JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

福島第1原発1号炉 原子炉圧力容器に核燃料なし! 完全に地中に浸透か?!

2015年3月19日(木)

 今日は、チュニジアで日本人3名を含む23名の命が奪われるテロが行われ、
それを2倍以上うわ回る人々が重軽傷を負ったと云うニュースで持ちきり。

 亡くなられた方々の御冥福を祈ります。

 デンマークのような平和そのものの国でもテロが起こっており、
これではとても観光旅行をする気にはなりません。
 尤も、日本国内もアホバカ(AhoBaka)不安倍増首相の発言のおかげで
安全では無くなってきましたが・・・ 

     ***************

 さて、私的には今日のTopニュースは、
福島第1原発1号炉 原子炉圧力容器に核燃料なし!とのニュースです。 
原子炉格納容器を突き抜けて、完全に地中(自然環境中)に浸透したのか?!

 恐ろしい話しです。 おそらく、メルトダウンを起こした他の原子炉でも
同じような事態になっているのでしょう。

1号機「炉心に燃料なし」=宇宙線で推定、福島第1―東電
 時事通信 - 2015年3月19日(木)20:41


<福島第1原発>「透視」画像公表 大きな燃料確認されず
 毎日新聞 - 2015年3月19日(木)20:04


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

1号機「炉心に燃料なし」=宇宙線で推定、福島第1―東電
 時事通信 - 2015年3月19日(木)20:41
 

 東京電力は19日、宇宙線を使って福島第1原発1号機の原子炉内部を調査した結果、圧力容器中心部に核燃料はないと推定されると発表した。燃料は溶け落ちたとみられており、調査前から予想された結果だったが、東電は「解析と同じ結果が得られたことに意義がある。(燃料の位置を)絞り込んで検討できる」と説明している。

 東電によると、調査は宇宙線が大気に衝突した際に生じる「ミュー粒子」を利用。核燃料など密度が高い物質に当たると測定画像に黒く映るはずだが、圧力容器の中心部分は白かった。溶け落ちた燃料の位置は把握できていない。 




<福島第1原発>「透視」画像公表 大きな燃料確認されず
 毎日新聞 - 2015年3月19日(木)20:04
 

 東京電力は19日、宇宙線を利用して福島第1原発1号機の原子炉内をエックス線写真のように「透視」した画像を公表した。原子炉圧力容器内の核燃料が収められていた位置に1メートル以上の大きな燃料は確認されなかった。燃料の大部分が溶け落ちたとする東電などの計算結果が裏付けられた。

 原子炉の内部を、直接画像で確認したのは初めて。今後、格納容器下部にカメラを搭載したロボットを入れ、溶け落ちた燃料の場所などを調べる。

 調査は、宇宙から降り注ぐ宇宙線が地球の大気に当たって生じる素粒子「ミュー粒子」を利用。ミュー粒子はコンクリートなどは透過するが、核燃料のように密度の高い物質には吸収される。2月12日〜3月10日に撮影した結果、本来燃料があった場所は白っぽく写り、燃料がほとんど残っていないことが確かめられた。今回の調査では1メートル程度の大きさの燃料が検知できるという。 【斎藤有香】 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:福島第一原発 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3750-355b3ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad