JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

防犯?監視カメラ映像を過信した誤認逮捕が相次ぐ(NHKクローズアップ現代)

2014年10月14日(火)

 今日の【NHKクローズアップ現代】 では、監視カメラの不確かな画像から
身に覚えのない冤罪で逮捕された人々が急増していることを取り上げていた。

 真正面からこの問題を取り上げたことは評価したい。

防犯カメラの落とし穴 〜相次ぐ誤認逮捕〜
 【NHKクローズアップ現代】− 2014年10月14日(火)放送


 しかし、この番組でも「監視カメラのおかげで神戸の事件の容疑者が逮捕された」
と、監視カメラの効用を述べている部分もあり、片手落ちの感じがする。

 この問題を取り上げるなら、少なくとも容疑者は黙秘していることは明確に
するべきであったが、犯人扱いであったことは残念。

 この番組では、既に他の証拠が見つかって裁判で無罪が確定したり、
捜査ミスを認めて7日目に釈放された女性などが登場して誤認逮捕の瞬間を
説明していた。

 捜査員は地道な捜査を行わずに監視カメラに頼りがちになっていることが
専門家によって指摘されていた。

 確かに、この処の「警察ドラマ」でも、事件発覚後まず監視カメラを捜査する
ことが当たり前のように描かれ、その画像に疑問を挟むことは少ない。

 これらのドラマが、警察の杜撰さを皮肉っているのか、警察の最先端の
『科学捜査』として肯定的に扱っているのかは、良く見ないと解らないが・・・

 神戸の事件を扱った下記の記事は、報道機関の警察の捜査に対するスタンスを
示すものとして掲載したもので、当ブログがこれらの記事を肯定している
ものではない!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


防犯カメラの落とし穴 〜相次ぐ誤認逮捕〜
 【NHKクローズアップ現代】− 2014年10月14日(火)放送
 

 犯罪捜査の決定的証拠として欠かせなくなった防犯カメラ。しかし今、カメラの映像をきっかけにした「誤認逮捕」が相次いでいる。
 2011年以降、10件近くにおよび、その多くはコンビニエンスストアや、ガソリンスタンドなど誰もが普通に訪れる場所で発生している。
 防犯カメラは“決定的瞬間”を押さえたとして、強力な証拠になりやすく、DNA鑑定とともに今や、捜査に欠かせないものとなっている。しかし、捜査員に強い先入観をもたらし、裏付け捜査を十分に行わずに逮捕するというケースが出ている。
 なぜ防犯カメラによる誤認逮捕が起きるのか、その実態と背景に迫るとともに、防犯カメラ先進国アメリカでとられている対策を取材し、捜査のあり方を考える。

  出演者:諸澤 英道 さん(常磐大学大学院教授)



<神戸女児殺害>再逮捕も表情に変化なし 接見の弁護士
 毎日新聞 − 2014年10月14日(火)19:48
 

 神戸市長田区で市立名倉小1年、生田美玲(みれい)さん(6)の遺体が見つかった事件で、兵庫県警は14日、死体遺棄容疑で逮捕した無職、君野康弘容疑者(47)を女児殺害にも関与したとして殺人容疑で再逮捕した。連日、接見している増田正幸弁護士(兵庫県弁護士会)らによると、君野容疑者は事件について「しゃべりません」と黙秘を続けている。「本人の意思を最大限尊重する」として弁護士から事件には触れず、取り調べの様子を記録する「被疑者ノート」を差し入れたが、聴取時間が記載されている程度。同日には再逮捕されたことを説明したが、表情に変化はなかったという。

 増田弁護士によると、君野容疑者は留置環境について「四六時中監視されているのはしんどい」と漏らし、最近は「耳が痛い」と話しているという。取り調べは録音・録画され、「『黙秘する』と言っても矢継ぎ早に質問をかぶせてくる」と疲れた様子を見せることもあるという。

 増田弁護士は今月9日、衣類と漫画雑誌1冊を初めて差し入れた。君野容疑者は「ありがとうございます」と応じたという。【後藤豪】 



神戸女児遺棄事件、47歳男を殺人容疑で再逮捕 兵庫県警
 (神戸新聞) - 2014年10月14日(火)16:21
 

 神戸市長田区で市立名倉小1年、生田美玲さん(6)の遺体が見つかった事件で、兵庫県警長田署捜査本部は14日、殺人の疑いで同区長田天神町1、無職君野康弘容疑者(47)=死体遺棄容疑で逮捕=を再逮捕した。同容疑者は殺人容疑についても認否を明らかにせず、依然として黙秘しているという。

 逮捕容疑は、9月11日午後3時20分から同月中旬までの間、自宅アパート室内もしくはその周辺で、何らかの方法で女児を殺害した疑い。県警によると、君野容疑者は「黙秘します」と供述しているという。

 (中略:兵庫県警記者発表事項の受け売り部分)

 君野容疑者は9月24日、死体遺棄容疑で逮捕された。弁護士によると、雑談には応じているが、一貫して黙秘しているという。

 神戸地検は10月14日、死体遺棄容疑について処分保留とした。


【神戸・小1女児遺棄事件】 神戸市長田区の市立名倉小1年の女児(6)が9月11日午後、下校後に行方不明になり、兵庫県警が12日、公開捜査を開始。23日にビニール袋に入った切断遺体が見つかり、24日に女児と確認された。袋には診察券や、唾液が付着したたばこの吸い殻が入っており、県警は同日、死体遺棄容疑で無職君野康弘容疑者(47)を逮捕。家宅捜索と現場検証で、たんすの中から女児のものとみられるリュックサックを押収。浴室などで女児の血液が確認され、浴槽下の隙間から包丁が見つかった。



神戸女児遺棄 47歳男、殺人容疑で再逮捕も「黙秘します」
 (産経新聞) - 2014年10月14日(火)17:43



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3584-ee2fa78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad