JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

危機が進行しているのにゴルフをしていても万全だと云うなら安部総理は無用の存在だ!

2014年8月22日(金)

 おとといの未明に広島市安佐北区・安佐南区で大規模な災害が起こった際、
安倍総理は、そのニュースを知りながら、午前8時頃から静養中の山梨県で
茂木経済産業相らとゴルフのプレーを始めたのだと云う。

災害一報後も1時間ゴルフ=野党、安倍首相対応を批判
 (時事通信)− 2014年8月20日(水)18:20


 そして約1時間後にゴルフを中断し、首相官邸に戻ったとのこと。

 しかし、官邸で『アリバイ作り』的な『指示』を形ばかりしたあと、
再び山梨県の別荘に戻り、『夏休み』の『静養』を続けたと云う。

首相、再び別荘入り=災害対応中に静養
 (時事通信)− 2014年8月20日(水)20:38


 『日頃から「国民の生命を守る」と繰り返す首相』の対応として如何な物か?
と、マスメディアも疑問を呈している。

 一方、政権側は、古屋圭司防災担当相の記者団に語った話では
「全く批判は当たらない。常に首相にも報告をしながら対応している」
 と反論したとのこと。

野党の批判、全く当たらず=災害発生後の安倍首相ゴルフ―古屋防災相
 (時事通信)− 2014年8月21日(木)18:15
 

 しかし、緊急事態が起こって危機が進行しているのに、
『総理が居なくても、対策には万全を期しているから問題ない』
 と居直るのなら、安倍総理は居なくても良いと云うことの証明である。
 そんなことなら、離島防衛を声高に叫ぶ安倍総理は、戦争が起こっても
ゴルフを続けていても『問題ない』と云う話になるではないか!

 尤も、安倍総理が陣頭指揮したら、被害はもっと少なくなったか?
行方不明者の発見が早くなったか?と云えば、そう云う訳でもなかろう。

 実際には総理大臣は無力であることは確かだ!
 だからといって、最前線や対策本部に居なくても電話対応できるから大丈夫!
と云う訳には行かないのではないだろうか?
 
     ******************

 一方では、天皇・皇后ご夫妻は、全ての静養日程をいち早く取りやめ、
皇太子一家も22日からの静養日程を事前に取りやめたと云う。

両陛下、静養全日程お取りやめ 広島土砂崩れで
 (産経新聞)− 2014年8月21日(木)13:23


皇太子ご一家も静養取りやめ=広島の豪雨災害受け
 (時事通信)− 2014年8月21日(木)18:04


 国民に範を示すと云うことは、こういうことではないだろうか?
天皇一家が静養を取りやめたからと言って、災害の規模が縮小する訳でもないし
行方不明者が無事発見される保証になる訳でもない。
 しかし、天皇一家は事前に静養日程を取りやめることによって被災者に
想いを寄せたのである。
 安倍総理が、国民のことは無関心と云う態度とは対照的である。


 安倍総理が、静養を取りやめにしたのは、天皇一家が静養を中止した後のこと。
右翼・天皇崇拝者?として、これに倣った! と云う訳?

広島災害 首相、休養切り上げ 別荘戻った対応、野党批判
 (産経新聞)− 2014年8月22日(金)07:59


 一連の安倍総理の行動に対して、マスメディアや野党側そして国民から
批判の声が上がっている。

災害発生知った後ゴルフ始めた首相…民主問題視
 (読売新聞)− 2014年8月22日(金)21:02



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

   以下は、日刊スポーツ 本日(8月22日)付けより










   こちらは、毎日新聞 本日(8月22日)付けより



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

災害一報後も1時間ゴルフ=野党、安倍首相対応を批判
 (時事通信)− 2014年8月20日(水)18:20
 

 広島市での大規模な土砂災害発生を受け、安倍晋三首相は20日、静養先の山梨県でのゴルフを中断し、首相官邸に急行した。日頃から「国民の生命を守る」と繰り返す首相は救命救助に当たる自衛隊の増派を速やかに指示したが、滞在先で災害の一報を受けながらもゴルフを開始し、約1時間続けたことに野党からは「政権の緩み」(大畠章宏民主党幹事長)との批判が出ている。 



首相、再び別荘入り=災害対応中に静養
 (時事通信)− 2014年8月20日(水)20:38
 

 安倍晋三首相は20日夜、静養先の山梨県鳴沢村の別荘に戻った。広島市で起きた大規模な土砂災害の現場ではまだ行方不明者の捜索が続いており、天候によってはさらなる災害発生の恐れもある。発生の一報後もゴルフを続けたことに加え、対応の指揮を執るべき首相が東京を離れ再び静養に入ったことに批判の声が上がる可能性もある。

 首相は別荘に向かう前に、東京・永田町の首相公邸で、西村泰彦内閣危機管理監らから土砂災害の状況報告を受け、引き続き行方不明者の捜索と救助に全力を挙げるよう指示した。  



野党の批判、全く当たらず=災害発生後の安倍首相ゴルフ―古屋防災相
 (時事通信)− 2014年8月21日(木)18:15
 

 古屋圭司防災担当相は21日午後、広島市の土砂災害発生後も安倍晋三首相がゴルフを続けたことを野党が批判していることについて、「全く批判は当たらない。常に首相にも報告をしながら対応している」と反論した。首相官邸で記者団に語った。

 また、首相が20日に再び山梨県の別荘に戻ったことについては、「現実に支障は一つも起きていない。常に首相に報告をしながら対応している」と述べ、問題はないとの認識を示した。  

 

両陛下、静養全日程お取りやめ 広島土砂崩れで
 (産経新聞)− 2014年8月21日(木)13:23
 

 宮内庁は21日、広島県で発生した土砂災害で多くの犠牲者が出ていることを受け、天皇、皇后両陛下が22〜29日に予定していた長野、群馬両県での静養について、全日程を取りやめられると発表した。

 宮内庁によると、両陛下は、被害状況を心配し、行方不明者の安否を気遣われているという。

 両陛下は27日まで長野・軽井沢に滞在、群馬県草津町に移り、29日に帰京される予定だった。宮内庁は20日、軽井沢での予定の一部取りやめを発表していたが、被害が拡大していることから全日程を取りやめられた。 



皇太子ご一家も静養取りやめ=広島の豪雨災害受け
 (時事通信)− 2014年8月21日(木)18:04
 

 宮内庁は21日、広島市での豪雨災害を受け、皇太子ご一家が22日から9月3日まで予定していた那須御用邸付属邸(栃木県那須町)での静養を取りやめられると発表した。

 同庁によると、皇太子ご夫妻は大雨による災害で大きな被害が出ていることに心を痛めているという。天皇、皇后両陛下も22日から予定していた長野県軽井沢町などでの静養を取りやめている。  



広島災害 首相、休養切り上げ 別荘戻った対応、野党批判
 (産経新聞)− 2014年8月22日(金)07:59
 

 安倍晋三首相は21日、広島市の土砂災害による被害拡大を受け、今週末まで予定していた山梨県鳴沢村の別荘での休養を切り上げ、都内に戻った。

 首相は土砂災害が発生した20日、森喜朗元首相らとのゴルフを途中で中止して山梨から官邸入りし、被害状況の報告を受けて関係省庁に指示を出すと、夜には別荘に戻った。首相周辺によると、別荘に戻ったのは放置したままの荷物を整理するための「帰京の準備」が必要だったという。

 21日は、宮内庁で天皇、皇后両陛下が22日から予定されていた静養を取りやめられたとの発表があった。首相が別荘を出発したのはその後だった。

 古屋圭司防災担当相は21日、官邸で記者団に対し、首相が別荘に戻ったことに関し「連携を取りながら対応している。何の問題もない」と述べた。首相がゴルフをしたことについては「死者が出たことがはっきりした時点で、官邸に帰る支度をしている。批判は当たらない」と強調した。公明党の山口那津男代表も記者会見で「ゴルフを中止して官邸に戻り、しかるべき指示を出した。取り立てて非難するには当たらない」と述べた。

 これに対し、民主党の海江田万里代表は、首相が別荘に戻ったことについて「びっくりした。こういうときだからこそ官邸に詰めて情報収集に当たるべきだ」とし、社民党の又市征治幹事長は「とんでもない判断だ」と批判した。 



災害発生知った後ゴルフ始めた首相…民主問題視
 (読売新聞)− 2014年8月22日(金)21:02
 

 広島市を襲った豪雨に伴う土砂災害の甚大な被害が判明するにつれ、安倍首相がとった対応を巡り野党各党が批判を強めている。

 一方、官邸側は、問題はなかったとの認識だ。

 民主党の海江田代表は22日、徳島県那賀町で記者団に「首相は官邸に詰め、陣頭指揮にあたるべきだった」と述べ、政府の危機管理対応を批判した。

 同党が問題視しているのは、首相が災害発生を知った後、いったんゴルフを始めたことだ。20日未明の災害発生当時、山梨県鳴沢村の別荘にいた首相は対応を指示した上で、午前8時頃から森喜朗元首相、茂木経済産業相らとゴルフを始め、その後中止して東京に向かった。民主党の大畠幹事長は22日、広島市で、「(対応を)指示すれば、ゴルフに興じていいということにならない」と批判した。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3530-311b902b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad