FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

川内原発:再稼働差し止め認めず…鹿児島地裁決定

2015年4月22日(水)

 先日、関西電力・高浜原発の再稼働を阻止する仮処分申請に対して
福井地裁が「仮処分申請」を認めて、再稼働は事実上不可能になった。

高浜原発 再稼働差し止めの仮処分 「新規制基準は緩やか過ぎ」
 JUNSKY blog 2015 - 2015年4月14日(火)


 しかし、今日の鹿児島地裁の判決は、これとは全く反対の結果となった。
それも、『安全は確保されている』と断言するなど極めて政治的で異様な決定!

 説得力に欠けるものであると私は思う。


川内原発:再稼働差し止め認めず…鹿児島地裁決定
 毎日新聞 - 2015年04月22日 14時25分 更新


川内原発、再稼働差し止め申請を却下 仮処分で鹿児島地裁
 日本経済新聞 - 2015/4/22 13:45 更新


川内原発の再稼働差し止め認めず 関電高浜と判断分かれる
 熊本日日新聞 - 2015年04月22日


再稼働可否 割れる司法 川内原発、差し止め却下
 日本経済新聞 電子版 - 2015/4/22 13:54


      にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


川内原発:再稼働差し止め認めず…鹿児島地裁決定
 毎日新聞 - 2015年04月22日 14時25分 更新
 

 九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働差し止めを九州の住民らが求めた仮処分の申し立てに対し、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)は22日、申し立てを却下する決定を出した。福井地裁が14日に関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命じる仮処分決定を出していたが、判断が分かれた。九電は予定通り7月上旬の1号機再稼働を目指す。住民側は福岡高裁宮崎支部に即時抗告する方針。

20150422k0000e040167000p_size5.jpg

 仮処分は川内原発運転差し止め訴訟の原告団の一部である鹿児島、熊本、宮崎県の住民12人が申し立てていた。前田裁判長は「具体的危険性を検討しても申立人の人格権が侵害されるおそれは認められない」と判断。

 川内原発は2014年9月、原子力規制委員会の新規制基準の適合性審査に全国で初めて合格。1号機の再稼働に向け、規制委が使用前検査を実施している。

 主な争点は▽耐震設計の基準となる基準地震動(想定する地震の最大の揺れ)や新規制基準の適否▽火砕流を伴う巨大噴火の可能性▽周辺自治体が策定した避難計画の実効性。前田裁判長は規制委の新規制基準について「最新の調査・研究を踏まえており、内容に不合理な点は認められない」とした。【杣谷健太、土田暁彦】

 ◇合理的と言えない…住民側弁護団長の森雅美弁護士の話

 九電の主張だけを取り入れ、合理的な決定とは言えない。非常に残念な決定で不満に思っている。だが(却下の決定は)予想もできたことで、不服申し立てをして屈することなく闘っていきたい。

 ◇主張が認められた…九州電力のコメント

 今回の決定は、川内原発の安全性は確保されているとの当社のこれまでの主張が裁判所に認められたものであり、妥当な決定をいただいたと考えている。今後とも、更なる安全性・信頼性向上への取り組みを自主的かつ継続的に進め、川内原発の安全確保に万全を期してまいります。

 ◇規制委はコメントする立場にはない…規制庁

 原子力規制庁は22日、鹿児島地裁の仮処分申し立て却下の決定を受け「原子力規制委員会は当事者ではないため、決定についてコメントする立場にはない」とのコメントを発表した。
 




再稼働可否 割れる司法 川内原発、差し止め却下
 日本経済新聞 電子版 - 2015/4/22 13:54
 

 今度は原子力発電所の再稼働を司法が認めた。鹿児島地裁は22日、原子力規制委員会の審査に合格した九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の再稼働差し止めの仮処分申請を却下した。原発の安全を巡る訴えでは、福井地裁が関西電力高浜原発(福井県)の再稼働差し止めを命じる仮処分決定を出したばかり。相反する司法判断に原告団が落胆する一方、街の活性化を期待する住民からは評価の声も上がった。

 「絶対に納得できない」。午前10時すぎ、鹿児島市の鹿児島地裁。川内原発の再稼働差し止めの仮処分申請を却下する決定文を受け取った住民側の弁護士が地元住民や支援者が待つ裁判所の入り口前に現れた。「不当決定」の垂れ幕を力なく広げると、住民らは落胆の表情を浮かべた。

 決定後、弁護団と申立人の住民は地裁近くで記者会見を開いた。弁護団のメンバーで「脱原発弁護団全国連絡会」の共同代表を務める河合弘之弁護士は「九電の主張をそのまま書き連ねた決定だ。決して容認できず、不服申し立てを至急検討する」と強調した。

 高浜原発の再稼働差し止めを命じる14日の福井地裁の仮処分決定との間で司法判断が分かれたことには「原発の危険を指摘する司法の流れができていただけに残念」と失望をあらわにした。

 裁判所前で結果を待ち構えていた鹿児島市の農業、園山一則さん(71)は「高浜原発で良い判断が出ていただけに残念。今回も当然申し立てが認められると思っていたのだが……」と話した。「万が一、事故が起きたら、農作物が売れなくなる。再稼働はやめてほしい」と切実に訴える。

 川内原発から約11キロ離れた場所で暮らす薩摩川内市の無職、城下義博さん(66)は、事故時の避難計画に不満といい、「これからも原発の危険性について声を上げていきたい」と話した。

 一方、同市の茶販売店店長の梅川紀代子さん(63)は「裁判所が認めたのだからいずれ再稼働するだろう。街が活性化するのはいいことだ」と話した。薩摩川内市ホテル旅館組合の福山大作組合長(64)は「原発が止まって、宿泊施設の客が大幅に減り、なんとか耐えているのが現状だ。一日も早く再稼働してほしい」と期待を寄せた。

 鹿児島市の女性(76)は「事故が起きる可能性を考えれば再稼働は不安」と話すが、「今後の経済を考えると電力不足への不安を抱えたままというのも困ると思う」と複雑な心境を打ち明けた。
 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:原発再稼働 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3785-ef2ea6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)