FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【終戦の玉音放送】 宮内庁が原盤からの音声と文書を公開

2015年8月1日(土)

 『歴史的記録』 として、当ブログでも引用させていただきます。

 昭和天皇(当時は今上天皇)が、1945年8月15日に日本国民と国際社会に

「戦争終結の決意」を表明した、いわゆる 【終戦の玉音放送】 原盤が

宮内庁から今日公開された。

 原盤(レコード盤)の画像と、その原盤から再生した音声、そして文書(PDF版)。

 音声は、従来のものより少しテンポが速く、従って少し高い声に聞こえるとのこと。

 当初、複製を作成した際に再生速度の微調整で少し遅くなり、それがマスメディア

に公開されて、テレビ番組や報道やドラマに引用されていたらしい。

 「耐え難きを(間)、耐え」 の間があく処は、そのままだった。

 今朝の、【NHKニュース深読み】 でも、この音声が再生され紹介された。

前半と後半に分けて、現代語訳字幕も付けて紹介され若い人々にも解り易かった。

前半は『時局(情勢)報告』、後半は『国民への呼び掛け』の構成であったようだ。

特に最終段では、暗に陸海軍(日本軍)に対して暴走せぬように説得を試みている

ような表現であった(この部分はTVドラマや報道では殆ど出てこない)。

 関心をお持ちの方は、以下のリンクから御確認ください。 

     *****************

【関連リンク】

  宮内庁公式サイト 【終戦の玉音放送】 へのリンク

    音声はこちらから(映像無し)

    画像はこちらから

    PDF文書はこちらから

     以下は、PDF文書からのコピペ

GyokuonHoso_19450815.jpg

     ******************

  毎日新聞による映像付き音声の聞けるページへのリンクは、下記

    玉音放送:録音レコードの原盤を初公開
     毎日新聞 2015年08月01日 最終更新 10時12分


    宮内庁:玉音放送の原盤を初公表 音声も公開
     毎日新聞 2015年08月01日
 

 戦後70年に当たり宮内庁は1日、終戦の日の昭和天皇の「玉音放送」を録音したレコードの原盤を初めて公表し、併せて音声を公開した。 玉音放送は、1945年8月15日正午からラジオ放送された昭和天皇による終戦詔書の朗読(約4分30秒)。前日の14日深夜、当時の宮内省内で録音された。昭和天皇はとり直しを希望して2回読み上げ、2種類の原盤が完成した。今回公表されるのは、実際に放送された2回目の録音の原盤。 



    宮内庁提供:皇居内「聖断」の防空壕 ほぼノーカット版
     毎日新聞 2015年08月01日

ObunkoFuzokuko_Kunaicho_20150801.jpg 

 戦後70年に合わせ、皇居内に作られた防空壕の「御文庫(おぶんこ)付属庫」の映像が1日、公開された。付属庫はポツダム宣言の受諾を決めた御前会議が開かれた場所。内部の映像が公開されたのは1965年以来で50年ぶりだ。70年前に終戦の「聖断」が下された会議室は床などが朽ち果てていた。宮内庁提供の映像をほぼノーカットで。 



     ******************

  玉音放送の原盤、音声をネットで公開 これまでの音源との違いは?
    The Huffington Post | 執筆者: 安藤健二
     投稿日: 2015年08月01日 10時18分 JST


  上記 「 Huffington Post 」 によると、

玉音放送をめぐっては、日本が降伏すると知った陸軍省の若手将校らが、これを阻止するため放送を妨害しようと、皇居に侵入したりNHKの放送会館を占拠したりして「玉音盤」を奪おうとしたが失敗に終わっている。

      とのこと。
    随分前に確かジェームス三木脚本?で、TVドラマ化されたことがあった。

         にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

   玉音放送:録音レコードの原盤を初公開
     毎日新聞 2015年08月01日 最終更新 10時12分
 

  ◇「御前会議」会議室の写真も 50年ぶりに

 戦後70年にあたり、宮内庁は1日、昭和天皇が国民に戦争の終結を伝えた「玉音放送」の音声を録音したレコードの原盤を初めて公開した。デジタル録音したこの原盤の音声も公開した。終戦を決断した「御前会議」が開かれた皇居内の防空壕(ごう)の現状を撮影した写真や映像も併せて公開した。同庁のホームページ(HP)に掲載する。

 玉音放送の音声は、「終戦の詔書」を読み上げた昭和天皇の声を録音したもので、1945年8月15日正午、全国にラジオ放送された。

 録音は、前日の8月14日夜に宮内省(当時)で行われた。原盤は2枚組みと3枚組みの計5枚で、戦後、皇室の所蔵品の「御物」として宮内庁が保管していた。3枚組みは1枚に破損があったが、2枚組みは再生が可能で、その音声をデジタル録音して公開した。

 原盤は天皇、皇后両陛下と皇太子さま、秋篠宮さまも今年6月に聞かれたという。

 宮内庁によると、市販のCDやインターネットなどで公開されている玉音放送の音声は、戦後、コピーが繰り返されたものとみられる。原盤は46年7月、連合国軍総司令部(GHQ)からの「コピーを残したい」との要請を受け、9日間貸し出されたことがあるという。

 内部の写真などが公開された防空壕は「御文庫(おぶんこ)付属庫」と呼ばれる施設。昭和天皇が居住していた御文庫の北東約100メートルの場所に陸軍が建設した。御前会議が開かれた会議室などがあり、宮内庁は今年7月に撮影した25枚の写真と映像、図面を公開した。会議室は壁の化粧板がはがれ、床が朽ちており、戦後70年の時間の経過をうかがわせている。付属庫の写真公開は65年以来、50年ぶり。

 宮内庁幹部は「終戦関係の象徴的な資料を国民に知ってもらうことに意義がある。(両陛下も)そういうお気持ちだと思う」と話している。

    【毎日新聞 : 真鍋光之、高島博之】 



   玉音放送の原盤、音声をネットで公開 これまでの音源との違いは?
    The Huffington Post | 執筆者: 安藤健二
     投稿日: 2015年08月01日 10時18分 JST
 

 宮内庁は8月1日、昭和天皇がラジオで国民に終戦を告げた「玉音放送」の原盤(玉音盤)の音声を初公開した。終戦を決断した「御前会議」が開かれた皇居内の防空壕の現状を撮影した写真や映像と併せて、宮内庁の公式サイトで掲載した。

 毎日新聞によると、玉音放送の音声は1945年8月15日正午、全国でラジオ放送された。録音は、前日の8月14日夜に宮内省(当時)で行われたという。原盤は2枚組みと3枚組みの計5枚で、戦後、皇室の所蔵品として宮内庁が保管していた。3枚組は1枚に破損があったが、2枚組の方は再生が可能だった。

 専門家に依頼して約70年ぶりに再生・録音したところ、音声が明瞭になり、約4分40秒あった従来の音源より10秒ほど短くなった。昭和天皇の声がやや高く聞こえるという。宮内庁の担当者は「原音を忠実に反映しており、昭和天皇の声の自然な感じが出ている」と話している。天皇、皇后両陛下と皇太子さま、秋篠宮さまも6月末に原盤の音を聴いた。

 玉音放送をめぐっては、日本が降伏すると知った陸軍省の若手将校らが、これを阻止するため放送を妨害しようと、皇居に侵入したりNHKの放送会館を占拠したりして「玉音盤」を奪おうとしたが失敗に終わっている。 



大 東 亜 戦 争 終 結 に 関 す る 詔 書
 昭 和 二 十 年 八 月 十 五 日  (PDF ⇒ TEXT)
 

朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ葱ニ忠良ナル爾 臣民ニ告ク

朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ
抑々帝国臣民ノ康寧ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ借ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所 嚢ニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ 排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス然ルニ交戦己ニ四歳ヲ関シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕 カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大 勢亦我ニ利アラス加之敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻ニ無事ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ル ヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ 文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是レ 朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ
朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシ テ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ第レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内為ニ裂ク且戦傷ヲ負ヒ災 禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク秒念スル所ナリ惟フニ今後帝国ノ受クヘキ 苦難ハ園ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ 堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
朕ハ葱ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信傍シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激 スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排情互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ 朕最モ之ヲ戒ム宜シク挙国一家子孫相伝へ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ 将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ輩クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコ トヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ体セヨ 


 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3887-76e46b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)