JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

宇都宮けんじさん当選のために 『つぶやき』 も頑張りましょう! + 外国特派員協会主催記者会見


2014年1月30日(木)


 Twitter上の『つぶやき』の数が、勝敗を決める訳ではありませんが、
参議院選挙では、得票傾向との相関が有ったとも言います。

 この毎日新聞 写メを見てください。



 『#原発』では、細川との相関が、#宇都宮 さんの二倍ほども有ります。
尤も、その細川の分には、私が 『つぶやいて』 いるような批判的ツイート
も相当数含まれていることとは思いますが・・・

 #宇都宮けんじ さんを押し出すための 政策紹介と応援の
【つぶやき】 と 【リツィート】 を 『#』 付で、もっと増やさなければ!


 リアル選挙運動と伴に、SNS上でも頑張って行きましょう!


    (毎日新聞写メ:全画面表示で読める程度に拡大します)

 #宇都宮けんじ #原発 #脱原発 #雇用 #ブラック 企業規制

都知事選:つぶやき「原発」最多 主な4候補関連づけで
 (毎日新聞)− 2014年1月30日(木)00:48


     *********************

【 We have a real possibility of winning 】

“140130 日本外国特派員協会主催
東京都知事選 宇都宮健児候補 記者会見

 IWJ - 2014年1月30日(木) 15:30 - 16:30


 (18:00 追記)


  この通訳の方 (↑) は素晴らしい。

 記者の長い質問に対する宇都宮さんの相当長い回答も、
ほとんど漏らすことなくフォローして、相互に伝えている。
 日本人の方だが、ネイティブ発音!
その上、結構速口なのに発音がクリアで、私にもほとんど聴き取れる。

 この記者会見でも候補者1本化の話が二人から質問されたが、
#宇都宮けんじ さんの立場は揺るがない。
 最後の日本人の質問者が、「宇都宮さんの上に二人が並んでいる」
と云う『選挙情勢』を紹介しながら改めて一本化の可能性を問うたが
宇都宮さんは「選挙情勢の見方は全然違う。 手応えは前回の知事選を
大きく上回っている。 私は勝機があるとみている」 とキッパリ
通訳は、「We have a real possibility of winning」と訳されたようでした。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

都知事選:つぶやき「原発」最多 主な4候補関連づけで
 (毎日新聞)− 2014年1月30日(木)00:48
 

 毎日新聞と立命館大(西田亮介特別招聘<しょうへい>准教授)は東京都知事選(2月9日投開票)でのネット選挙の共同研究で、ツイッター(短文投稿サイト)利用者のツイート(つぶやき)を調べた。政党や党首の支援を受ける主な4候補で、名前に関連づけてつぶやかれているテーマを分析したところ、どの候補についても政策テーマでは「原発・エネルギー」が最も多かった。ネット上での都知事選をめぐる原発問題への関心の高さが浮かび上がった。

 昨年の参院選でもネット上では原発に関するつぶやきが多かった。その傾向は都知事選でも続いている。つぶやきの集計には「ジー・サーチ」社の分析ソフト「ガーネット」を使用。20〜26日の1週間、一般のツイッター利用者のつぶやきを調べた。

 脱原発を主張する前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)については原発が4万3133回と多く、原発以外では「ブラック」「雇用」が目立った。短文のツイッターでは略語が使われるため、「ブラック」は若年労働者を過酷な労働環境で使いつぶす「ブラック企業」の意味とみられる。宇都宮氏を推薦する共産党が力を入れていることが反映している。

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)や元厚生労働相の舛添要一氏(65)に関連したつぶやきでも政策テーマでは原発が多かった。

 原発以外では、田母神氏については出身の自衛隊や、集団的自衛権の行使容認などに関連するとみられる「自衛」が多い。田母神氏は防災対策を中心に掲げており「地震・防災」も多かった。舛添氏では「福祉」が目立つ。舛添氏は厚労相の経歴や介護経験を背景に社会保障について選挙戦で訴えており、主張がネット上でも浸透している様子がみてとれる。

 「即原発ゼロ」を掲げる元首相、細川護熙氏(76)については、「原発」が9万1212回と突出して多かった。原発以外で細川氏で目立ったテーマは「首相」。元首相である自身の経歴に加え、細川氏と連日街頭に立つ小泉純一郎元首相への関心が集まっていることがうかがえる。【高本耕太】

     

◇西田亮介特別招聘(しょうへい)准教授の話

 ネットの普及率が高い東京都の動向が全国に影響しているとともに、全国の都知事選への関心の高さが反映しているとみられる。都知事選で原発が争点になり、ネット選挙を積極的に活用している候補がいることも関係しているのではないか。




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3318-82f9d2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad