FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

百田尚樹が自民党本部で開催した勉強会で「沖縄2紙を潰せ」と暴論

2015年6月27日(土)

 自民党が設立した 「文化芸術懇話会」 との立派な名称の
勉強会が 2015年6月25日自民党本部で開催されたとのこと。

 この勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で(既に更迭された)
首相側近の加藤勝信官房副長官や、萩生田光一・党総裁特別補佐
という政府と党の要人も参加しているれっきとした公式『勉強会』。

     これは、今日付け 【日刊スポーツ】 の 大きな記事 



 『勉強会』 と称するなら、少なくとも正確なデータや資料による教材が
提示されるべきである。

 講師として講演したのは、元・NHK経営委員で作家の百田尚樹氏。

 その講演の内容は、事実に基づかない思い込み『情報』のオンパレード!
極め付きが、「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。
沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」




  冗談では無い 沖縄2紙(沖縄タイムス・琉球新報)を潰せ発言

 引用するのもはばかれるが、事態を確認するために暴言を引用する。
 なお、これらの内容は、国会の『衆院平和安全法制特別委員会』 
の浜田靖一委員長も発言内容が事実であると委員会で報告済み。

 また、勉強会出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し
「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。
 文化人が経団連に働き掛けてほしい」
 との声が上がった、とも。


       出席した議員からも報道抑圧の意見が・・・ 

  そして、その勉強会 「文化芸術懇話会」 に参加したメンバー



 処が、26日午前の同委員会で追及された安倍晋三首相・自民党総裁は
「報道が事実なら大変遺憾だ。(勉強会は)党の正式会合ではない。
有志の会合だ。発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」
 と述べたと云う。

 党本部で開催された安倍晋三肝入りの勉強会を『有志の会合』と誤魔化し、
その上「発言がどのように報道されたかは確認する必要がある」と言って
報道を検証する意図を示唆したのも大きな問題である。


 これらの暴言に対する 沖縄の怒りの声



      下記は、今日付け【日刊スポーツ】 の政界地獄耳



     ***********

百田氏の発言は「沖縄タイムス」によれば、以下のような内容。 
⇒ そして、沖縄タイムスによる事実検証

    ************ 

普天間飛行場の成り立ちについて
「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば
 商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」
⇒ 米軍普天間飛行場が建設された場所は沖縄戦の前、宜野湾村の
  集落があった。  宜野湾市史によると、1925年は現在の飛行場に
  10の字があり、9077人が住んでいた。

百田氏「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」
  「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。」
⇒ しかし、地主の75%は200万円未満の軍用地料しか得ておらず、
  実態は百田氏の発言した内容と大きくかけ離れている。
  地主4万3025人のうち100万円未満の地主が全体の54・2%で最も多い。

百田氏「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、
  沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」
⇒ 百田氏発言をめぐる琉球新報・沖縄タイムス共同抗議声明
 琉球新報・沖縄タイムス - 2015年6月26日 21:50


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

百田尚樹氏「沖縄の新聞はつぶせ」自民勉強会で暴言連発
 沖縄タイムス - 2015年6月26日 05:26
 

  作家の百田尚樹氏は25日、市街地に囲まれ世界一危険とされる米軍普天間飛行場の成り立ちを「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と述べ、基地の近隣住民がカネ目当てで移り住んできたとの認識を示した。安倍晋三首相に近い自民党の若手国会議員ら約40人が、党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」で発言した。

 実際には現在の普天間飛行場内に戦前、役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた。沖縄戦で住民は土地を強制的に接収され、人口増加に伴い、基地の周辺に住まざるを得なくなった経緯がある。

 勉強会は冒頭以外、非公開。関係者によると、百田氏は「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」と発言。「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」などと持論を展開したという。

 普天間飛行場の周辺住民約2千人が、米軍機の騒音で精神的苦痛を受けたと訴え、那覇地裁沖縄支部が約7億5400万円の支払いを命じた判決に触れ、「うるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」と、自己責任だとの見解を示したという。

 「基地の地主は大金持ち。基地が出て行くとお金がなくなるから困る。沖縄は本当に被害者なのか」とも述べたという。

 議員から沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。

 出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声が上がったほか、「沖縄は戦後、予算漬けだ。地元紙の牙城でゆがんだ世論をどう正すか」などの批判もあった。

 勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で、首相側近の加藤勝信官房副長官や、萩生田光一・党総裁特別補佐も参加した。 



百田氏発言「普天間飛行場、元は田んぼ」「地主年収、何千万円」を検証する
 沖縄タイムス - 2015年6月27日 11:56



百田氏発言をめぐる琉球新報・沖縄タイムス共同抗議声明
 琉球新報・沖縄タイムス - 2015年6月26日 21:50
 

  百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという”言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。
 
 百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。

 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。

 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。

 政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する。

 琉球新報編集局長・潮平芳和
 沖縄タイムス編集局長・武富和彦 



「沖縄の新聞つぶさないと」百田尚樹氏の問題発言 首相は「大変遺憾」
 The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom
 投稿日: 2015年06月26日 13時22分


自民勉強会 「暴言」「統制」野党が批判 安保特別委 首相「事実なら遺憾」
 東京新聞 - 2015年6月26日 夕刊


自民党:安保法案で報道批判続出…改憲派の勉強会
 毎日新聞 - 2015年06月25日 23時45分


百田氏発言:「沖縄の新聞社潰せ」…自民「謝罪する」
 毎日新聞 - 2015年06月26日 11時56分


自民勉強会問題:百田氏発言 怒る沖縄「屈辱だ」 「一体何の勉強か」
 毎日新聞 - 2015年06月27日 大阪朝刊


自民勉強会問題:青年局長、更迭へ 安保審議、影響を懸念
 毎日新聞 - 2015年06月27日 東京夕刊




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
 




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3852-92c22b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自民党若手の劣化〜「勉強会」の波紋〜

自民党は27日、安倍晋三首相に近い議員でつくる勉強会「文化芸術懇話会」で、沖縄の地元紙をはじめ報道機関を威圧するなどの発言が出た問題に関連し、懇話会代表の木原稔・党青 ...

  • 2015/06/27(土)19:45:49 |
  • 虎哲徒然日記