FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

典型的なトカゲノの尻尾切り! センターの解体と女性研究者の厳しい処分を要求!

2014年6月13日(金)

 まずは、本日付け【毎日新聞】1面TOP記事より。

 「トカゲノの尻尾切り」と書いたのは、小保方さんのことではなくて、
理研・発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の解体のこと。

 小保方さんは、「尻尾の先」程度の現場研究者であって、リーダーと
なっていたのは、理研のマスコミ宣伝戦略によるものだったことは明らか。

 その小保方さんに責任の大半を押し付けて、厳しい処分を要求した
『改革委員会』の岸輝雄委員長は東京大学閥。 東西の対立図式も見える。



万能細胞:STAP論文問題 理研再生研の解体提言 改革委「関係者処分を」
 (毎日新聞)− 2014年06月13日 東京朝刊


万能細胞:STAP論文問題 理研組織を酷評 改革委、構造的欠陥やり玉
 (毎日新聞)− 2014年06月13日 東京朝刊


万能細胞:STAP論文問題 理研改革委提言(要旨)
 (毎日新聞)− 2014年06月13日 東京朝刊


     ****************

     以下は、【西日本新聞】記事より。









     ****************


万能細胞:STAP論文問題 理研再生研の解体提言 改革委「関係者処分を」
 (毎日新聞)− 2014年06月13日 東京朝刊
 

 「STAP細胞」の論文不正問題を受け、理化学研究所が設置した外部識者による改革委員会(岸輝雄委員長)は12日、論文作成の舞台となった発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の解体など、理研の大幅改革を盛り込んだ再発防止の提言書を発表した。不正が起きた背景を「一研究者だけの問題ではなく、組織の構造的な欠陥があった」と分析し、CDBトップや理研本部(埼玉県和光市)の理事の交代に加え、著者や関係者に「厳しい処分」を求める内容となった。理研の改革推進本部(本部長・野依良治理事長)はこれを受け、近く改革方針をまとめる。(5面に提言要旨、社会面に関連記事)

 提言書は、CDBにiPS細胞(人工多能性幹細胞)を超える画期的な成果を獲得したいとの動機があり、それが不正を認定された小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダーの通常の手順を省いた異例の採用や、拙速な論文作成につながったと指摘。CDBに「研究不正を誘発する、あるいは抑止できない構造的欠陥があった」と断じた。小保方氏には「研究者としての資質に重大な疑義がある」として「極めて厳しい処分」を求め、CDBの竹市雅俊・センター長、共著者の笹井芳樹・副センター長ら幹部の処分と交代を盛り込んだ。

 また、改革案として「人事異動などの通常の方法では欠陥の除去は困難」として、CDBの早急な解体を要求。理研全体もデータ管理や研究不正への認識が希薄だったとして、コンプライアンス担当理事と研究担当理事の交代、不正対応などを担う「研究公正推進本部」の新設を提案した。また、CDB解体後、新組織を作る場合は、研究分野や体制を再構築するよう求めた。

 STAP細胞の検証実験の監督や論文の徹底した検証、改革の実施状況を監視する、外部委員による「調査・改革監視委員会」の設置も提言した。岸委員長は記者会見で「CDB解体は今年中にやらないと。新組織も来年度にスタートすべきだ」と注文した。
     【須田桃子、畠山哲郎】 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3457-4b83c3c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)