FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「チャプリンの独裁者」でのチャプリンの演説−8

チャプリンの演説の続きです。

口調はますます激しく速くなります。
引続き、音楽用語で言えば
 piu cresc.
  fff
     agitato

すなわち
 さらに強く
  強く強く強く
   熱狂して

となり、演説を終わります。

***************************
Let us fight to free the world !
  To do away with national barriers !
  To do away with greed with hate and intolerance !

Let us fight for a world of reason !
  A world where science and progress
   will lead to all men’s happiness.

Soldiers, in the name of democracy,

  Let us all unite !
***************************
(このフレーズでは、最後に「民主主義の名のもとに団結しよう!」
ともう一度訴えて演説を終わります。
 これに続いてハンナへの呼びかけが行なわれます。次回掲載)

世界を解放する為に闘おう!
 民族の垣根を取り除いて!
 憎しみと偏狭からくる貪欲さを取り除いて!

理念のある世界のために闘おう!
 科学や発展が
  人びとの幸福に繋がる世界を。

兵士諸君、民主主義の名のもとに
  団結せよ!


(兵士たちの大きな喚声と拍手)

***************************

「チャプリンの独裁者」でのチャプリンの演説−8
このシリーズを最初から読む
第7回へ    第9回へ

************************************************
最後まで御覧頂きありがとうございました。
ついでにワン・クリックしていただければ嬉しいです。

************************************************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございました

いつも丁寧なご返答、ありがとうございます。
私も教育者のはしくれとして、子どもたちを再び戦場へ送らないためにも、チャップリンのこの演説等、機会あるごとに、子どもたちに伝えたいと常々考えています。
JUNSKYさん、憲法を護る運動、ともにがんばりましょう!

  • 2007/11/17(土) 08:21:25 |
  • URL |
  • まあちゃん #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

To do away with

まあちゃん さま

また、ご指摘頂きありがとうございます。
確かにそうですね。
了解です。

映画の中の口語なので、文法的には解りませんが、
並立だと文法的には本来
To do away with greed(,) with hate and intolerance!
のようにコンマ(,)が必要かも知れません。
それで、with hate and intoleranceは、greedに掛っていると解釈いたしました。

  • 2007/11/15(木) 00:18:05 |
  • URL |
  • JUNSKY(開設者) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

第1段落3行目です。

To do away with national barriers !
To do away with greed with hate and intolerance!

"To do away with greed (, to do away) with hate and intolerance!"

だと考えています。

「国境などない、そして貪欲、憎しみ、偏狭などない世界のために闘おう!」

To do away with ...
To do away with ...
(To do away) with ... と、たたみかけるようにつないだ言葉ではないでしょうか。



  • 2007/11/14(水) 20:24:32 |
  • URL |
  • まあちゃん #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/363-38fd9d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)