JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

集団的自衛権拡大 早速オーストラリアとも共同軍事演習開始!?

2014年7月8日(火)

 安倍首相と、オーストラリアのアボット首相は8日、
自衛隊と豪州軍による共同訓練・災害支援の強化で合意した。

 『集団的自衛権』を一方的で勝手な『憲法解釈変更』で、『公認』し、
『武力行使・新3要件』に基づいて、武器を用いて人殺しに加担する
ことを決めて1週間もしない内に、オーストラリアと合同軍事演習を
行うことを取り決めたらしい。

 地域紛争解決に軍事的対応を優先させる動きである。



中国の海洋進出念頭、日豪首脳が日米豪連携確認
 (読売新聞) - 2014年7月8日(火)20:27
 

 【キャンベラ=山本貴徳】
 安倍首相は8日、オーストラリアのアボット首相とキャンベラ市の豪議会で会談し、経済連携協定(EPA)で2国間の貿易投資を拡大させることや、自衛隊と豪州軍による共同訓練・災害支援の強化で合意した。

 会談後、両首脳は日豪EPAと防衛装備品の共同開発に関する協定に署名した。両首脳は緊密な日豪両国を「特別な関係」と強調した。

 両首脳は会談後、「21世紀のための特別な戦略的パートナーシップ」と題する共同声明も発表。声明は、日豪の首脳が今後、年に1回交互訪問することを明記した。自衛隊と豪州軍による共同訓練をスムーズに行うための協定に向けて交渉を始めることも決めた。

 安倍首相は会談で、集団的自衛権の行使を限定容認する新たな政府見解を踏まえ、安全保障法制の整備を進める考えを説明した。アボット首相は「日本は模範的な国際市民であり、今日の行動で判断されるべきだ」として支持を表明した。両首脳はアジア太平洋地域の安定にとって、日米豪3か国の連携が不可欠であることも確認し、中国の海洋進出を念頭に、東シナ海と南シナ海の現状を変更するいかなる試みにも反対するとの立場で一致した。

 安倍首相は会談後の共同記者会見で、日豪EPAについて「両国の緊密化にとって歴史的意義がある」と述べた。両首脳は、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の早期妥結に向けて連携することで一致した。

 日豪両国は今後、EPAの批准手続きを進め、早期発効を目指す。発効後、豪州産牛肉の関税率(現行は38・5%)は、外食産業向けの冷凍牛肉で18年かけて19・5%、店頭向けの冷蔵牛肉では15年かけて23・5%に下がる。豪州が輸入する日本車の関税は発効後、主力の中型車などで即時撤廃される。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3485-7856d7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad