JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

日本航空 ボーイング787型機 飛行中に複数のトラブル発覚

2013年11月9日(土)

 バッテリー事故が続き、改修を施した後のB787で、今度は航行中(空中で)

にバッテリーの不具合示す表示が出たが、飛行を続けて成田空港に緊急着陸

したという。

 改修後の日航機では初のバッテリー事故だとのこと。

日航787型機、バッテリーの不具合示す表示
 (読売新聞) - 2013年11月9日(土)23:46

 日本航空は9日、ヘルシンキ発成田行きのボーイング787型機で、飛行中に機体後方にある補助動力装置(APU)用バッテリーの不具合を示す計器表示があったと発表した。

 電圧や電流の値に異常はなかったため、同機は飛行を続けて成田空港に着陸。日航は、機体からバッテリーを取り外して詳しく原因を調べている。米ボーイング社のバッテリーシステム改修後、飛行中の日航機で不具合が表示されたのは初めて。



787バッテリートラブル=不具合表示、飛行影響なし―日航
 (時事通信) - 2013年11月9日(土)22:28

 日本時間9日午前3時ごろ、ヘルシンキ発成田行きの日本航空414便ボーイング787型機がロシア上空を飛行中、補助動力装置のバッテリーの不具合表示が出た。操縦に影響がなかったため同機は飛行を続け、午前9時20分ごろ成田空港に着陸した。乗客乗員191人にけがはなかった。

 日航によると、このバッテリーは補助動力装置を始動する電気をためるもので、機体後部の貨物室近くにある。到着後にバッテリーを交換したところ、表示は消えたという。 



B787、バッテリー不具合表示 改修後の日航機で初
 (朝日新聞) - 2013年11月9日(土)23:45


787型機窓にひび=米サンディエゴ線、けが人なし―日航
 (時事通信) - 2013年11月9日(土)20:20
 

 9日午後1時10分ごろ、太平洋上を航行中の米サンディエゴ発成田行き日本航空65便ボーイング787型機(乗客乗員173人)で、操縦室の窓にひびが入った。同機はそのまま飛行を続け、同4時55分ごろ、成田空港に着陸した。けが人はいなかった。日航が詳しい状況を調べている。

 日航によると、ひびが入ったのは、操縦室左側の機長席前の窓。航空機の窓は機内外の気圧差にさらされるため何層にもなっており、同機は5層構造の一番外側にひびが入ったという。 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3229-cd281e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad