JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

猪瀬直樹は略式起訴で罰金50万円  渡辺喜美『みんなの党』代表 も同じ構造!

2014年3月28日(金)

 元・東京都知事の猪瀬直樹は、略式起訴で、罰金50万円の微罪で決着!

 最初は選挙資金ではないと言っていたのに、検察の追究で一転認めたとのこと。

 微罪に終わったのは、何らかの『司法取引』 でもやったのかも知れない。

徳洲会5000万円:猪瀬前知事に罰金50万円 東京簡裁
 (毎日新聞)- 2014年3月28日(金)16:25


 一方で、『みんなの党』 渡辺喜美氏への振興化粧品会社『DHC』会長からの資金提供も
「渡辺氏は選挙資金では無い」と妄語しているが、猪瀬氏の言い分と殆ど同じ!

 おそらく、渡辺喜美も次々と言い逃れの根拠が崩れ、追い込まれて行くだろう。

「選挙に必要」示すメールが存在=渡辺氏の説明は「虚偽」―DHC会長
 (時事通信)− 2014年3月28日(金)15:41


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

徳洲会5000万円:猪瀬前知事に罰金50万円 東京簡裁
 (毎日新聞)- 2014年3月28日(金)16:25
 

 東京都の猪瀬直樹前知事(67)が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題で、東京地検特捜部は28日、前知事を公職選挙法違反(収支報告書の虚偽記載)で略式起訴した。東京簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。

 特捜部は、5000万円が実際に選挙費用として使われた形跡がなく、知事を辞職していることなども踏まえ罰金刑が相当と判断した。

 起訴状によると、猪瀬氏は2012年12月の都知事選で、選挙資金としてグループ創設者の徳田虎雄前理事長(76)から、次男の徳田毅前衆院議員(42)を介して借りた5000万円を選挙運動費用収支報告書に記載せず、虚偽の報告書を都選管に提出したとしている。

 前知事は昨年12月の都議会で「個人的な借り入れ」と主張。選挙資金ではないとの見解を示していたが、「資金が足りなくなったら選挙に使うつもりだった」などと起訴内容を認めたという。



     **********************

DHC会長:「みんな・渡辺代表に8億円」2回の選挙前に
 (毎日新聞)- 2014年3月25日(火)22:32
 

 



 みんなの渡辺代表、「資産報告書を訂正する」 違法性の認識は否定
 (産経新聞)- 2014年3月27日(木)17:29
 

 みんなの党の渡辺喜美代表は27日、化粧品販売会社ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長から計8億円を借り入れたとされる問題について、3億円と5億円の2度にわたり借り入れた事実を認めた上で「お騒がせしたことは深くおわびする」と陳謝した。国会内で記者団の取材に応じた。

 渡辺氏は、資産報告書に記載した借入金額と借入金残高が食い違うことに関して「事務的ミスで、訂正したい」と述べるとともに、「違法性の認識は全く持っていない」と語った。

 渡辺氏は26日に発表した談話で「個人として借りた」としていた。政治活動や選挙運動に借入金を使っていれば、政治資金規正法や公選法に抵触する可能性もあるが、渡辺氏は選挙資金としての借り入れでないことを強調した。



渡辺氏は政倫審で弁明を=8億円借り入れ問題―与野党
 (時事通信) - 2014年3月27日(木)21:49


渡辺氏「違法性ない」=代表辞任を否定―8億円借り入れ
 (時事通信)− 2014年3月27日(木)20:33

 みんなの党の渡辺喜美代表は27日、化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長からの借入金問題について国会内で記者会見し、計8億円を借り入れたことを認め、「純粋に個人として借りた。選挙資金として借りたわけではない。違法性の認識を持っていない」と強調した。その上で「きちんと説明するのが私の責任だ」と述べ、代表辞任を否定した。

 渡辺氏によると、吉田氏から渡辺氏個人の銀行口座に、2010年の参院選直前に3億円、12年の衆院選直前に5億円の振り込みを受けた。渡辺氏は「個人で使い、手元には残っていない」と説明。使途に関しては「政治資金を使うにはふさわしくない支出もある」と会議費や交通費、旅費に充てたことは認めたが、詳細は明かさなかった。



渡辺みんなの党代表:「使い道は会議費…」選挙資金を否定
 (毎日新聞)- 2014年3月27日(木)21:49


「選挙に必要」示すメールが存在=渡辺氏の説明は「虚偽」―DHC会長
 (時事通信)− 2014年3月28日(金)15:41
 

 化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長は28日、時事通信のインタビューに応じ、みんなの党の渡辺喜美代表への計8億円の貸し付けに関し、2012年の衆院選に絡めて「5億円が必要」と記した渡辺氏からの同年11月の携帯メールが残っていることを明らかにした。

 また、渡辺氏が27日の記者会見で「選挙資金として借りたのではない」と説明したことについて、「彼が言っていることは虚偽だ」と述べ、あくまで選挙支援の目的で貸したと強調した。

 渡辺氏の進退については「党首なり国会議員を辞めて、出直してほしい」と語った。



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3376-82cfc721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad