JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

自民党推薦参考人にまで【違憲】意見を突き付けられたのに 『合憲』 を 強弁する 「強権」政治

2015年6月10日(水)

 安倍総理は、わざわざ記者会見までして自民党が推薦した参考人に突き付けられた
【違憲】意見を否定して見せた。 その模様を国策放送局・NHKが垂れ流した模様。

 そこで言っている合憲判断の根拠が去年の憲法の立憲主義を根こそぎ反故にする
「閣議決定」にあると云うのだから、驚きを越して声も出ない!

首相 安保関連法案は憲法違反の指摘はあたらず
 NHK - 2015年6月9日(火) 7時13分
 

 安倍総理大臣は、「武力行使は、他国の防衛を目的とするものではなく、最高裁判決に沿ったものであることは明確だ。政府としては、こうした議論を十分に行ったうえで、去年7月に閣議決定を行った」と述べました。



 「閣議決定」を合憲の根拠にするなら、どんな『解釈改悪』をしても合憲だとなる!
まさに 合憲を強要する 『強権(ごうけん)政治』 (正確には『きょうけんせいじ』と読む)

 安倍総理が引用した「最高裁判決」は、砂川事件のものだが、古色蒼然としたものを
よくも持ち出してきたものである。
 これについて日本共産党の志位和夫委員長は自らのTwitterで次のように指摘した。

 首相、戦争法案を「合憲」とする「根拠」に、またぞろ59年「最高裁砂川判決」を持ち出す。
 しかし「砂川判決」は個別的自衛権を認めた判例で集団的自衛権はおよそ問題になっていないことは、判決文でも、裁判の経緯でも、学説上も明瞭だ。
 破綻した議論が唯一の「根拠」とは。廃案しかありません!



 『平和法案』 ⇒ 「戦争法案」 を 『合憲』 とする憲法学者も大勢居る と答えた
菅官房長官が挙げることができた学者は3人のみ!

安保関連法案:「合憲という学者」官房長官たくさん示せず
 毎日新聞 - 2015年06月10日(水) 23時05分
 

 菅氏が実名を挙げた学者は、長尾一紘・中央大名誉教授▽百地章・日本大教授▽西修・駒沢大名誉教授−−の3人。



 うろたえて、「多数派・少数派とかは関係ない」 その趣旨の発言まで出る始末。

官房長官 安保関連法案は憲法違反にあたらず
 NHK - 6月10日(水) 18時20分
 

 3人の学識経験者全員が「憲法違反にあたる」という認識を示したことについて、「全くあたらない。どの意見が多数派で、どの意見が少数派かということは重要ではない」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は、「憲法学者のみならず、政治学者、国際法学者、実務家、元自衛官など、さまざまな分野の有識者から意見を聞いて、去年7月、閣議決定した。今までの最高裁判所の判断も含めて合憲であると思っており、自信を持って進めていきたい」



 そういう情勢の中で、村山富市元首相と河野洋平元衆院議長が日本記者クラブで
共同記者会見し、集団的自衛権行使の容認を含む安全保障関連法案について
「憲法9条では解釈できない」などとして、両氏とも今国会での成立を断念すべきだ
との考えを示した、とのこと。

安保法案:今国会での成立、断念を…村山・河野氏が会見
 毎日新聞 - 2015年06月09日(火) 20時08分

 
     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

首相 安保関連法案は憲法違反の指摘はあたらず
 NHK - 2015年6月9日(火) 7時13分
 

 安倍総理大臣は訪問先のドイツで記者会見し、安全保障関連法案について、「憲法解釈の基本的論理は全く変わっておらず、憲法の基本的な論理は貫かれていると確信している」と述べ、憲法違反という指摘はあたらないという考えを強調しました。
 この中で安倍総理大臣は安全保障関連法案について「わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している。いまやどの国も1国のみで自国を守ることはできない。あらゆる事態を想定して、切れ目のない備えを行うのが『平和安全法制』であり、この法整備が日本人の安全を守るためには不可欠だ」と述べました。
 そのうえで安倍総理大臣は、先週の衆議院憲法審査会で、自民党が推薦した、早稲田大学法学学術院教授の長谷部恭男氏を含め、参考人質疑に出席した3人の学識経験者全員が、安全保障関連法案を巡って「憲法違反にあたる」という認識を示したことについて、「今回の法整備にあたって、憲法解釈の基本的論理は全く変わっていない。憲法の基本的な論理は貫かれていると確信している」と述べ、憲法違反という指摘はあたらないという考えを強調しました。
 さらに安倍総理大臣は、「武力行使は、他国の防衛を目的とするものではなく、最高裁判決に沿ったものであることは明確だ。政府としては、こうした議論を十分に行ったうえで、去年7月に閣議決定を行った」と述べました。



安保関連法案:「合憲という学者」官房長官たくさん示せず
 毎日新聞 - 2015年06月10日(水) 23時05分
 

 安保法制を合憲と考える学者がたくさんいる−−と豪語していた菅義偉官房長官が、10日の衆院特別委員会で「数(の問題)ではない」と述べ、事実上前言を撤回した。
 合憲派の学者について菅氏は「10人ほど」とし、3人の実名を挙げた。
 法案の廃案を求める憲法学者は200人を超え、安保法制違憲論は日増しに強まっている。
  【樋岡徹也、林田七恵】

 「勝負どころだ。(合憲派の学者が)こーんなにいる、と示せなければ、法案は撤回した方がいい」。10日の特別委で、民主党の辻元清美議員が菅氏に迫った。
 この場面で菅氏が実名を挙げた学者は、長尾一紘・中央大名誉教授▽百地章・日本大教授▽西修・駒沢大名誉教授−−の3人。

 長尾氏は10日、取材に「霞が関の官僚から『国会で名前を出してもよろしいですか』と9日に連絡を受けた。以前からやり取りがあり、了承した」と語った。菅氏の答弁は毎日新聞の電話取材で知ったという。

 長尾氏は、安保法制を合憲とする根拠として、国連憲章が個別的自衛権も集団的自衛権も認めていることなどを挙げ、「戦後70年、まだ米国の洗脳工作にどっぷりつかった方々が憲法を教えているのかと驚く。一般庶民の方が国家の独立とはどういうことか気づいている」と熱弁をふるった。

 百地氏も10日、取材に「日本の安全保障環境が大きく変化し、米国と手を組んでおかないと日本の安全が守れないというのが、集団的自衛権行使容認の大きな理由だ。憲法の枠内の政府見解変更であり憲法違反ではない」と訴えた。

  また、西氏も9日の取材に「国連憲章上、集団的自衛権は固有の権利。憲法は自衛権行使を否定していない」と合憲論を展開した。

 10日の特別委では、維新の高井崇志議員も「212人の憲法学者が違憲だと表明し、どんどん増えている。国民の関心事だから(合憲派は)何人いるか」と質問。
 菅氏の「私が知っている方は10人程度いる」との答弁に、高井氏は「極めて少ない」と突き放した。

 菅氏は終了後の記者会見で、「憲法学者のどの方が多数派で、どの方が少数派かは重要ではない」と述べ、多数の憲法学者の批判は審議に影響しないとの見方を改めて示した。


 
 

官房長官 安保関連法案は憲法違反にあたらず
 NHK - 6月10日(水) 18時20分
 

 菅官房長官は午後の記者会見で、安全保障関連法案について、今までの最高裁判所の判断に照らしても合憲だと思っているとして、憲法違反にはあたらないという認識を重ねて示しました。
 
 この中で、菅官房長官は、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法案を巡り、先の衆議院憲法審査会の参考人質疑で3人の学識経験者全員が「憲法違反にあたる」という認識を示したことについて、「全くあたらない。どの意見が多数派で、どの意見が少数派かということは重要ではない」と述べました。
 そのうえで、菅官房長官は、「憲法学者のみならず、政治学者、国際法学者、実務家、元自衛官など、さまざまな分野の有識者から意見を聞いて、去年7月、閣議決定した。今までの最高裁判所の判断も含めて合憲であると思っており、自信を持って進めていきたい」と述べ、安全保障関連法案について、今までの最高裁判所の判断に照らしても合憲だと思っているとして、憲法違反にはあたらないという認識を重ねて示しました。




安保法案:今国会での成立、断念を…村山・河野氏が会見
 毎日新聞 - 2015年06月09日(火) 20時08分
 

  村山富市元首相と河野洋平元衆院議長が9日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し、集団的自衛権行使の容認を含む安全保障関連法案について「憲法9条では解釈できない」などとして、両氏とも今国会での成立を断念すべきだとの考えを示した。安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話については、戦後50年の「村山談話」や慰安婦問題を巡る「河野談話」など歴代内閣の歴史認識を引き継ぐよう改めて求めた。

 衆院憲法審査会で参考人の憲法学者3人が安保関連法案を「違憲」と指摘したことについて、村山氏は「国会にも内閣にも憲法を順守する義務がある。本当に(憲法を)守れるのか、という議論をもっとすべきだ」と注文を付けた。河野氏は、昨年12月の衆院選で「安保法制の問題で民意が反映されているとは到底思えない」と指摘した。【前田洋平】





*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3835-daec183b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「国際紛争をこじらせる手段として」ならOK

補佐官:海外での戦争も武力行使も合憲です. 首相: どうして? 補佐官:憲法九条では,国際紛争を“解決する”手段としては,戦争や武力行使をしてはいけないことになっていますから,国際紛争を“こじらせる”手段としてなら問題ないです. 首相: あー,なるほど. 補佐官:そもそもそれが目的ですから,正直に言えばよかったんですよ,武器産業活性化のためなんですから. 首相: よし,それで行こう! (松...

  • 2015/06/11(木)15:23:53 |
  • ペガサス・ブログ版

FC2Ad