FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【鹿児島薩摩川内原発再稼働反対の声をあげよう !】 九電本店前ひろば・テント行動

2014年10月29日(水)

九電本店前ひろば・テント行動


川内原発、再稼働同意 地元市長と市議会
 くまにち.com − 2014年10月28日(火)
 

 九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市議会は28日、原発の再稼働の賛否に関する陳情を採決する臨時議会を開き、容認する陳情を賛成多数で採択した。これを受け、岩切秀雄市長も同意した。原発の新規制基準施行後、地元自治体が初めて再稼働に同意したことになる。

 臨時議会では再稼働の判断前に東京電力福島第1原発事故の現場を視察すべきだとした陳情を反対多数で不採択とした。また再稼働に反対する陳情10件も反対多数で不採択とした。この後、再稼働に賛成する陳情の審議に入った。(共同)



川内再稼働に市長も同意 「事故責任、国が負うべき」
 くまにち.com − 2014年10月28日(火)

 九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は28日、市議会の臨時議会後の全員協議会で「国の責任の下で再稼働することを立地自治体として理解する」とし、再稼働に事実上同意を表明した。

 その後の記者会見で「日本の経済発展で国が責任を持って再稼働させられる原発は動かしてほしい」と強調。ただ将来的には廃炉が必要との認識も示し、「原発に依存していては日本が成り立たなくなる。次世代エネルギーの研究も進めないといけない」と語った。

 川内原発で重大事故が起きた際の責任には「一義的には電力事業者だが、最終的には国が負うべきだ」と述べた。(共同)



川内原発:薩摩川内市が再稼働同意 市対応に強い疑問
 NGOが緊急声明「民意なき地元同意」

 毎日新聞 − 2014年10月29日
 

 薩摩川内市が、九電川内原発の再稼働に同意したのを受け、国際環境NGO「FoE Japan」は28日、「民意なき地元同意は許されない」とする緊急声明を発表した。

 声明文は、原発を動かすべきではない理由として、▽民意をくみ取る場がない▽地元同意の範囲が不十分▽避難計画は被ばくを前提としている▽福島原発事故は収束していない−−などと指摘。「今再稼働させねばならない理由は見当たらない」と判断を急ぐ薩摩川内市の対応に強い疑問を投げかけている。

 満田夏花理事は「避難計画など問題が山積している」とした上で、県議会には「民意を聞く公聴会を開催するなどしっかりと議論してほしい」と強く求めた。【杣谷健太】



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3599-16337ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)