FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【SEALDs】 が全国に呼びかけた「戦争法反対」の行動 東京新聞が大きな記事に!

2015年8月25日(火)

【SEALDs】 が全国に呼びかけた8月23日の「戦争法反対」の行動

さすが、東京新聞! 取り上げ方が積極的です。

Tokyo_20150824-01.jpg

私は購読していませんが、1面TOP記事はもちろん、

他のページも使って報道していたとのこと!

Tokyo_20150824-02.jpg

Tokyo_20150824-03.jpg

目良 誠二郎さん のfacebook から写真をお借りしました。


SEALDs呼び掛け 全国60カ所でデモ
 東京新聞 - 2015年8月24日 朝刊


    **************

 一方で、こちらも「戦争法反対」の声を積極的に取り上げている【日刊ゲンダイ】では、

「SEALDs」の活動にエールを送っているが、「大人は指をくわえて見ている場合か」

と、労働組合などに結集する中高年の『大人』を叱咤激励!

「SEALDs」6500人デモ 大人は指をくわえて見ている場合か
 日刊ゲンダイ - 2015年8月24日


Nikkan-Gendai 20150824-01

 この記事に対する私のfacebookでにコメントです! 

 福岡市でも人数は数えてませんが、パット見『千人規模』の行動でした!
 福岡でも主導したのは 【FYM】 (Fukuoka Youth Movement) 
の横断幕(旧来の旗や幟ではなく)の元に結集したフリーの若者たちでした。
 それに「福岡・戦争を許さない女たち」「安保関連法案に反対するママの会@福岡」の二つの女性団体が共催!
 政党や労働組合の男たちは表に立たず、若者と女性に華を持たせているようでした。
 60代以上らしき方も目立ちました(私も60代の労働組合員;笑)!
 若者主導で、様々な団体や労働組合の幅広い世代の人々の参加で盛り上がっています。
 下記の、日刊ゲンダイ の見方は、60年安保・70年安保を闘った中高年を叱咤激励しているのでしょうが、若者の勢いに負けたり参加していない訳ではないのです!
 もちろん記事のタイトルのように「指をくわえて見ている」訳でもないのです!
  なお、私は日ごろの日刊ゲンダイや日刊スポーツの報道は高く評価していますし、若者にエールを送る、この記事も全体としては評価しています。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





     ********************

SEALDs呼び掛け 全国60カ所でデモ
 東京新聞 - 2015年8月24日 朝刊
 

 若者の異議申し立てが全国に-。安全保障関連法案に反対する大学生らのグループ「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、シールズ)」が呼び掛けた「全国若者一斉行動」が二十三日、各地で行われた。シールズによると、北海道から沖縄まで、全国六十カ所以上でデモや集会があったといい、若者による連帯の広がりを印象づけた。 
 シールズの呼び掛けで、全国一斉に行動するのは初めて。メンバーらがインターネットのSNS(交流サイト)を通じて呼び掛けた。
 東京・表参道周辺で開かれた集会やデモには、若者や家族連れら6500人(主催者発表)が参加。「PEACE(平和)」と書かれた虹色の旗がはためき、ヒップホップ調のリズムで「戦争反対」「憲法守れ」とコールが上がった。
 10~20代の男女が代わる代わるマイクを持ち、「当事者として関わっていくのは私たちの世代」「今この同じ時間も、別の場所でそれぞれのやり方で声を上げている」と訴えた。
 上智大1年の中川えりなさん(19)は、写真共有サービス「インスタグラム」で、デモや集会について周知。「これまでに、同じ学部の人や友人から『連れて行って』とお願いされたこともある」と手応えを感じていた。
 休日の表参道での行動に、大勢のカップルや外国人観光客の注目も集めた。
 妻と買い物に訪れていた弁護士事務所の弁理士の男性(69)=港区=は、かつて日本の多くの学生たちが参加した安保闘争のデモに加わったことがある。「若い人は就活とかばかりに興味があると思っていたので、びっくり。政治に関心を持つのは、いいことだと思う」と目を細めた。  


    **************

「SEALDs」6500人デモ 大人は指をくわえて見ている場合か
 日刊ゲンダイ - 2015年8月24日
 

 「安倍はヤメロ!」――安保関連法案に反対する学生グループ「SEALDs」が呼びかけた「全国若者一斉行動」が23日、各地で行われた。

 デモや集会があったのは、北海道、仙台、京都、福岡、沖縄など全国64カ所。都心では、約6500人が港区・青山公園から表参道を経由し、渋谷に向かってデモ行進を行った。

 いまや、安保法案反対のデモや集会は完全に若者主導である。この日のデモ行進も若者が率先して先導し、「憲法守れ」「戦争反対」と音楽に合わせながら大声を張り上げた。“勝手知ったる”はずの「労働組合」のノボリはほとんど目につかず、中高年の参加者はまばら。常に若者に押されっぱなしで、学生たちと反対の声を競い合うような相乗効果は感じられない。ひたすら若者の叫び声だけが、夕暮れの繁華街にこだましているようにも見えた。

「そろそろ、組合の組織力を発揮しなければいけません。例えば、安保反対の一斉ストライキを示唆するだけで、安倍政権には大きなプレッシャーになります。ただでさえ、今は中国の景気減速で株価が低調です。そこへ、ストの情報が流れれば、さらなる株価の押し下げ要因になりかねない。安倍政権の支持率は株価頼みです。決して無視することはできないでしょう」(高千穂大准教授の五野井郁夫氏)

 安保法案の国会審議は佳境に差し掛かりつつある。労組は若者だけに反対行動を任せてばかりでいいのか。今こそ、重い腰を上げ、安倍政権に大打撃を与える出番ではないか。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3911-592e82fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)