FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

JR長崎線 特急×特急 間一髪で正面衝突を回避 あわや大惨事!

2015年5月23日(土)

 昨夜、JR長崎線で起きた間違った線路に特急が入り込んだ事故は、
急停車した車輌と駅に停止中の車輌の距離が100mを切る間一髪の事態!

2015-05-22_Nishinippon_JR-Incident-01.jpg

【特急あわや衝突】93メートル手前で緊急停止
 西日本新聞 - 2015年05月22日 17時43分 更新

   (以下、掲載した画像は、西日本新聞 5/22・23付け より)

2015-05-22_Nishinippon_JR-Incident-02.jpg

 急停車後の両方の列車の距離は僅か93m。
 特急の速度のままだったら、僅か数秒遅れていたら激突していただろう。
  (時速36km/時で、秒速10m/秒。 108km/時で、秒速30m/秒。 )

 NHK などの報道によると 

  22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線、肥前竜王駅で、長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」が停止していた線路に、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」が向かい合わせに進入しました。「かもめ19号」は、正面衝突する可能性に気付いて、「かもめ20号」のおよそ120メートル手前で緊急停止しました。 
 JRによりますと、2本の特急には合わせておよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。この影響で、2本の特急は午後6時すぎまで、現場でおよそ6時間、立往生したままとなりました。

    とのこと。  その後、距離は93mであったと訂正発表されています。

特急間の距離を93メートルと訂正 JR九州
 西日本新聞 - 2015年05月22日(木) 20時32分


150524_182323.jpg

 空車ではなく、双方の車輌に230人の乗客が乗っていたようで、
あわや「大惨事」の重大インシデント(緊急事態)だったようです。

150524_182501.jpg

 
 先日、250名以上の犠牲者を出したJR尼崎事故から10年を経過したばかり!

 そういう重要な時期に、JRで事故が相次いでいるのは憂うべきことです。

     Nishinippon_20150523-01.jpg

 以下に幾つか記事またはリンクを引用します。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【特急あわや衝突】93メートル手前で緊急停止
 西日本新聞 - 2015年05月22日 17時43分 更新
 

 22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、下りの博多発長崎行き特急「かもめ19号」(7両編成)が、上りの長崎発博多行き特急「かもめ20号」(6両編成)が停車していた待避線に進入し、緊急停止した。93メートルの距離で列車は向かい合わせになったが、衝突は回避した。乗客乗員計約230人にけがはなかった。運輸安全委員会は事故につながりかねない「重大インシデント」と判断し、調査官2人を現地に派遣した。

 JR九州によると、19号は直前の午後0時11分ごろ、走行中に列車床下の異常音を感知し、肥前竜王駅のすぐ手前の単線区間で停止。安全を確認し、運行を再開したところ、20号が停車していた待避線に進んだため、運転士が手動で非常ブレーキをかけ停止させた。

 ブレーキをかける前の速度は時速約35キロで、19号の先頭車両と2両目の一部が20号と同じ線路に入った。長崎線は肥前竜王駅を含む肥前山口−諫早が単線。肥前竜王駅は無人駅で列車が擦れ違うための待避線があった。

 19号と20号は本来、長崎寄りの隣の肥前鹿島駅で離合する予定だったが、19号の異常音感知に伴い、肥前竜王駅に変更されていた。

 JR九州によると、19号が異常音で停車した際、運行を管理する博多総合指令は、運転士の不正確な報告から、現在地を実際より100メートル手前と認識。指令は、駅近くにある信号機の手前に19号が停車していると判断し、信号機を赤にした上で、運行再開時には手動でポイントを操作して、待避線ではなく、本線を通過させる予定だった。

 しかし、実際には19号は運転席が信号機を過ぎた場所に停車しており、赤信号を無視する形で運行を再開したことで、待避線に進入したという。

 JR九州の松本喜代孝取締役安全推進部長は同日夜記者会見し、「お客さまに多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする。衝突の危険性があり、深く反省している」と述べた。

 長崎線は肥前山口−肥前鹿島が約6時間にわたって不通となり、2本の特急の乗客は全員下車し、JR九州が用意したバスで肥前山口駅や長崎駅に向かった。運休は上下線合わせて32本。6千人に影響が出た。

 ◆JR九州が会見、意思疎通が不十分「ミスではない」

 「JRになってから、こういった事態は初めて。衝突の危険性があった。深く反省している」。JR九州の松本喜代孝取締役安全推進部長は22日夜、福岡市の本社で記者会見し、深々と頭を下げた。

 会見には約30人の報道陣が駆けつけ、松本氏らがホワイトボードを使って状況を説明した。それによると、運転士は電車内のモニター表示から、博多総合指令に現在地を伝えたが、実際とは、ずれが生じていた。指令は、誤進入したかもめ19号が、駅より手前の赤信号を確認できる場所に停車していると認識。信号を無視する形で19号が運行を再開した結果、指令がポイントを本線に切り替える前に、待避線に進み、ニアミスを招く結果となった。

 JR側は、列車の正確な現在地を確認する詳細なルールがなく、運転士と指令員の意思疎通が十分ではなかったことを今回の事態の原因に挙げたが、小林宰取締役運輸部長は「(運転士らは)マニュアルにのっとって行動しており、ミスではない」と繰り返した。

 松本氏は「安全確保が最大の使命だと思っている。手綱を締め直す」と語り、再発防止策を早期に講じる考えを示した。

  西日本新聞 : 記者:貞松保範、片岡寛 

 

上り特急停車中の線路に下り特急が進入、緊急停止 佐賀
 朝日 DIGITAL - 2015年5月22日22時12分


特急×特急 正面衝突避け緊急停止 佐賀
 NHK NEWS WEB - 2015年5月22日(土) 19時20分
 

  ( 2015年5月)22日正午すぎ、佐賀県白石町のJR長崎線・肥前竜王駅で上りの特急列車が停止していた線路に下りの特急列車が向かい合わせに進入し、正面衝突を避けるため緊急停止しました。JRによりますと、2本の特急にはおよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。

 22日午後0時20分ごろ、佐賀県白石町のJR長崎線、肥前竜王駅で、長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」が停止していた線路に、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」が向かい合わせに進入しました。「かもめ19号」は、正面衝突する可能性に気付いて、「かもめ20号」のおよそ120メートル手前で緊急停止しました。
 JRによりますと、2本の特急には合わせておよそ220人の乗客が乗っていましたが、けが人はいないということです。この影響で、2本の特急は午後6時すぎまで、現場でおよそ6時間、立往生したままとなりました。

 JR九州によりますと、2本の特急は当初、隣の肥前鹿島駅ですれ違う予定でしたが、ダイヤが乱れていたため、急きょ肥前竜王駅ですれ違うことになったということです。
しかし、なぜ同じ線路に進入したのか、原因は分かっていません。
 また、「かもめ19号」は、このトラブルの直前、異音に気付く別のトラブルがあり、安全を確認して運転を再開したばかりだったため、時速35キロほどで走行していたということですが、本来は肥前竜王駅をより速い速度で通過する予定だったということです。
 JR九州は「衝突事故には至らなかったが、極めて重大な事象と受け止めている」として、原因の究明を急いでいます。


列車の動きは

 JR九州によりますと、博多発長崎行きの下りの特急「かもめ19号」は午後0時10分すぎ、佐賀県の肥前竜王駅の手前で床下で異音を感じたため、運転士が列車を非常停止させ、駅の構内に入る青信号を僅かに超えたところで停車しました。この影響でダイヤが乱れ、当初、予定されていた長崎発博多行きの上りの特急「かもめ20号」とのすれ違いは、隣の肥前鹿島駅から肥前竜王駅に急きょ変更となりました。下りの特急の点検が行われていた午後0時20分すぎ、上りの特急が肥前竜王駅の1番線のホームに停車しました。そのすぐあと、下りの特急は点検を終えて安全を確認し、指令に報告したうえで運転を再開しました。
 下りの特急は本来、駅の2番線のホームを通過して上りの特急とすれ違う予定でしたが、ホームの手前にあるポイントで1番線のホームに続く線路に入っていきました。このため、運転士が異変に気付き、さらに1番線ホームに列車が止まっているのを確認したことから、非常ブレーキをかけて列車を停止させたということです。
 この時、下りの特急と上りの特急との距離はおよそ120メートルでした。
ホームの手前にあるポイントは、ふだんは自動で制御されていますが、当時はダイヤの乱れの影響で、手動での制御を行っていた ということで、JR九州ではポイントの切り替えの経緯など、原因を詳しく調べています。


事故調査官を派遣

 佐賀県のJR長崎線・肥前竜王駅で、上りの特急列車が停止していた線路に、下りの特急列車が向かい合わせに進入したトラブルで、国の運輸安全委員会は重大な事故につながるおそれがあったとして「重大インシデント」として調査することに決め、事故調査官2人を現地に派遣しました。 



長崎線の信号トラブル、特急があわや正面衝突
 西日本新聞 - 2015年05月22日(金) 17時37分
 

  JR九州によると、22日午後0時20分ごろに発生した長崎線肥前竜王駅(佐賀県白石町)の信号トラブルは、上り特急かもめ20号が停車中の線路に、下り特急かもめ19号の先頭車両が進入し、緊急停車する事態となっていたことが分かった。正面衝突の恐れがあった。安全確認と調査のため、午後5時現在、肥前山口-肥前鹿島間で運転を見合わせている。今後も大幅な運行遅延が見込まれるという。 




特急あわや正面衝突、運輸安全委が調査
 TBS系(JNN) 2015年5月23日(土) 18時29分配信
 

 22日、佐賀県のJR長崎線で特急列車同士が正面衝突しそうになったトラブルで、国の運輸安全委員会は23日朝から調査を進めています。

 運輸安全委員会の事故調査官は23日午後、トラブルが起きたJR長崎線・肥前竜王駅で、2時間余りにわたり調査を実施しました。

 このトラブルは、22日午後、肥前竜王駅で、上りの特急列車が停車していた線路に下りの特急列車が誤って進入したものです。運転士が異変に気付き、緊急停止しましたが、あわや大惨事となるトラブルで、JR九州は22日夜会見を開き、謝罪しました。

 JR九州によりますと、トラブルの直前、運行を管理する輸送指令と下り列車の運転士との間で列車の位置に関して食い違いがあり、赤信号を無視する形で運転を指示したということです。事故調査官は運転士らからも直接話を聞いていて、24日も引き続き調査にあたる予定です。(23日17:38) 




特急あわや衝突、調査官ら現地の駅構内設備確認
 読売新聞 - 2015年5月23日(土) 20時34分配信
 

 佐賀県白石(しろいし)町のJR長崎線肥前竜王駅で、上り特急の停車線路に下り特急が進入し緊急停止したトラブルを巡り、運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が23日、現地調査を行った。

 調査官は国土交通省の職員2人、JR九州の社員12人とともに、特急が進入した現場近くの信号や自動列車停止装置(ATS)の場所などを約2時間にわたって確認した。楠元哲彦・主管調査官は「駅構内の設備などを確認した。関係者の話や記録を分析し、できるだけ早く調査結果を報告できるようにしたい」と語った。

 調査は24日も実施し、福岡市のJR九州本社などで運転士や指令員らから聞き取りを行う方針。

 トラブルは22日午後0時20分頃に発生。下り特急「かもめ19号」が、上り特急「かもめ20号」とすれ違う際、誤って20号が停止中の駅内の線路に進入した。19号は両特急間の距離93メートルの位置で緊急停止し、正面衝突は避けられた。

最終更新:5月23日(土)21時17分 



<長崎線トラブル>事故調査官、運転士と指令職員を聴取
 毎日新聞 - 2015年5月23日 10:31
 

 佐賀県白石町のJR長崎線肥前竜王駅で、2本の特急が正面衝突の直前に危険を回避したトラブル(22日)で、国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が23日午前、福岡市博多区のJR九州本社で関係者から聴取した。午後、現地で調査する。

 原因は運転士と指示を出すJR九州博多総合指令(福岡市)の間の連絡ミス。このため、調査官は運転士と指令職員2人の計3人を聴取した。
 調査官は取材に対し、「聴取は明日まで行う。(原因は)まだ分からない」と話した。


 トラブルは22日正午過ぎに発生。本線(単線)を走行していた下り特急「かもめ19号」が誤って待避線に進入し、停止してすれ違いを待っていた上り特急「かもめ20号」に接近。非常ブレーキをかけて、93メートルまで近づいて止まった。けが人はなかった。

 運転士が自らの位置を「鳥栖から49キロ地点」とキロ単位で伝えたため、指令が正確な位置を把握できず、ポイントを適切な位置に切り替えられなかった。JR九州は運転士からの報告内容を100メートル単位に改めるなど、規定の変更を検討している。
  【尾垣和幸、平川昌範】 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3817-22f6e940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)