大学生グループ「SEALDs」も14日から毎日、国会前で18時半から抗議集会を行う予定だ。中心メンバーの奥田愛基氏(23)はこう言う。

「15日以降の強行採決の日程に、大きな危機感を持っています。そのため、開始時間を早める必要があるし、帰りは終電ギリギリになるかもしれない。僕たちがいかに納得していないかをしっかりアピールしていきます」

■安保法案左右する国民の盛り上がり

 つまり、来週1週間は国会前で“切れ目のない”抗議活動が行われるということだ。SEALDsの知名度は今や全国レベルで、1回の集会で3万人以上の動員も珍しくない。平日5日間だけで計15万人を集めるポテンシャルがある。

「『安保法案反対』の声は幅広い年齢層に広がっており、1週間で国会前に計20万人が集まる可能性は十分あるでしょう。その上で強行採決となれば、来夏の参院選への影響は計り知れません。安倍首相は会期を95日も延長したにもかかわらず、重要法案の採決前に慣例となっている地方公聴会をすっ飛ばそうとしています。今国会での成立に焦っている証拠です」(集団的自衛権問題研究会の杉原浩司氏)

 20万人が国会を取り囲めば、野党議員にとっては強大な後押しになる。すでに野党6党で調整段階にある内閣不信任案も当然、提出。“実力行使”もいとわぬ展開もあり得る。マスコミの報道合戦も過熱し、恐らく「反安倍」のうねりはますます拡大していく。

「国民の反対運動でここまで追い込んだのですから、もう一息。大ドンデン返しの可能性をあきらめてはいけません」(前出の杉原浩司氏)

 安保法案の行方を左右するのは、この1週間の国民の盛り上がり次第だ。 



安保デモ人数、警察統計は「特定エリアの一時点」
 TBS-News - 2015年9月10日(木) 12:23
 

 国会では、先月末に国会前で行われた安保関連法案反対デモに参加した人の人数をめぐる質疑が行われ、警察側は「あくまでも特定エリアの一時点の人数だった」と説明しました。

 「その3万3千人の根拠。どういう方法で3万3千人と判断したのか」(民主・藤田幸久参院議員)

 「警察としては全体の参加者の数を発表する立場にはございませんで、あくまでも警察活動に必要な範囲で特定のエリアの一時点における人数の把握に努めておりまして、それぞれの現場に応じた方法で人数の把握をしたということです」(警察庁・斉藤実審議官)

 先月30日に国会周辺で行われた安保法案に反対するデモ参加者の人数について、主催者側は12万人と発表しましたが、警察側は大幅に下回る3万3千人としていました。

 10日の質疑では、民主党の藤田幸久議員が数字の根拠を質しましたが、警察側は「全体の参加者の数を発表する立場にない」とした上で、「あくまでも特定エリアの一時点の人数把握に努めている」と説明しました。

 また、藤田議員は、周辺の地下鉄駅の出口が封鎖されたために、デモの参加者らであふれた駅の構内が危険な状況になったと指摘。警察側は、地下鉄の出入り口の規制を行ったことを認めた上で、「公共の安全と秩序の維持」などの観点から「必要な措置」だったと釈明しました。(10日12:23) 



 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3928-117b6683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フル・スペクトラム・レジスタンス

「戦争法案の強行採決を阻止するには(再掲)」の末尾に,次のように書きました.国会周辺を数十万で埋めつくせば(交代で),議員は車では議員会館(国会)に入れなくなる.歩いて人波をかき分けて入るか,地下鉄で入るしかないでしょう.そうすれば,国民の反発がいかに大きいかを実感できるでしょう.アベが恐いか,国民が恐いか.しかし, #国会前タハリール広場 つまり国会前の道路の継続的な占拠(オキュパイ)が実...

  • 2015/09/12(土)21:17:48 |
  • ペガサス・ブログ版