FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【原発ホワイトアウト】 を 読みつつある中 西日本新聞で著者が怒りのコメント!

2014年1月13日(月・祝・成人の日)

 私も昨年末から読みつつある 若杉烈氏のドキュメンタリーフィクション

     【原発ホワイトアウト】

 時代設定は、2013年夏の参議院選挙後の現代で、原発事故や国の
エネルギー政策決定過程に関しては、回想シーンも挟み込まれている。

 何しろ、山本太郎さんらしき人物が『山下次郎』と云うマンマの名前で
登場し、脱原発運動を展開して参議院選挙で当選して議員になる設定。

 この西日本新聞の記事を読むと、霞ヶ関官僚である著者・若杉烈氏の
「怒り」が短いコメントからヒシヒシと伝わってくる。
 その「怒り」とは、あのような破局的事故を起こしたにも拘らず、
原発を再稼働させようとする政府の政策決定に対してである。









  上記は、西日本新聞記事 写メ (全画面表示で読める程度に)

 
*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



  

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3301-d9998aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)