JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

自衛隊・統合幕僚長 戦争法案「夏までに」 昨年12月、米軍に成立約束

2015年9月3日(木)

 日本共産党の仁比聡平参議院議員が、自衛隊の『厳重取り扱い注意』

文書を突き付けて、昨日の参院安保法制特別委員会で追究しました。

 その中味は簡単に云うと、総理大臣や防衛大臣の知らない間(?)に、

【自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が2014年12月の総選挙直後、
米軍に対して戦争法案の成立時期を「来年夏までに」と伝達していた】

  赤旗 - 2015年9月3日(木)

   と云う極秘情報です。 

AKAHATA_2015090303_01_0c.jpg


 前回の「国会審議開始前の『軍』幹部への集団自衛活動の研修」暴露時
と同様、中谷防衛大臣は知らないと云う答弁をしているから、

クーデター的に軍部が暴走した?と云う、戦前同様の動向であろう。

おそらく、今回も数日後に、防衛大臣の指示の元に会談したと言い訳するかも!

 大本営陸海軍部発表!が直ぐそこまで来ているようだ!

 長くなるので、詳しくはリンク記事と国会質問の映像を御覧ください。

     ********************

統幕長 戦争法案「夏までに」 昨年12月、米軍に成立約束
自衛隊 暴走の実態 再び 仁比氏、内部文書示し追及 参院安保特

 『赤旗』 - 2015年9月3日(木)
 

 自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が2014年12月の総選挙直後、米軍に対して戦争法案の成立時期を「来年夏までに」と伝達していたことが、2日の参院安保法制特別委員会で明らかになりました。日本共産党の仁比聡平議員が独自入手した統合幕僚監部の内部文書「統幕長訪米時の(ママ)おける会談の結果概要について」をもとに暴露したものです。仁比氏は「国会無視、大問題だ」と追及しました。 




安保関連法案:昨年末に成立約束か  特別委で野党追及
 毎日新聞 - 2015年09月02日 21時52分
 

 安全保障関連法案を審議する参院平和安全法制特別委員会は2日、一般質疑を行った。共産党の仁比聡平氏は、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長が昨年末に訪米した際の米軍幹部との会談内容を記したとされる資料を提示した。資料では河野氏が法整備を「来年夏までに終了する」と明言、沖縄県の米軍普天間飛行場代替施設を含む米軍基地の日米共同使用に前向きな考えも示した。 





【関連記事】

仁比氏暴露の文書 統幕長 まるで“軍人政治家”
 「新基地」強力に推進 オスプレイの不安一蹴

  『赤旗』 - 2015年9月3日(木)

AKAHATA_2015090303_01_0b.jpg

「後方支援」の危険 “はかり知れない” 陸自現役幹部 本紙に語る
 統幕文書 独走・隠ぺいを批判

  『赤旗』 - 2015年9月3日(木)


統合幕僚監部 戦争法案成立前提の計画
国会審議無視 日程すべて決定 参院安保特委 小池議員の追及

  『赤旗』 - 2015年8月12日(水)


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





統幕長 戦争法案「夏までに」 昨年12月、米軍に成立約束
自衛隊 暴走の実態 再び 仁比氏、内部文書示し追及 参院安保特

 『赤旗』 - 2015年9月3日(木)
 

 自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長が2014年12月の総選挙直後、米軍に対して戦争法案の成立時期を「来年夏までに」と伝達していたことが、2日の参院安保法制特別委員会で明らかになりました。日本共産党の仁比聡平議員が独自入手した統合幕僚監部の内部文書「統幕長訪米時の(ママ)おける会談の結果概要について」をもとに暴露したものです。仁比氏は「国会無視、大問題だ」と追及しました。

  同文書によれば、自衛隊は、安倍晋三首相が4月末の米上下両院合同会議で「この夏まで」の法案成立を表明した半年近く前から、米側に法案の成立時期を示しています。小池晃副委員長が8月11日の同特別委員会で暴露した統幕内部資料(戦争法案の8月成立を前提にした運用計画を記した文書)に続いて、国会も国民も無視した自衛隊の暴走、対米従属の実態が再び明らかになりました。

 文書は、河野氏が14年12月17日から18日にかけて米国防総省や米軍高官7氏と相次いでおこなった会談の概要です。同24日に提出され、文書には「取扱厳重注意」と記されています。

 それによると、河野氏は12月17日のオディエルノ陸軍参謀総長との会談で、戦争法案について「予定通りに進んでいるか? 何か問題はあるか?」と問われ、「与党の勝利により来年夏までには終了するものと考えている」と答えています。

 同18日のダンフォード海兵隊司令官との会談で、河野氏は沖縄新基地建設をめぐって「辺野古への移転やキャンプハンセン、キャンプシュワブでの共同使用が実現すれば、米海兵隊と陸上自衛隊との協力が一層深化すると認識している。これにより沖縄の住民感情も好転するのではないか」とまで進言しています。

 米軍と自衛隊の共同使用をめぐっては、今年3月の衆院予算委員会で穀田恵二議員の追及に対し、中谷防衛相は「代替施設における恒常的な共同使用というのは考えていない」と答弁しており、これと矛盾しています。

 仁比氏が暴露した内部文書について中谷元・防衛相は「いかなる資料か承知していないのでコメントすることはできない」と答弁。仁比氏は、内部文書を中谷防衛相に手渡し、文書の存在を確認して委員会に正式に提出するよう求めました。 



安保関連法案:昨年末に成立約束か  特別委で野党追及
 毎日新聞 - 2015年09月02日 21時52分
 

 安全保障関連法案を審議する参院平和安全法制特別委員会は2日、一般質疑を行った。共産党の仁比聡平氏は、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長が昨年末に訪米した際の米軍幹部との会談内容を記したとされる資料を提示した。資料では河野氏が法整備を「来年夏までに終了する」と明言、沖縄県の米軍普天間飛行場代替施設を含む米軍基地の日米共同使用に前向きな考えも示した。 
 中谷元(げん)防衛相は「防衛省が作成したか否かもコメントできない」と述べるにとどめたが、野党側はさらに追及する方針だ。

 資料は昨年12月17、18両日に行われた河野氏と米軍幹部との会談の「結果概要」。17日のオディエルノ米陸軍参謀総長との会談で、河野氏は安保法制整備について「(衆院選での)与党の勝利により、来年夏までに終了すると考えている」と述べた。安倍晋三首相は今年4月の米議会演説で「夏までの成立」を表明したが、河野氏は首相表明より約4カ月前の段階で米側に伝えていたことになる。仁比氏は「法案の具体的検討も与党協議もされていない時点。勝手に認識を示したのか」と批判した。

 普天間飛行場を巡っては、18日のダンフォード米海兵隊司令官との会談で河野氏は「辺野古への移転やキャンプ・ハンセン、キャンプ・シュワブでの共同使用が実現すれば、米海兵隊と陸上自衛隊の協力が一層深化する。これにより、沖縄の県民感情も好転するのではないか」と提案した。米軍基地の共同使用について、中谷氏はこれまでの国会答弁で「考えていない」と説明している。

 特別委ではまた、中谷氏は国連主導ではない国際平和協力活動について「他国軍隊に安全確保を依存する形で派遣するのは適当ではない」と述べ、人道復興支援に加え、地域の巡回や住民防護などの「治安維持活動」も実施することが前提との考えを示した。過去のイラク派遣では、自衛隊は人道復興支援を行い、周辺の治安維持はオランダ軍など他国軍が担っていた。【青木純】


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3920-c733a8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad