JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『新国立競技場』 白紙見直し! そのことは賛成だが政治的思惑が表に出て!

2015年7月18日(土)

 安倍総理の 『英断』 で、2520億円もの無駄遣いをする 『新国立競技場』 
ザハ案が白紙撤回され、新たに国際コンペを開くことになったと云う。

 圧倒的国民の反対の声がようやく届き、無駄遣いの 『新国立競技場』 案 が
見直されることは賛成だが、安倍総理の下心が見え見えでおぞましい!

 戦争法案が衆議院本会議で可決されたその日に見直しを表明したことに
その下心が現れている。

 その経緯をここで私が書かなくても幾つかのメディアが指摘している。 

 政府が一転見直す方針を固めたことが明らかになったのは、国民の幅広い同意が得られていない安全保障関連法案を衆院本会議で強行採決した日だった。安保法案が支持率低下の要因となる中、国民の支持をつなぎ留めたいとの思惑があったのではないか。 (毎日新聞・1/18社説) 



 以下、『日刊スポーツ』 と 『西日本新聞』 紙面を引用して紹介する。

 まずは、『日刊スポーツ』 紙面







 一方で、一昨日 この事態発覚後初めて記者会見に臨んだ
国際コンペの審査委員長を勤めた安藤忠雄氏は、
「選定するまでが私の仕事」 と責任を回避する発言したと同時に
「ザハ案で、進めるべきである」 との無責任な発言を繰り返した。

「私は総理大臣じゃない」 安藤氏、新国立巨額工費に責任ないと反論
 東京新聞 - 2015年7月17日 朝刊






 こちらは、『西日本新聞』 紙面







     *******************

  【関連記事】

新国立競技場:安倍首相「ゼロベースで計画を見直す」
 毎日新聞 - 2015年07月17日 16時03分
 

  安倍晋三首相は17日午後、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の建設計画について「現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで計画を見直す」と表明した。首相官邸で記者団に明らかにした。 



新国立:「デザイン重要でない」 IOC会長、完成優先
 毎日新聞 - 2015年07月18日 20時39分
 

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長「大事なのは選手や観客のために、20年にスタジアムが完成していることで、デザインは重要ではない」 




「私は総理大臣じゃない」 安藤氏、新国立巨額工費に責任ないと反論
 東京新聞 - 2015年7月17日 朝刊
 

  新国立競技場(東京都新宿区)の巨額工費問題で、デザイン案を決定した国際コンペの審査委員長を務めた建築家安藤忠雄氏が行った十六日の会見では、二千五百二十億円もの巨額工費への当惑を示しつつ、「私たちが頼まれたのはデザイン案の選定まで」などと工費決定に責任がない立場を強調した。安藤氏の発言について、都の舛添要一知事は「私は専門外なので判断できません。安藤さんの言うことは『ああそうですか』と思って聞いた」などと語った。 
 安藤氏は会見で、新国立競技場の経過を記したパネルを示しながら説明。自らの責任について、国際デザインコンペでザハ・ハディド氏の案を選んだ二〇一二年十一月までとし、基本設計以降は知らないと強調した。コンペでの工費の条件は千三百億円で、基本設計で千六百二十五億円に膨らんだが、実施設計でのコスト抑制が可能だと考えたという。
 また「(ザハ氏の案を)選んだ責任はある」としつつ、工費が膨らんだことについては「もっと(工費が)下がらないのか、私が聞きたい」「私が聞いても(事業主体の日本スポーツ振興センターは)何も言ってくれない。なのに(世間からは)安藤さんが決めたと言われる。私は総理大臣じゃない」と反論した。
 舛添知事は、都庁で記者団に対し「なんか新しいことをおっしゃるかなあと思って(会見を)見ていたが、特別新しいことはおっしゃらなかったので、コメントすることはない」と述べた。
◆会見の一問一答
 安藤忠雄氏は時折笑顔を交え、工費が二千五百二十億円に膨らんだことに「何考えとんねんというのが国民の気持ちじゃないか。調整せないかんでしょ」と訴えた。主な一問一答は次の通り。
 -ザハ・ハディド氏の作品を選んだ理由は。
 「非常にダイナミック、斬新で何よりシンボリックだった。二○一六年(五輪招致)で負け、二○年は勝ってほしいという(心情の)一部が、あの案を選んだのかもしれない」
 -選考の経緯は。
 「誤解が生じているが、私が頼まれたのはデザイン案の選定まで。全て安藤さんの責任というのはちょっと分からない。選んだ責任はあるが、二千五百二十億円になって(その理由を)私も聞きたい。(要因を)教えてもらったわけじゃない」
 -審査委でのコストの議論は十分だったか。
 「実際にはアイデアのコンペだ。徹底的なコストの議論にはなっていないと思う。私も(当初設定した)千三百億円はどうかなと思っていたが、こんな大きな物はつくったことがないので…。(コストは)基本設計で調整しなければいけなかった」
 -デザイン変更は。
 「できたらザハさんのアイデアを残してほしい。国際協約として、この人を外すわけにはいかない。どう決着するか分からないが、徹底的に、公にオープンにしながら討論しないといけない」
 -七日の有識者会議を欠席した理由は。
 「その時間に大阪で講演会があった。去年、膵臓(すいぞう)と脾臓(ひぞう)を全摘出する大手術を受けて体調も良くなかった」 



社説:「新国立」白紙に 混乱招いた決断の遅れ
 毎日新聞 - 2015年07月18日 東京朝刊
 

 総工費が2520億円に膨らみ、国民の批判が集中している新国立競技場の建設計画が白紙に戻ることになった。安倍晋三首相は2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長らと会談後、「ゼロベースで計画を見直し、できる限りコストを抑制したい」と話した。「負の遺産」としないためには当然の判断だが、混乱を招いた責任はどこにあるのか今後の検証が必要だ。

 財源のめどが立たず、景観を損ねるなど、さまざまな問題や矛盾を抱えた計画であることは以前から指摘されていた。事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が7日に開催した有識者会議では、年間の修繕費が約10億円もかかり、これとは別に完成後50年間で1000億円を超える大規模修繕費が必要になることも明らかになった。五輪後に設置を先送りした開閉式屋根の工事費などを加えれば最終的には3000億円を超える恐れが出てきた。

 各種の世論調査では計画の見直しなどを求める人が圧倒的多数を占めた。それでも安倍首相は工期を理由に見直しには否定的で、菅義偉官房長官も現行案が「国際公約」であることを挙げ、「安易にデザインを変更することは、我が国の国際的信用を失墜させかねない」と計画を強行する姿勢を見せていた。

 政府が一転見直す方針を固めたことが明らかになったのは、国民の幅広い同意が得られていない安全保障関連法案を衆院本会議で強行採決した日だった。安保法案が支持率低下の要因となる中、国民の支持をつなぎ留めたいとの思惑があったのではないか。

 安倍首相は記者団に対し「国民の声に耳を傾け」、方針転換を決断したと強調した。そうであれば、安保政策、沖縄の普天間移設問題、原発政策についても国民の声に謙虚に耳を傾ける姿勢を示してほしい。

 混乱の原因は責任の所在が明確でなかったことにもある。膨れ上がった建設費の不足を補うため下村博文・文部科学相が東京都の舛添要一知事を訪ね、約500億円の費用負担を要請したが、舛添知事から負担の根拠を問われ、満足な返答ができなかった。新しい計画の策定にあたってはJSC、文科省の責任や役割分担を明確にしたうえで国民に開かれた議論を進めてほしい。

 新国立は19年9月開幕のラグビー・ワールドカップで使用しないことになり、工期に余裕は生まれたが、残された時間は長くない。代替案を公表している建築家グループは現行デザインの設計、施工を進めてきたチームが引き続き担当することで効率的な作業が可能になるとしている。ぜひ検討してほしい。 



新国立 計画白紙  追い込まれ方針転換
 東京新聞 - 2015年7月18日


新国立 計画白紙 国動かした建築家の一念
 東京新聞 - 2015年7月18日 07時00分
 

 巨大すぎる新国立競技場の問題は、実は二年も前から指摘されていた。建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した、日本を代表する建築家・槇文彦氏(86)が二〇一三年八月、日本建築家協会の機関誌に寄せた論文だ。

 文中で槇氏は、五輪史上最大規模のスタジアムが周辺の歴史的景観を壊し、建設コストを肥大化させると指摘。十分な情報が開示されず「国民が計画の是非を判断する機会を与えられていない」と、巨大公共事業に警鐘を鳴らした。

 翌月二十三日、本紙朝刊のインタビューでは「千三百億円といわれているが、まともにやったらもっとかかるという声がある」「うまくいかないと、必ず税金のような形でツケが回る」と懸念を示した。

 しかし、政府側は計画面積を二割減らしただけで、巨大なアーチや開閉式屋根などの変更には踏み込まなかった。

 槇氏ら計画に異議を唱える建築家や作家の森まゆみ氏らの市民団体は、何度もシンポジウムを開催したり、申し入れ書を提出したりしたが、政府側は二〇一九年のラグビー・ワールドカップの開幕に間に合わないなどとして、計画の抜本修正を拒み続けてきた。

 昨年十月五日朝刊で、本紙は槇氏らの予測を基に「総工費さらに900億円増 実は2500億?」という記事を書いた。建設費が二千五百億円に膨れ上がって政府が批判を浴びる八カ月も前に、槇氏はそのことを予言していた。

 その指摘は、新競技場の問題を正確に読み解き、軌道修正を図るための“警告”と言っても良かった。だが、政府はまともに取り合わない。その結果、最後に行き詰まり、軌道修正を余儀なくされた。

 槇氏は一九二八年、東京生まれ。「モダニズム建築」の旗手として、東京・代官山の複合施設ヒルサイドテラスや、幕張メッセ、名古屋大豊田講堂などの設計で知られる。米中枢同時テロの跡地に高層ビルを設計するなど今も現役で活躍する建築家だ。

 「建築家ひと筋」だった槇氏が、真っ先に国家プロジェクトに異議を唱えたことに多くの建築家は驚きを隠さなかった。だが、だからこそ意気に感じ、多くの賛同者が集まった。

 槇氏は常々「建築家としての責任がある。むちゃな計画をどうしても変えたいんです」と話してきた。国立競技場近くの東京体育館を設計し、神宮外苑の百年かけた美を知るものだからこそ、見過ごすわけにはいかない-。その一念がついに国を動かした。

 計画見直しを安倍晋三首相が表明した後でコメントを求めると、こう言った。「白紙に戻すという決断は評価したい。でもどこまで踏み込んで変更するのか。その中身が問題です」 (森本智之) 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3873-386324e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad