JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

天皇陛下、パラオ出発前にお言葉 「悲しい歴史を忘れてはならない」

2014年4月8日(水)

 各紙の報道によると、天皇陛下はパラオ慰霊の旅の前に
『お言葉』 を表明したと云う。
 一路戦争政策を邁進する安倍政権への精一杯の牽制であろう。

 毎日進軍の報道では以下の通り

皇室:両陛下、パラオへ出発 天皇陛下おことば 全文
 毎日新聞 - 2015年04月08日 東京夕刊
 

  本年は戦後70年に当たります。先の戦争では、太平洋の各地においても激しい戦闘が行われ、数知れぬ人命が失われました。祖国を守るべく戦地に赴き、帰らぬ身となった人々のことが深く偲(しの)ばれます。

 私どもはこの節目の年に当たり、戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ、パラオ共和国を訪問いたします。

 パラオ共和国は、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国と共に、第一次世界大戦まではドイツの植民地でしたが、戦後、ベルサイユ条約及び国際連盟の決定により、我が国の委任統治の下に置かれました。そしてパラオには南洋庁が置かれ、我が国から多くの人々が移住し、昭和10年ごろには、島民の数より多い5万人を超える人々が、これらの島々に住むようになりました。

 終戦の前年には、これらの地域で激しい戦闘が行われ、幾つもの島で日本軍が玉砕しました。この度訪れるペリリュー島もその一つで、この戦いにおいて日本軍は約1万人、米軍は約1700人の戦死者を出しています。太平洋に浮かぶ美しい島々で、このような悲しい歴史があったことを、私どもは決して忘れてはならないと思います。

 この度のパラオ共和国訪問が、両国間にこれまで築かれてきた友好協力関係の、更なる発展に寄与することを念願しています。私どもは、この機会に、この地域で亡くなった日米の死者を追悼するとともに、パラオの国の人々が、厳しい戦禍を体験したにもかかわらず、戦後に、慰霊碑や墓地の清掃、遺骨の収集などに尽力されてきたことに対し、大統領閣下はじめパラオ国民に、心から謝意を表したいと思っております。

 この訪問に際し、ミクロネシア連邦及びマーシャル諸島共和国の大統領ご夫妻が私どものパラオ国訪問に合わせてご来島になり、パラオ国大統領ご夫妻と共に、ペリリュー島にも同行してくださることを深く感謝しております。

 終わりに、この訪問の実現に向け、関係者の尽力を得たことに対し、深く感謝の意を表します。 



【関連記事】

戦前は南洋拠点の地=空襲で町が「火の玉」―コロール
 時事通信 - 2015年4月8日(水)18:10


両陛下パラオ到着 大統領夫妻と会見
 NHKニュース&スポーツ - 2015年4月8日(水)19:09


<両陛下>パラオ晩さん会 陛下「すべての人々を追悼」
 毎日新聞 - 2015年04月08日(水)21:17


【両陛下パラオご訪問】天皇陛下の晩餐会でのご答辞・全文
 産経新聞 - 2015年4月8日(水)21:27


「苦難の道をしのびたい」=両陛下、パラオに到着
― 晩さん会出席、巡視船に宿泊

 時事通信 - 2015年4月8日(水)23:24


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3771-fe7163b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad