JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大企業の税金をおおまけにまけてやる(大減税)ための『恒久財源』とは!?

2014年6月25日(水)

 安倍政権は、史上最高の純利益を上げ、内部留保をシコタマ溜め込んでいる
大企業の法人税率を現在の6割程度となる20%まで減税することを公言している。

 そして、そのための『恒久財源』を確保すると大言壮語しているが、その実態は
消費税の一層の値上げ(税率UP)と中小企業への『課税強化』や『優遇税政廃止』
だとのこと。



 まずは、大企業の内部留保に強い累進税性で課税するのが本筋ではないか?

 大企業が上げている史上空前のボロ儲けは、労働者の非正規化と使い捨て
そして中小企業への過酷な原価低減(コストダウン攻撃)によって裏付けられた
ものである。

 その上、大企業が上げた収益が、政府の云う『トリクルダウン効果』で
中小企業や労働者に漏れてくるのはまだ先の先(漏れてこないのが実際の処)
だと言うのに、それより先に消費税を増税し、来年また増税し、中小企業増税
という形で、相対的に弱い処から収奪するのには素早い対応である。

 不安定雇用を抜本的に是正し、中小企業が適正利益を上げられる構造にする
政策は何も為さないままで、大企業にだけは減税を率先垂範するとは!

 自動車産業も電気製品産業も重機械産業も「戦争遂行」に無くてはならない
産業である。 まさに安倍政権は戦争への 「不安倍増」政権であることが
益々具体的な形で明らかになってきた!




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3470-cb43b267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad