FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【STAP細胞】 “偽装” 問題 小保方さんは懲戒解雇相当 他は3名だけ軽い処分!

2015年2月10日(火) 

 STAP細胞 “偽装” 問題 で、理化学研究所が 『社内処分』 を発表したようですが、
小保方晴子さんが『懲戒解雇相当』と云う最も厳しい処分であったことと比べると
最高幹部の処分はなく、【STAP細胞】関係者の内3名だけがあまりにも軽い処分で
済ませられたようです。
 神戸新聞によると、
『発生・再生科学総合研究センター長だった竹市雅俊氏をけん責の懲戒処分、
 共著者の丹羽仁史氏を文書による厳重注意にした。
 共著者で山梨大教授の若山照彦氏は出勤停止処分相当と判断した』
   とのこと。

 理化学研究所の総責任者は、ノーベル賞学者なので、体面もあり処分できないのか?

     Obokata-Haruko_20150210Jiji.jpg
小保方氏の告訴検討=懲戒解雇相当、研究費返還請求も-STAP論文不正で理研
 時事通信 - 2015年2月10日(火) 18:05
    

 謂わば、担がれた神輿に過ぎなかった 小保方晴子さん一人に責任を押し付けた形。

 到底、納得ゆく処分とは言えません。

 尤も、小保方晴子さんも既に理化学研究所を退職している(実質解雇されている)ので
『身分』には影響しない訳ですが・・・

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

小保方氏の告訴検討=懲戒解雇相当、研究費返還請求も-STAP論文不正で理研
 時事通信 - 2015年2月10日(火) 18:05

  STAP細胞論文の不正問題で、理化学研究所は10日、関係者の処分を発表した。論文の主な著者の小保方晴子元研究員(31)は昨年12月に退職したため対象から外れたが、懲戒解雇相当との見解を示した。文部科学省で記者会見した理研の加賀屋悟広報室長は、小保方氏の告訴と研究費や検証実験の費用の返還請求を検討していることを明らかにした。

 告訴や請求の具体的内容は今後1~2カ月かけて検討する。STAP細胞関連の特許申請も論文共著者が所属する米ハーバード大と取り下げを協議しているという。

 理研の調査委員会は昨年、小保方氏による実験画像などの捏造(ねつぞう)や改ざんを認定。研究室に残されたマウスの「STAP幹細胞」は、別の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入されたとする報告書を公表した。小保方氏は混入を否定し、混入した人物は特定されていない。
 理研はまた、発生・再生科学総合研究センター(CDB、現多細胞システム形成研究センター)に勤務当時、小保方氏を指導し、調査委から責任重大と指摘された共著者の若山照彦山梨大教授(47)を出勤停止相当とし、客員研究員の委嘱を解除した。
 同様に責任重大とされたCDB副センター長の笹井芳樹氏は昨年8月に自殺したため、見解の公表を控えるという。
 一方、CDB元センター長で多細胞システム形成研究センター特別顧問の竹市雅俊氏(71)はSTAP細胞研究の機密扱いを容認したため、けん責処分とされた。竹市氏は給与の10分の1を3カ月間自主返納する。
 共著者で調査委に不正を認定されなかった丹羽仁史チームリーダー(50)は文書による厳重注意とされた。 


 
小保方氏は懲戒解雇相当
  神戸新聞 - 2015年2月10日(火) 15:05
 

 STAP細胞問題をめぐり理化学研究所は10日、論文不正が認定された小保方晴子氏を「懲戒解雇相当」と判断したと公表した。 



STAP細胞問題 他に3人の処分判断公表
  神戸新聞 - 2015年2月10日(火) 15:38
 

 理化学研究所は、発生・再生科学総合研究センター長だった竹市雅俊氏をけん責の懲戒処分、共著者の丹羽仁史氏を文書による厳重注意にした。共著者で山梨大教授の若山照彦氏は出勤停止処分相当と判断した。 



<STAP論文>主要著者、誰も実質処分受けず
 毎日新聞 - 2015年2月10日(火)21:07

  「生物学の常識を覆す成果」と発表されてから約1年。今や「世界3大研究不正」とも言われるSTAP細胞論文問題は、主要著者が誰も実質的な処分を受けない幕引きとなった。理化学研究所が10日発表した懲戒委員会の結果では、規定に基づく懲戒処分は発生・再生科学総合研究センター(CDB、当時)のトップを退いた竹市雅俊特別顧問の「けん責」のみ。一方、野依良治理事長ら役員への処分はなく、この日は姿も現さなかった。

 ◇責任追及、中途半端

 「(退職しており)本来なら処分対象ではないが、関係者の相対的な責任を評価する必要があった」

 文部科学省で処分結果を発表した理研の堤精史人事部長は、小保方(おぼかた)晴子・元研究員を「懲戒解雇相当」、若山照彦・山梨大教授を「出勤停止相当」と判断した理由を説明した。既に退職した小保方氏への具体的なペナルティーは何もない。山梨大によると、若山氏は同大の発生工学研究センター長を引責辞任する意向を示した一方、「教育と研究に全力で取り組むことで責任を全う」するとのコメントを発表、今後の研究に意欲を示した。

 研究不正の調査終了前に当事者が退職し、処分できなくなるケースは過去にも多い。昨年12月に調査の最終報告がまとまった東京大分子細胞研究室を巡る論文不正では、不正認定された教員6人全員が退職。退職金を受け取り、別の大学の教授に就いた人もいた。調査に1年3カ月かかっていた。

 職にとどまる人と退職者の間で不公平感が生じる研究不正の処分について、佐倉統(おさむ)東大教授(科学技術社会論)は「理研は、最初から全面的な調査をしなかったことや、検証実験に時間をかけた問題があった。調査を迅速化する工夫が必要だ」と指摘する。

 一方、理研はこの日、昨年10月に給与の一部自主返納を決めた野依良治理事長と理事5人の責任には触れなかった。今回の処分の根拠になる調査結果は返納決定後の昨年12月に出たものだが、加賀屋悟広報室長は「経営上の責任は既に果たしており、変更の予定はない」と説明する。研究不正に詳しい榎木英介・近畿大講師は「社会的な影響が大きかった問題であり、野依理事長が公的な形で何も処分されないことには疑問を感じる」と話す。また、理研が検討している小保方氏への研究費の返還請求も、理研広報室によると、退職者への請求方法や、対象者が返還を拒んだ場合の手続きに明確な規定はなく、研究不正の責任追及の難しさが浮かぶ。【清水健二、斎藤広子】

 ◇ES細胞混入…調査に限界

 懲戒委員会の判断が出たことで、STAP細胞論文問題に関する公的な調査や手続きは終わることになる。STAP細胞は別の万能細胞「ES細胞(胚性幹細胞)」だと、理研が設置した2度目の調査委はほぼ断定したが、10日に発表した処分ではES細胞混入問題については触れられず、混入の経緯については解明されぬままとなった。

 複数の調査委員によると、小保方氏への面会による聴取は、CDBで計3回実施された。初回は調査委設置から2カ月後の11月3日。小保方氏は、小さな声でゆっくり質問に答えたが、記憶が飛んでいる部分があったり、時折興奮して応答がなくなったりすることもあったという。このため、委員らは詰問調ではなく小保方氏が話しやすい話題を選ぶなど、「話ができるよう苦慮した」(ある委員)。

 調査委は、理研の予備的な調査で不正の可能性があると指摘された論文の内容や図表などを対象に調査を実施。小保方氏から研究データが提出されない中、聞き取りは、小保方氏のほか共著者の若山氏、丹羽仁史氏にも実施した。だが、聴取は個別だったため、それぞれの主張の食い違いを埋めることはできなかったとみられる。

 ES細胞の混入については、小保方氏をはじめ当時同じ研究室を使っていた全員に問い合わせをしたが、問題解決につながる回答はなかった。小保方氏の研究のずさんさ、研究室内の環境などから、ES細胞混入に関する調査はそれ以上進まなかったという。12月の3回目の聴取の冒頭、小保方氏は自ら、「私がES細胞を混入させたことは絶対にない」と述べた。「ではなぜ混入したのか」という問いには「それは私が一番知りたいことだ」という趣旨の返答をしたという。一方、新たに2件の図表を捏造(ねつぞう)したことは認めた。

 委員の一人は「誰が混入させたのか、結論を出せなかったのが最大の心残り」と漏らす。そして続けた。「あとは関係者に自ら語ってもらうしかない」【須田桃子】 



小保方氏の処分、研究者ら「甘過ぎる」 STAP細胞問題
 神戸新聞 - 2015年2月10日(火) 22:25
 

 「夢の万能細胞」としてSTAP細胞が華々しく登場してから1年余り。10日、小保方晴子氏(31)を「懲戒解雇相当」とした理化学研究所の処分に、理研内外の研究者からは「実際は退職しており意味がない」「他のけん責などの処分も国民には軽い、甘過ぎると受け取られるだろう」との声が出た。

 小保方氏が所属していた理研発生・再生科学総合研究センター(現多細胞システム形成研究センター、神戸市中央区)の研究員の一人は「小保方氏の退職届を受理せず懲戒解雇処分にすべきだった」と指摘。

 「STAP細胞の研究には税金が使われ、理研が小保方氏に返還を求める必要がある。論文の基になった胚性幹細胞(ES細胞)の混入も、センター内の研究員たちが疑われたままなので、誰が混入させたかはっきりさせてほしい」と訴える。

 一方、神戸市垂水区出身の上昌広・東京大医科学研究所特任教授(医療ガバナンス論)は「会見では理研の執行部の責任に触れられていなかった。野依良治理事長が自ら出席して説明すべきだった」とし、理研が検討する刑事告訴は「その可否を誰がどう判断したのか、議論の過程を社会にきちんと知らせなければ」と強調した。(金井恒幸、藤森恵一郎) 





*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3712-f7fe96e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)