FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

自民党が 『環境権』 ・ 『プライバシー』 を強調するのは 公益のための制限が目的?!

2015年5月11日(月)

 自民党が、憲法 『お試し改憲』 で抵抗感を無くすために
『環境権』 ・ 『プライバシー』 を強調しているとマスメディアが流している。

 護憲派の中にも、辺野古や諫早湾を始め全国で環境を破壊してきた
自民党が 『環境権』 を主張していることに 「どの口が言う!」 と
批判しているし、
 個人情報を根こそぎ掌握してしまう 『マイナンバー制度』 や
『秘密保護法』 や 『盗聴法』 でプライバシー侵害を拡大してきた
自民党が 『プライバシー』 を主張していることに 「どの口が言う!」 と
批判している。

 しかし、私の考えはもっと深刻だ。

 自民党が 『環境権』 ・ 『プライバシー』 を強調するのは 
憲法改正への国民の抵抗感を無くすための 『お試し』 として
好都合だからだけではない!
 寧ろ、現行憲法の 「公共の福祉」 を 『公益』 に摺り替え
公益の名のもとに、これまで憲法に明文化されていなかっても
それなりに市民権を得てきた 「環境権」 や 「プライバシー」を
制限する条項を追加するのが狙いではないかと憂慮する。

 こども向けのマンガによる 『改憲ガイドブック』 でも
事情を知ることができないこどもに
 「公共の福祉」 とは 『公益』 のこと、と断定的に洗脳する。

こども を『洗脳』する恐ろしいプロパガンダ
 【ほのぼの一家の 憲法改正ってなあに?】  

 JUNSKY blog 2015 ー 5月2日(土)
 

 まさに、そこにこそ  『環境権』 ・ 『プライバシー』 を強調する意図がある!

 一方では、憲法第9条を事実上骨抜きにし改悪を推し進める自民党の法案に
公明党が屈服し、世界中で米軍が起こす戦争に自衛隊が馳せ参じる
「戦争法案」 が、実行に移されようとしている。
 国会論戦で問題を掘り起こして廃案に追い込むべきである。
 
     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

安保法案:自衛隊活動、大幅に拡大 平時から戦時まで
 毎日新聞 - 2015年05月11日 22時03分


社説:憲法審査会 「お試し」には乗れない
 毎日新聞 - 2015年05月08日 東京朝刊


衆院憲法審:緊急事態「先行議論を」 自民が提案
 毎日新聞 - 2015年05月08日 東京朝刊


社説:憲法をどう論じる 国民が主導権を握ろう
 毎日新聞 - 2015年05月03日 東京朝刊


     *****************

社説:憲法審査会 「お試し」には乗れない
 毎日新聞 - 2015年05月08日 東京朝刊
 

  本当の目的は別なところにあるのに、ごまかして国民の抵抗感を薄めようとする手法は、やはり「よこしま」だと言わざるを得ない。

 衆院憲法審査会がきのうから憲法について本格的な議論を始めた。2年後の2017年通常国会で憲法改正案を発議したい自民党は、改憲項目として「大災害時の緊急事態条項」「環境権の設定」「財政規律条項」の三つを提起し、優先して議論するよう他党に呼びかけた。

 自民党の狙いは、はっきりしている。戦争放棄と戦力不保持を定めた憲法9条の改正だ。しかし、最初から9条をテーブルに載せるのは難しい。そこで、まず受け入れられやすい項目に絞って改憲の実績を作り、次の段階で「本丸」の9条改正を持ち出そうという迂回(うかい)戦術だ。

 自民党の船田元・憲法改正推進本部長は本紙の取材に「(9条について)世論は二分されており、改正するにはまだ相当議論しなければならない」と答えている。本丸にたどり着くには時間がかかるから、手始めに別の分野でということだろう。

 「お試し改憲」と呼ばれるこの方法は、9条改正という「主目的」のために、他の条文の改正を「手段」として扱う発想に基づいている。最高法規たる憲法に向き合うのにふさわしい厳粛さが感じられない。

 憲法改正案の発議には、衆参両院それぞれで「総議員の3分の2以上の賛成」が必要だ。憲法の安定性を保つために設けられた特別に高いハードルである。

 かつて安倍晋三首相はこのハードルを下げようと憲法96条の改正を提起した。「裏口入学」と言われて撤回したが、「お試し改憲」も9条に近づくための技巧的なアプローチである点で共通している。

 時代にそぐわない憲法の条文があるのなら大いに議論すればいい。自民党が提起した3項目にとどまらず、衆参の役割分担や、国会議員の選出方法、国と地方との関係などには再考すべき論点がある。そのうえで改憲案の発議には与野党の幅広い合意を追求すべきである。

 そもそも安倍首相らが改憲に熱心なのは、現在の憲法が占領期の「押しつけ」だという認識に根ざしている。憲法制定過程への反感をバネに、自主憲法の必要性を説く。

 しかし、保守主義は本来、伝統を重視する考え方だ。人間の考え方が時々の状況で大きく変わることへの戒めが背景にある。施行から68年を経た憲法は、戦後が作った一つの伝統であろう。保守を掲げるのなら現憲法が歩んできた時間の長さに対しても謙虚であってほしい。

 改憲が先にありきの「お試し」に乗るわけにはいかない。 

 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3805-27f733af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)