JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【川内原発】 再稼働を強行 政府・九州電力の『陰謀』

2015年8月13日(木)

 多くの反対の声を無視して、九電は【川内原発】 の再稼働を強行してしまいました!

 一度(ひとたび)事故が起こったり暴走したときには人間の手では

どうにもできないことが、福島第1原発事故で世界中に知らしめているのに

また、『当然』のことながら事故発生時の対策も『ペーパー上』だけのもので、

実際には自治体や企業や病院や介護施設などに丸投げされているのに・・・

さらに何万人もの避難路も全く確保されていないのに・・・

 第一、避難することが前提で発電しなければならないことが戯画!

No_Genpatsu_20150812.jpg

   私のfacebook投稿より (一部文字強調) 

絶!同意!
【避難計画がいる発電なんて なぜ必要?】
おまけに、国が責任を持つと云うのは、NHK特集によっても
「法律の定める処」であって、それはアウトラインを決めるだけ。
避難計画は地方自治体に丸投げされ病院や老人施設など民間施設
や企業には、再丸投げと言うか、それぞれに任されている状況。
NHKのローカル番組だが先程(2015/8/13, 19:30 - 20:00)放送の
 特報フロンティア【原発再稼働の課題は?】今夜緊急生放送 で
  これらの問題と課題を取り上げていた!

 だいたい、避難が前提の『社会インフラ』とはどういうことか!?  



 そして、こちらは九州電力本社前の【No 原発】テント村で連日奮闘する
 青柳さんを取り上げた西日本新聞の記事(2015/8/11)

【川内原発再稼働】九電本店前で抗議の青柳さん
 拠点1574日「風化させない」

 西日本新聞 - 2015年08月11日 13時56分 更新

   
【関連記事】

川内原子力発電所1号機の運転停止を求める理事長声明
 2015年8月11日 九州弁護士会連合会・理事長 前田和馬


川内再稼働:見切り発車 火山対応後回し
 毎日新聞 - 2015年08月12日 00時01分


鹿児島・川内原発:1号機再稼働 揺らぐ原発必要論
 猛暑でも電力余裕 太陽光急拡大や節電浸透

 毎日新聞 - 2015年08月12日 東京朝刊


ニュース交差点:原発 原発前では抗議集会も
 毎日小学生新聞 - 2015年08月12日


鹿児島・川内原発:1号機再稼働 福島の現実を見て 事故から4年5カ月、今も11万人避難
 毎日新聞 - 2015年08月12日 東京朝刊


川内原発の再稼働に断固抗議し、停止を求める
 日本共産党幹部会委員長 志位和夫 - 2015年8月11日



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 





【川内原発再稼働】九電本店前で抗議の青柳さん
 拠点1574日「風化させない」

 西日本新聞 - 2015年08月11日 13時56分 更新
 

  3年7カ月ぶりに九州に原子の火がともった。福岡市の九州電力本店前にテントを張り、再稼働反対を訴え続けた青柳行信さん(68)=同市博多区=は、その瞬間を本店前で迎えた。座り込みの抗議を始めて1574日目。再稼働に踏み切った九電に静かに問いかける。「放射能の恐ろしさを前に、あなたたちは震えおののいているか」

 11日午前10時前、制御棒の耐震性に疑いがあるとして、仲間とともに九電に情報公開を申し入れたが、文書さえ受け取ってもらえなかった。その直後に原発起動の知らせを聞いた。「なぜ不安に感じる市民の声に耳を傾けないのか」

 テントを毎朝張り始めたのは、福島第1原発事故が起きた翌月の2011年4月20日。脱原発のムードは社会に広がり、夜通しの座り込みにも賛同者の訪問が絶えず、一時は道路にはみ出すほどだった。だが、時間の経過とともに、少しずつ人は減っていった。

 「絶対に事故を風化させたくない」。教員をしながら社会運動をしていた若いころ、チェルノブイリ原発事故が起きた。広島、長崎の原爆を織り交ぜて核被害の脅威を訴えたが、世間は1年ほどで忘れていった。力不足を感じた苦い経験が、今回の長きにわたる運動につながった。

 「九電本店前ひろば」と名付けたテントは、市や警察との協議で平日昼間のみの活動になったが、「目に見える拠点があることで、あの日の記憶が消えていないことを示せている。九電にも市民にも」と存在意義を強調する。

 訪問者の考えはさまざまだ。原発の即時ゼロ、段階的な廃炉、中には「あなたたちが声を上げるから安全性が高まる」と激励に来る原発推進派も。理解は広がり、社会運動とは無縁の人たちにも支えられてきた。

 周辺自治体の避難計画、火山や地震の影響、使用済み核燃料の行き先…。不安要素は山ほどあるが、最も九電に訴えたいのは人間としての「倫理」だ。

 「放射能と人類は共存できないことを、私たちは福島から学んだ。暮らし方を見直す時期に来ている」。ひろばはまだ閉じられそうにない。 


   
 特報フロンティア【原発再稼働の課題は?】今夜緊急生放送 

 全国にさきがけて再稼働した鹿児島県の川内原発。万一の事態に備えた避難計画の実効性や、核のゴミ問題の先行きに不安を抱えたままのスタートとなった。今後の課題を探る。
 新しい規制基準に基づいて再稼働した鹿児島県の川内原発。“原発ゼロ”が2年ぶりに解消される一方、依然として課題が残されている。鹿児島県は、万一の際に風向きによって避難先を指定するシステムを開発したが、再稼働前に行うとされた訓練はいまだ実施されず、実効性に不安が残る。また、核のゴミの処理についてもメドが立っていない。薩摩川内市、そして再稼働の準備を進める玄海原発のある佐賀県玄海町の現場で、課題を探る。
【出演】NHK解説委員…水野倫之,【キャスター】有田雅明 




川内原発の再稼働に断固抗議し、停止を求める
 日本共産党幹部会委員長 志位和夫 - 2015年8月11日
 

一、本日、安倍政権の原発推進政策に従って、九州電力が川内原発1号機を再稼働させたことに断固抗議するとともに、ただちに停止措置をとることを強く要求する。
 東京電力・福島原発事故後、国民の多数は、原発再稼働にいっかんして反対しており、最近の世論調査でも6割近くが反対を表明している。福島原発事故の原因究明さえ行われないまま、国民多数の民意を真っ向から踏みにじって、川内原発再稼働を強行したことは、断じて許されない。

一、安倍政権が、川内原発周辺の住民にも、自治体にも、まともな説明をすることさえ拒絶したまま再稼働を強行したことも重大である。事故が起きれば深刻な被害が及ぶことが予想される九州3県の5市5町の議会が、住民説明会を開くことを要求しているが、これもまったく無視して再稼働を強行した。住民の声を「聞く耳」さえ持たないという、およそ民主政治とは相いれない政治姿勢である。

一、安倍首相は、「新規制基準に適合した原発の再稼働をすすめる」というが、原子力規制委員会の「新規制基準」は、アメリカ、ヨーロッパの基準よりも劣っており、「世界で最も厳しい水準」という政府の主張が事実に反することは国会で何度も指摘されていることである。田中規制委員長自身、この基準に適合しても「重大事故が起きないとは言えない」と明言しているにもかかわらず、「新規制基準に適合」をもって再稼働をすすめることは、無責任のきわみである。
 火山学会が「予知できない」という大規模噴火を九州電力が「数十年前に予知できる」と強弁し政府もこれを追認したこと、医療・介護施設をはじめ住民避難のまともな計画と態勢がとられていないことも重大である。
 これらは最悪の「安全神話」の復活であり、到底容認できるものではない。

一、日本中の原発が停止した“原発稼働ゼロ”の期間は700日になろうとしている。原発がなくても電力が足りていることは、この月日が証明している。
 ひとたび大事故を起こしたら、その被害が空間的にも時間的にも制限なく広がる「異質の危険」を持つ原発と人類は共存できない。使用済み核燃料の処分方法が存在しないことも、原発の根本的かつ致命的な大問題である。
 福島原発事故を経験した日本が今とりくむべきことは、省エネの徹底と再生可能エネルギーの計画的かつ大量の導入に精力的に取り組み、「原発ゼロの日本」を実現することである。ここにこそ、日本社会と経済の持続可能な発展とともに、新しい科学技術と産業をつくりだす道がある。

一、安倍政権は、その暴走によって、自らの墓穴を掘りつつある。民意無視の強権政治は、国民の大きな怒りと批判によって包囲されつつある。原発再稼働、戦争法案、沖縄新基地建設、雇用破壊、TPPなど、あらゆる分野で「民意無視の安倍政治ノー」の運動を大きく前進させ、合流させて、安倍政権打倒の国民的大運動をさらに大きく発展させることを心から呼びかける。日本共産党は、国民のたたかいとしっかりとスクラムをくんでいっそう奮闘する決意である。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:原発再稼働 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3899-60a4eb22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad