JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

又また 【B787】 が事故! 福岡空港で 着陸時だったら大事故に!

2015年3月2日(月)

 世界中でで、就航前後から相次いで事故を起こしていた 『最新鋭』・【B787】 が
福岡空港で事故を起こし、離陸待ち誘導路で立ち往生。 後続機などに多大な迷惑!

 パーキングブレーキが解除できなくなり、機体を誘導路から動かせなくなったのだという。

 着陸時にパーキングブレーキが解除できなくなれば、エンジンの推力に負け、機体は
反転して大破したかも知れない。

 今回は、離陸待ち誘導路上で停止したので、『反転して大破する』大事故は避けられたが、
後続の全ての便が離陸できず、大迷惑を被ったと云う。

 また、誘導路上ではあったが、空港内に障害物が残っている状態と判断され、
各地から福岡空港を目指していた航空機が引き返したり、九州内の他の空港に
臨時着陸しなければならなかったと云う。

   【関連記事】

ANA787型機立ち往生「制御機器の不具合」
 読売新聞 - 2015年3月2日(月)18:25


滑走路を一時閉鎖=全日空機ブレーキ故障―福岡空港
 時事通信 - 2015年3月1日(日)22:05


航空トラブル:ANA機、誘導路で故障 滑走路一時閉鎖−−福岡空港
 毎日新聞 - 2015年03月02日 西部朝刊


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 
ANA787型機立ち往生「制御機器の不具合」
 読売新聞 - 2015年3月2日(月)18:25
 

 福岡空港(福岡市博多区)で1日、福岡発羽田行きの全日空264便ボーイング787型機のブレーキが解除できなくなり、滑走路が一時閉鎖されたトラブルについて、全日空は2日、ブレーキを制御するコンピューター機器の不具合が原因だったと明らかにした。

 同社によると、機器は機体に二つあるうちの一つで、ブレーキを起動させたり、解除したりする。1日の離陸前の点検では異常がなかったという。同社は、機器を交換して2日午前の羽田行きの便から同機を就航させた。

 このトラブルでは1日、福岡空港の発着便が大幅に遅れたり欠航したりしたほか、着陸予定の便が行き先を変更したりした。同空港では2日午前、羽田行きなど全日空の2便が欠航したほか、航空券の振り替えや払い戻しなどを求める客で一時、混雑した。

2015年03月02日 18時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3733-5671ee73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad