FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

秘密保護法案の福島公聴会、全員が反対 (asahi.com など)

2013年11月25日(月)

 東日本大震災と原発事故の被災地の中心・福島で『特定秘密保護法案』

に関する政府主催の地方公聴会が本日開催された、とのこと。

 しかし、その公聴会が市民に公開されず、さも「特定秘密」であるかの

ように『特定の人』のみが傍聴できるだけと云う閉鎖的なもの。

 おまけに、自民党が推薦した公述人も含めて、『特定の発言者』の全てが

この法案に反対したようだ。

秘密保護法案の福島公聴会、全員が反対 原発情報に懸念
 (朝日新聞) - 2013年11月25日(月)21:46


 しかし、国会の公的機関である「公聴会」でこれだけ反対があっても

与党はこの法案を強引に成立させる勢いである。

 「公聴会」の『形骸化』の典型を示すもの。

 いわば、アリバイ造りの『公聴会』や『パブリックコメント』でしかない。

秘密保護法案公聴会:「アリバイ作りだ」福島市民怒り
 (毎日新聞) − 2013年11月25日(月)12:26


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

「保護より情報公開を」=秘密法案に反対・慎重論相次ぐ―福島で公聴会
 (時事通信) - 2013年11月25日(月)13:20

 衆院国家安全保障特別委員会は25日午前、福島市内のホテルで特定秘密保護法案に関する地方公聴会を開催した。東京電力福島第1原発事故で「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測の情報公開が遅れたことなどを踏まえ、公述人からは法案への反対意見や慎重論が相次いだ。

 原発事故発生時にSPEEDI情報が出ず、町民が一時的に高放射線量地区に避難した福島県浪江町の馬場有・町長(自民推薦)は、「秘密(の保護)ではなくて情報公開が一番大切なことではないのか」と強調。「もうちょっと慎重なる対応をしながら、十分に国民のために論議を尽くすことが大切ではないか」と慎重な法案審議を求めた。

 槇裕康・福島県弁護士会副会長(民主推薦)は「法律がいったんできてしまえば、あとは現場での解釈、運用だ。何を秘密にするか分からない仕組みになっているので、秘密(指定)は拡大の一途をたどる」と批判し、法案に反対だと述べた。二瓶由美子・桜の聖母短大教授(民主推薦)も法案の廃案を訴えた。 



秘密保護法案公聴会:「アリバイ作りだ」福島市民怒り
 (毎日新聞) − 2013年11月25日(月)12:26
 

「原発事故の情報が隠されるのでは」「国民の意見を聞いたというアリバイ作りだ」。政府が臨時国会での成立を目指す特定秘密保護法案を巡り、衆院国家安全保障特別委員会が25日、初の地方公聴会を福島市で開いた。だが、26日にも同委員会で採決される可能性がある上、傍聴は50人に限定。入場できなかった市民らは会場前で「秘密保護法を許さない」「秘密保護法は原発事故の真実をかくす」などの横断幕やプラカードを掲げ、法案反対の声を上げた。
【喜浦遊、蓬田正志】



秘密保護法案の福島公聴会、全員が反対 原発情報に懸念
 (朝日新聞) - 2013年11月25日(月)21:46


特定秘密保護法案 福島での地方公聴会・発言要旨
 (朝日新聞) - 2013年11月25日(月)14:07



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  

 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3247-92092456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)