JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大震災4年:県外避難者、被災時住居「戻らず」85% (毎日新聞)

2015年03月29日 (日)

 毎日新聞が、2011年秋から半年ごとに県外避難者に実施している
アンケートの最新集計結果が、今日付けの記事に掲載されています。

大震災4年:県外避難者、被災時住居「戻らず」85%
 毎日新聞 - 2015年03月29日 10時00分


 それによると、福島、宮城、岩手3県を離れて全国各地に避難している被災者が
元住んでいた居住地に 『戻らない』 または 『戻れない』 と考えていると云うことです。

 とりわけ、福島県からの県外避難者は、福島第1原発爆発事故で撒き散らされた
放射能汚染による被曝を心配しているようです。 当然の反応だと思います。

Mainichi-20150329.jpg


 福島県からの避難者に、仮に戻る場合に許容できる年間追加被ばく線量を
尋ねたところ 「ゼロ」が60%と最も多く、次いで「1ミリシーベルト未満」15%、
「5ミリシーベルト未満」2%
 だった、とのこと。
 一方で、国は「20ミリシーベルト以下」を避難指示解除の要件の一つとしており
避難者の意識と大きな隔たりがある、と解説されています。

 国の基準は余りにも高く、将来に亘る国民の生命と健康をないがしろにしています。
 
     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

大震災4年:県外避難者、被災時住居「戻らず」85%
 毎日新聞 - 2015年03月29日 10時00分
 

 (適宜改行と文字強調は引用者による)

 東日本大震災後に福島、宮城、岩手3県を離れて全国各地に避難している「県外避難者」に毎日新聞がアンケートを実施したところ、被災時に住んでいた地区に「戻らないつもりだ」もしくは「戻れないと思う」と答えた人が計85%に上った。福島からの避難者の場合は「戻らない」「戻れない」人の7割以上が、残留放射線や東京電力福島第1原発の状態を理由に挙げており、原発事故の影響が最大のネックになっている。 【坂根真理】

 毎日新聞は2011年秋から半年ごとに県外避難者アンケートを行っている。

 8回目となる今回は2月に実施し、144人(男女各72人)から回答を得た。被災時の居住地は福島120人、宮城18人、岩手6人。

 帰還意思を尋ねたところ、
「戻るつもりだ」が15%、
「戻らないつもりだ」は46%、
「戻りたいが戻れないと思う」は39%

 だった。

 「戻らない」「戻れない」理由(複数回答)は、宮城、岩手からの避難者(計20人)の場合、「戻っても仕事がない」「自宅が災害危険区域にある」が共に40%で最多だった。

 一方、福島からの避難者(102人)は
「残留放射線による被ばくが怖い」(75%)、
「福島第1原発の状態」(71%)が突出している。
次いで「被災地域のコミュニティーや経済が崩壊している」(29%)、
「自分や家族が今の居住地になじんだ」(28%)

  (複数回答) が多い。

 ◇自主避難者多い避難区域外「戻らない」5割超

 福島県からの避難者については、被災時の居住地が避難区域かどうかで帰還の意思を分析した。

現在も避難区域の人は
 51%が「戻れない」、39%が「戻らない」と答えた。


 一方で、避難区域になったことがない地区の人では
「戻らない」54%、「戻れない」32%
 と割合が逆転する。
この地区からの避難者の多くが被ばくを懸念して自主避難した人たちだ。

 福島県からの避難者に、仮に戻る場合に
許容できる年間追加被ばく線量を尋ねたところ、
「ゼロ」が60%と最も多く、次いで
「1ミリシーベルト未満」15%、
「5ミリシーベルト未満」2%だった。

22%は無回答だった。
国は「20ミリシーベルト以下」を避難指示解除の要件の一つとしており、
避難者の意識と大きな隔たりがある。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3761-aeeb0ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad