JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

御嶽山噴火 4人死亡、27人が心肺停止 (時事通信 - 2014年9月28日 23:57)

2014年9月28日(日)

 きのう、このブログで引用した時点では、犠牲者は一人との情報であり、
その情報も未確認情報であったとして、公式には死者は出ていなかったのですが、
先ほど(9月28日(日)23:57)の時事通信情報によると、御嶽山・山頂付近で
4人死亡、27人が心肺停止と云う悲惨な事態に陥っているとのこと。

  きのうの当ブログ記事見出し
御嶽山噴火 登山者27人がけが、内10人が重傷(午後10時現在)とのこと
 JUNSKY blog 2014 − 2014年9月27日(土) 23:42


 昨日の「登山者27人がけが」が、きょうは「27人が心肺停止」に

 ご冥福をお祈り致します。

 そして、この災害の経験が人間に知らせたのは、『安定』しているように見える
山や海も、予告なく『安定』が崩れ、人々を死地に追いやると云うことです。

 川内原発の審査で「桜島の大規模噴火は、原発稼働中には有り得ない」等という
自然に畏敬を払わない考え方は、東日本大震災での世界い最大・最悪の原発事故の
経験を全く無視し反故にしてしまうものです。

 御嶽山噴火は、桜島はもとより、現在見かけは休眠中の火山の地底深くでは、
次の大噴火を『準備しつつある』ことを人間に警告しているのです。 


4人死亡、27人が心肺停止=山頂付近で見つかる―避難者は全員下山・御嶽山噴火
 (時事通信) - 2014年9月28日(日)23:57
 

 
4人死亡、27人が心肺停止
(時事通信)
 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警は28日、山頂付近で心肺停止状態だった31人を発見した。このうち4人を麓に運んだが、死亡が確認された。県警などは、二次災害の恐れから、同日午後2時すぎ、この日の救助活動を打ち切った。29日朝、残る27人の救出を再開するとともに、他に巻き込まれた登山者らがいないかの確認を進める。

 県警によると、死亡した4人はいずれも男性で、うち浅井佑介さん(23)=名古屋市中村区亀島=、三浦勇さん(45)=岐阜市次木=の身元を確認した。

 山小屋などに避難していた登山者らは全員、救助されたか自力で下山した。ただ、長野県側の下山者のうち30人が重軽傷を負い、岐阜県側でも10人が重軽傷という。

 気象庁によると、御嶽山は28日午後も噴火が続いており、上空約300メートルに達する噴煙が確認された。政府は同日、災害対策基本法に基づく対策本部を設置。首相官邸は官邸連絡室を対策室に格上げした。  



御嶽山噴火:4人死亡、27人心肺停止…山頂付近で発見
 毎日新聞 − 2014年09月28日 23時05分
 

 長野、岐阜県境にある御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、長野県警は28日、山頂付近の登山道周辺で登山者ら31人が倒れており、ふもとの木曽町に運んだ男性4人の死亡を確認したと発表した。他の27人は心肺停止の状態だが、噴火に伴う有毒ガスの影響で同日中の搬送は断念した。火山災害で犠牲者が出たのは、1991年と93年の火砕流で計44人が死亡・行方不明となった長崎県の雲仙普賢岳(1359メートル)災害以来。

 警察や自衛隊、消防などは28日早朝から、計約500人の態勢で救助活動を開始。救助活動には自衛隊の化学防護隊も参加し、ガスを検知しながら実施した。

 陸上自衛隊松本駐屯地によると、9合目以上の場所で、火山灰の中に倒れている人を目視で10人以上確認した。噴煙や険しい地形で近づけなかったが、いずれも動く気配はなかったという。王滝頂上山荘や剣ケ峰周辺では灰が50センチ近く積もっており、灰に埋もれた人もいたという。

 長野、岐阜両県警によると、負傷者は計40人で、ヘリコプターで搬送される人も相次いだ。長野県側では30人が病院に運ばれ、うち10人が重傷とみられる。岐阜県側では10人のうち2人が骨折の重傷。長野県警などは29日も取り残されている人がいないか確認作業を続ける方針。岐阜側での救出活動は完了した。

 御嶽山の噴火は2007年以来7年ぶり。気象庁は噴火時間を1分早い27日午前11時52分と修正した。週末に合わせ、御嶽山の山頂付近は約250人の登山者でにぎわっていたとされる。長野県や岐阜県警によると、28日までに長野側に計136人、岐阜側に計52人が自力で下山した。

 国土交通省は28日午前、御嶽山の上空をヘリコプターから調査し、火山灰が東へ約5キロ以上飛散していることを確認した。噴火口は山頂南西側に3カ所あり、うち東側の1カ所から火山灰の噴出が続いているという。同省国土技術政策総合研究所の国友優・土砂災害研究室長は「通常の雨量なら、住宅などに被害が出る土石流が起きる可能性は低い」との見解を示した。
 毎日新聞 【福富智、川辺和将、巽賢司、三上剛輝】 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3567-05fc16ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad