JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【大東亜戦争終結に関する詔書】 と 70年後の全国戦没者追悼式での【天皇陛下おことば】

2015年8月15日(土)

 昭和天皇(当時は今上天皇)が、1945年8月15日に日本国民と国際社会に

「戦争終結の決意」を表明した、いわゆる 【終戦の玉音放送】 原盤が

宮内庁から2週間前の8月1日公開されました。 

明仁天皇の強い意向もあったようです。

 そして、その 【終戦の玉音放送】 から70年後の本日も

例年通り「全国戦没者追悼式」 が開催され【天皇陛下おことば】 が

発せられました。

 安倍談話が明仁天皇の『お言葉』より1日早く出されたことに政治的動機を描く

マスメディアも少なくなかったことから、天皇の『お言葉』も一層注目されました。

 【天皇陛下おことば】 は、以下の通り。 

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします

 終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。 





 第2段落で、「平和の存続を切望する国民の意識に支えられ」 

と言われている処に私は注目しました! 

短い中に日本国憲法の精神とそれを護る不断の努力をする国民を

想起させる言葉を使った意志表明だったのではないかと推察します。

 なお、下の方に、いわゆる『玉音放送』 ⇒ 【大東亜戦争終結に関する詔書】 

を再録し、現代語訳を追加します(当ブログ執筆者の文責による訳文)

【大東亜戦争終結に関する詔書】 (現代語訳付き)


     *****************

【関連リンク】

  終戦の日:天皇陛下「深い反省」…全国戦没者追悼式
 毎日新聞 2015年08月15日  15時31分 最終更新


  終戦の日:天皇陛下おことば全文…全国戦没者追悼式
 毎日新聞 2015年08月15日 13時07分 最終更新


  【戦後70周年安倍総理談話】 閣議決定後政府公式文書として発表も大方不評!

  【終戦の玉音放送】 宮内庁が原盤からの音声と文書を公開

  毎日新聞 【戦後70年】 特設サイト

  宮内庁公式サイト 【終戦の玉音放送】 へのリンク

    音声はこちらから(映像無し)

    画像はこちらから

    PDF文書はこちらから

     ******************

  毎日新聞による映像付き音声の聞けるページへのリンクは、下記

    玉音放送:録音レコードの原盤を初公開
     毎日新聞 2015年08月01日 最終更新 10時12分


 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





  大東亜戦争終結に関する詔書(全文)
   (原文では改行は殆ど有りませんし、句読点も省略されていますが、
    引用者にて適宜改行および句読点を追加し<現代語訳>しました。
    なお、原文は『カタカナ文』ですが、時事通信による『ひらがな文』を
    元にしました。 ルビも時事通信による。)

 大東亜戦争終結に関する詔書
          1945年8月15日

 朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑(かんが)み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し茲(ここ)に忠良なる爾(なんじ)臣民に告く
<朕(=裕仁天皇:以下、『私』と略)は、世界の大勢と大日本帝国(以下、『日本』と略)の現状を深く考えて、戦争を終結させる特別の措置を講じたいと考え、私に忠節を尽くしている私の臣下たる君たち国民(「臣民」とは、今で言う国民とはことなり、天皇に仕えるの赤子としての従属的立場を示す:以下、『国民』と略)に(今から述べることを)告知する。>

 朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり
<私は日本政府に、アメリカ・イギリス・中華民国・ソ連邦4国に対して『ポツダム宣言』を受諾する旨を通知するよう指示した。>

 抑々(そもそも)帝国臣民の康寧(こうねい)を図り万邦共栄の楽を偕(とも)にするは皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々(けんけん)措かさる所
<そもそも日本国民の健康と安寧を図り、日本全体が(万邦にアジア諸国を含むかどうかは疑義あるところ)共に栄え安楽を朋にすることは、初代天皇以来の天皇家の祖先が代々模範としてきたものであり私が常に心掛けている処である。>

曩(さき)に米英二国に宣戦せる所以(ゆえん)も亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て他国の主権を排し領土を侵すか如きは固(もと)より朕か志にあらす
<以前(1941年12月8日)、アメリカ・イギリス2国に戦争を仕掛けた理由もまた、日本の自立的存立と東アジアの安定とを目的とする処から始まったものであり、他国の主権を排除したり、領土を侵略するようなことは、もちろん私の意志ではない。>

然るに交戦已(すで)に四歳(しさい)を閲(けみ)し朕か陸海将兵の勇戦朕か百僚有司の励精朕か一億衆庶の奉公各々(おのおの)最善を尽せるに拘らす戦局必すしも好転せす世界の大勢亦(また)我に利あらす
<ところが、戦争が始まって以来既に4年を費やしたが、私の陸軍・海軍の将兵の勇猛果敢な戦いや、政府官僚の精励、そして1億庶民の奉公など、それぞれの持ち場で最善を尽くしてくれているにも拘らず、戦局は日本にとって必すしも好転せず、世界の大勢もまた、日本に有利になっていない。>

加之(しかのみならず)敵は新に残虐なる爆弾を使用して頻(しきり)に無辜(むこ)を殺傷し惨害の及ふ所真(しん)に測るへからさるに至る
<そればかりではなく、敵国(アメリカ)は、新たな残虐な爆弾(ナパーム弾や広島・長崎に投下された原子爆弾などのこと)を使用して、頻繁に無実の人々を殺傷し、その惨害のおよぶ範囲と影響は全く計り知れないものである>

而(しか)も尚交戦を継続せむか終(つい)に我か民族の滅亡を招来するのみならす延(ひい)て人類の文明をも破却すへし
<この上、なお戦争を継続するならば、ついに日本民族の滅亡を招くことなるばかりではなく、ひいては人類の文明をも破壊・滅却するに違いない>

斯(かく)の如くむは朕何を以てか億兆の赤子(せきし)を保(ほ)し皇祖皇宗の神霊に謝せむや是れ朕か帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり
<このようなことでは、私はどうして億兆(強調文)の国民の命を保護することができるだろうか?初代天皇以来の天皇家の祖先に謝罪することができるだろうか? これが、私が日本政府にポツダム宣言に応じるよう指示した理由である>

 朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し遺憾の意を表せさるを得す
<私は、日本帝国と共に終始東アジアの解放に『(日本の一員として)協力させてきた日本の支配地域』(諸盟邦)に対して遺憾の意を表明しない訳にはゆかず>

帝国臣民にして戦陣に死し職域に殉し非命に斃(たお)れたる者及其の遺族に想(おもい)を致せは五内(ごない)為に裂く
<日本国民においても、戦陣(必ずしも戦場だけではなく陣地や後方も含む)で死に、職場で殉職し、(空襲などの攻撃により)悲惨に命を奪われた人々やその遺族に想いを致すならば、五臓六腑が裂ける思いである>

且(かつ)戦傷を負ひ災禍を蒙(こうむ)り家業を失ひたる者の厚生に至りては朕の深く軫念(しんねん)する所なり
<そればかりではなく、戦争によって負傷し、(空襲などで)災禍を蒙り家業を失った人々の生活再建に関しては、私が深く心し懸念することである>

惟(おも)ふに今後帝国の受くへき苦難は固より尋常にあらす爾臣民の衷情も朕善く之を知る
<想像するところ、今後日本が受けるであろう苦難は、もちろん尋常のものではない。 君たち国民の窮状も私は良く知っている。>

然れとも朕は時運の趨(おもむ)く所堪へ難きを堪へ忍ひ難きを忍ひ以て万世の為に太平を開かむと欲す
<然し乍ら、私は国際情勢の進展するところ、「堪へ難きを堪へ忍び難きを忍び」 それによって、日本と世界のために戦争を終結し和平を開きたいと思う。>

 朕は茲に国体を護持し得て忠良なる爾臣民の赤誠に信倚(しんい)し常に爾臣民と共に在り
<私は、ここに天皇制を護り維持することができて、忠誠を尽くしてくれる君たち国民の誠意を信頼しており、常に君たち国民と共に在る。>

若し夫れ情(じょう)の激する所濫(みだり)に事端(じたん)を滋(しげ)くし或は同胞排擠(はいさい)互に時局を乱り為に大道(だいどう)を誤り信義を世界に失ふか如きは朕最も之を戒む
<もし、敗戦に激昂し、クーデターを起こしたり、軍隊内で同士打ちをするようなことは、政治情勢を乱し、和平の大道を誤り、世界の信頼を喪失することであり、私が最も戒めることである。>

宜しく挙国一家子孫相伝へ確(かた)く神州の不滅を信し任重くして道遠きを念ひ総力を将来の建設に傾け道義を篤くし志操を鞏(かた)くし誓(ちかっ)て国体の精華を発揚し世界の進運に後れさらむことを期すへし
<このことを国を挙げて一家子孫に伝えて、神の治める国の不滅を信じ、重い任務で道は遠いが、総力をあげて国の将来の建設に傾注し、道義を篤くして志や操を固くして、誓って天皇制の精華を発揚して、世界の発展進歩に遅れないようにするべきである>

爾臣民其れ克く朕か意を体せよ。
<君たち国民は、この私の意志を良く理解して欲しい>

**************************
(原文:時事通信 - 2015/08/01-08:09) 
<現代語訳> 当ブログ執筆者 JUNSKY
  - 2015年8月15日 22:45)



 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3901-a60011ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦争を反省しない安倍談話欺瞞の上に欺瞞を塗りて

きけわだつみのこえ 上原良司 8月14日の総理大臣談話をライブで聞いた。 多くの人の意見が入っているということで安倍総理の過去の言動と違うところもある。 韓国の朴大統領まで歴代の首相の談話などを継承するという部分に一定の評価をしているがこれは村山談話の実質的な全否定であり当の村山元総理の言を借りるまでもなく「出すべきではなかった」談話といえるだろう。 言葉に沿ってコメントしてみたい...

  • 2015/08/16(日)23:46:39 |
  • 大津留公彦のブログ2

FC2Ad