FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

8・30 『安保反対』・『戦争法案廃案』 100万人行動! 全国で展開!

2015年8月30日(日)

 今日 8月30日 『8・30 戦争法案廃案 100万人行動!』 が行われ、

国会議事堂前を中心に東京では、12万人が結集し国会を包囲したとのこと。

Kyodo_20150830-01.jpg
        国会正門前で開かれた安保法案に反対する集会で、
        道路を埋め尽くす大勢の人たち
        =30日午後、東京都千代田区(共同通信社ヘリから)


 福岡市でも、

8月30日(日)13:30 天神中央公園「“子どものしあわせを守るピースパレードin天神」
 (福岡県保育センター、福岡県保育団体連絡会、新日本婦人の会福岡県本部)

8月30日(日)17:00 警固公園・全国100万人行動連帯「戦争法をつくらせない会」

 など幾つもの行動が行われ、私が参加したものだけでも千人超が結集!

 全国集会の模様は、NHKも午後7時のニュースで報道したようです。

安保法案 国会周辺で最大規模の反対集会
 NHK - 2015年8月30日 18時43分
 

 NHK的には、頑張ったのかも・・・ 結構詳しいい報道です。

 ただ、参加者の規模について、「主催者の発表でおよそ12万人、警視庁の調べで3万人余り」

と書いていますが、共同通信では「警視庁は参加者数を発表していない」としています。

国会前、最大規模の集会 市民ら安保法案に反対
 BLOGOS・共同通信 - 2015年08月30日 17:37



ミュージカル【レ・ミゼラブル】から「民衆の歌」
 自由の森学園有志の子たちによる
 

きのうの facebook で予告のあった
ミュージカル【レ・ミゼラブル】から「民衆の歌」
自由の森学園有志の子たちによる
歌詞カードを見ずに声部を分けて歌っているようなので、
付け焼刃ではなく充分な練習の成果のようです!
感動と感激! やったね!
この投稿シェアの時点で既に10520回の再生!
凄い歌唱と拡散力!
もっと多くの人に見て欲しいしシェアして欲しい!
もう一度最後まで良く見たら、最後の最後に
日本共産党・小池晃さんらしい顔も見えた (^O^) 



 NHKニュースでも紹介されたが

 集会には音楽家の坂本龍一さんも参加し、「憲法の精神、9条の精神がここまで根づいていることを皆さんが示してくれ、勇気づけられている。憲法や民主主義を取り戻すためのとても大事な時期で、僕も一緒に行動していきます」と述べました。 

 
Sakamoto-Ryuichi_20150830-01.jpg
【スピーチ全文掲載】音楽家・坂本龍一氏
 IWJ:阿部洋地 - 2015年08月30日(日)
 

 ここに来て、民主主義を取り戻す、憲法の精神を取り戻すことは、まさに、憲法を自分たちの血肉化することだと思うんです。とても大事な時期だと思います。

 僕たちにとっては、イギリス人にとっての『マグナ・カルタ』であり、フランス人にとっての『フランス革命』に近いものが、今、ここで起こっているのではないかと思っています。 

 一過性のものにしないで、ぜひ守り通して、行動を続けて欲しい。僕も一緒に行動していきます。
(以上、結論部分のみ引用。 全文はリンクまたは、この投稿の最後に)



   作家・森村誠一氏の姿も坂本龍一さんの後ろに見える。

     ****************

毎日新聞の【100万人集会】写真特集へのリンク
安保法案抗議集会:国会議事堂取り囲み「戦争法案反対!」
 毎日新聞 - 2015年08月30日(日)


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




安保法案 国会周辺で最大規模の反対集会
 NHK - 2015年8月30日 18時43分
 

 安全保障関連法案に反対する、これまでで最も規模の大きな集会が国会周辺で開かれ、参加した人たちは「戦争法案を今すぐ廃案に」などと訴えました。

 集会は30日午後2時ごろから国会周辺で開かれ、主催者の発表でおよそ12万人、警視庁の調べで3万人余りが集まり、これまでで最も規模の大きなものとなりました。
 このうち、国会の正門前では参加者が歩道だけでなく車道にも広がり、プラカードを掲げて、「憲法9条を壊すな」とか、「戦争法案を今すぐ廃案に」などと訴えました。

 集会には音楽家の坂本龍一さんも参加し、「憲法の精神、9条の精神がここまで根づいていることを皆さんが示してくれ、勇気づけられている。憲法や民主主義を取り戻すためのとても大事な時期で、僕も一緒に行動していきます」と述べました。
 続いて若者の代表として大学生の寺田ともかさんが発言し、「私の払った税金が弾薬の提供のために使われ、遠い国の子どもたちが傷つくのだけは絶対に止めたい。『やられたらやるぞ』と威嚇するのではなく、そもそも敵を作らない努力を諦めない国でいたい。戦争法案は絶対に止めることができると信じています」と訴えました。

看護師を目指す学生は
 集会に参加した東京の佐竹美紀さん(23)はボランティア活動で、戦争で傷ついたアフガニスタンの子どもたちの医療支援をした経験から、「正しい戦争などない」と考えるようになったといいます。自衛隊員が誰かを傷つけたり、傷つけられたりする事態を招くべきではないと、法案に強く反対していて、看護師を目指す勉強の合間を縫って集会に駆けつけました。
 佐竹さんは、「これまでの海外派遣で、自衛隊が武力を行使しないことで築いてきた信頼を、法案が崩してしまうのではないかと危機感を抱いています。一度、武力を行使する方向にむかうと歯止めがきかないと思うし、日本は人道支援や技術の提供で各国からの信頼を地道に得ていくべきだ」と話しています。

若者グループのメンバーは
 安全保障関連法案に反対する若者たちのグループ「SEALDs」の中心メンバーの1人で大学4年生の元山仁士郎さんは、「きょうは多くの人たちと声を上げられることができ、勇気をもらった。今後も全国の若者と連携し、法案に反対の声を上げ続けていきたい」と話していました。
 また、沖縄県出身の元山さんは「ずっと平和を求めてきた沖縄の思いが本土でも広がってきていると思う。これからもっと連携していけたらと思う」と話していました。

著名人も法案撤回求める
 集会には安全保障関連法案に反対する著名人も参加し、ステージから法案の撤回を求めました。
 作家の森村誠一さんは「戦争で最初に犠牲になるのは若者たちです。私はかつて戦時中に女性が竹やりを持たされ、訓練させられる光景を見てきました。だからこそ、絶対に戦争可能な国家にしてはいけない」などと訴えました。
 このほか、宇宙物理学者で総合研究大学院大学の池内了名誉教授は「科学の軍事利用が具体的に始まり、海外に出かける兵士たちに武器を与える研究を科学者にさせるという状況が生まれつつある。今の段階でこうした芽を取り去るべきだ」などと主張しました。

警視庁 約2倍の警察官動員
 安全保障関連法案を巡っては、国会の周辺で、これまでにも定期的に反対集会が開かれていますが、警視庁は今回、集会の規模が最も大きくなると予想されたため、これまでの2倍近い警察官を動員して警備と参加者たちの誘導に当たりました。
 警察官は参加者たちに一か所にとどまらず進むよう呼びかけたり、不審な物がないか国会周辺をパトロールしたりしていました。警視庁によりますと、参加者たちは、当初の想定を超えて国会前の車道にまで広がりましたが、けが人などは出ず、大きなトラブルはなかったということです。

全国各地で反対集会
 30日は国会周辺だけでなく、全国各地で安全保障関連法案に反対する集会やデモが行われ、名古屋市では、母親らのグループの呼びかけで名古屋駅前でデモ行進が行われ、参加者は「子どもを守れ」などと声を上げていました。
 また、北九州市では参加者たちがサッカーの「レッドカード」をイメージしたという赤い服などを身に着けて中心市街地を歩きました。
 広島市でも市民グループの呼びかけで集会が開かれ、参加者は街頭でチラシを配ったり、「戦争反対」などと声を上げたりして法案への反対を訴えました。

 国会周辺での集会を主催した団体によりますと、30日は把握しているだけで全国のおよそ300か所で法案に反対する集会やデモが行われたということです。 

 


国会前、最大規模の集会 市民ら安保法案に反対
 BLOGOS・共同通信 ー 2015年08月30日 17:37
 

  安全保障関連法案に反対する市民団体が30日、国会近くで集会を開いた。同法案をめぐる抗議行動では最大規模で、主催者は約12万人が参加したと発表。雨の中、参加者は国会議事堂を取り囲み、車道にもあふれた。一斉行動も呼び掛け、市民団体によると全国200カ所以上でデモや集会を実施。反対の民意の広がりを強くアピールし、安倍政権に廃案を求めた。

 参院での法案採決をにらんで与野党の攻防が激化。与党側は「国民に地道に理解を求める」と強調しているが、野党側は「政権へのプレッシャーになる」と勢いづいている。

 警視庁は参加者数を発表していないが、関係者は3万人余りとしている。 



【スピーチ全文掲載】音楽家・坂本龍一氏
 IWJ:阿部洋地 - 2015年08月30日(日)
 

 坂本龍一氏「こんにちは。今回の安保法案のことが盛り上がってくる前はですね、かなり現状に対して絶望してたんですが、このSEALDsの若者たち、そして主に女性ですかね、女性たちが立って発言してくれているのを見て、日本にもまだ希望があるんだなと思っているところです。

 ここまで崖っぷちになって初めて、私たち日本人の中に、憲法の精神、9条の精神がここまで根付いていることをはっきり皆さんが示してくれて、とても勇気づけられています。ありがとうございます。

 今の日本国憲法は、確かに、アメリカが働いたという声がありますけども、今、この状況で民主主義が壊されようとしている。憲法が壊されようとしている。

 ここに来て、民主主義を取り戻す、憲法の精神を取り戻すことは、まさに、憲法を自分たちの血肉化することだと思うんです。とても大事な時期だと思います。

 憲法というのは世界の歴史を見ると、何世紀も前から自分たちの命をかけて戦い取ってきたものです。もしかしたら、日本の歴史の中では、明治憲法しかり、日本国憲法しかり、自分たちが命をかけて日本人が戦い取ってきたものではなかったかもしれないけれど、今、まさにそれをやろうとしているのです。

 僕たちにとっては、イギリス人にとっての『マグナ・カルタ』であり、フランス人にとっての『フランス革命』に近いものが、今、ここで起こっているのではないかと思っています。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3916-a5e35e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)