JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【特定秘密保護法案:「反自由主義的」】 New York Times 国際版・社説 英語版付き

2013年11月1日(金)

 毎日新聞紙面(11/1 朝刊)によると、11月29日付けの

『ニューヨークタイムズ 国際版・社説』に

【特定秘密保護法案:「反自由主義的」】 と題した社説が掲載されたとのこと。

 私がこのニュースに初めて触れたのは、昨日付の志位和夫さん(日本共産党委員長)

の『公式Twitter』:@shiikazuo 上でした。

志位和夫 ‏@shiikazuo 2013年10月31日 - 15:08
「ニューヨーク・タイムズ」の社説「日本の反自由主義的秘密保護法」。痛烈な批判。「いかなる不都合な情報も秘密指定される可能性が高い」「今でも不透明な政府をいっそう不透明にする」。Japan's Illiberal Secrecy Law http://nyti.ms/1amllLk



 それが今朝の毎日新聞に独自取材記事として掲載されていた訳。

 引用すると以下のようです。

特定秘密保護法案:「反自由主義的」  米紙が社説で批判
 毎日新聞 − 2013年10月31日(木) 22時37分

【ワシントン西田進一郎】
 米紙ニューヨーク・タイムズ傘下の国際英字紙「インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ」は29日付(電子版)の社説で、安倍政権が今国会での成立を目指す特定秘密保護法案について「国民の知る権利をむしばむ秘密保護法」などと批判した。

 社説の題名は「反自由主義的な秘密保護法」。同法案が定める「特定秘密」の指定について運用指針がないことを問題視し、「定義づけがあいまいなことで、政府が都合の悪い情報をいくらでも特定秘密に指定できる」と恣意(しい)的な運用への懸念を示した。

 さらに、秘密を漏えいした政府職員に最長で懲役10年が科されることや、特定秘密の指定期間が無期限に延長できることなど法案の問題点を指摘し、「ジャーナリストを最高5年の懲役刑で脅すことにより、政府の不透明さが一層増すだろう」などと批判した。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

【EDITORIAL】
Japan's Illiberal Secrecy Law
 By THE EDITORIAL BOARD

 The New York Times Published: October 29, 2013
 

 The Japanese government is poised to enact a secrecy law that will undermine the people’s right to know. The law will give all government ministries the right to classify information related to defense, diplomacy, counterintelligence and counterterrorism as a state secret. But there is no guideline as to what constitutes a secret. This lack of definition means the government could well designate any inconvenient information secret.

 Under the proposed law, government officials found to have revealed secrets could be jailed up to 10 years. Such a provision would give officials even greater incentive to label documents secret rather than risk their release.

 Until now, only the Defense Ministry had the authority to classify information as a “defense secret.” Its record is abysmal. Of the 55,000 documents the ministry classified secret between 2006 and 2011, 34,000 were destroyed at the end of a particular secrecy period, depending on the document. And only one was declassified for public release.

 The new law would allow the secrecy period to be extended indefinitely. And it further limits government accountability by making no clear provision for sharing secrets with elected representatives in the national Diet.

 The law will make an already opaque government more so by threatening to jail journalists, up to five years, for doing their job in an “invalid” and “wrongful” manner. Japan’s newspapers fear that there will be markedly less communication between journalists and government officials. Opinion polls show that the public is very skeptical of the law and its reach. The government of Prime Minister Shinzo Abe, however, is eager to pass it as soon as possible.

 Mr. Abe needs it to establish an American-style national security council.
 Washington has made clear that more intelligence cannot be shared with Japan until it has tighter information control. Of the six departments in Mr. Abe’s proposed security council, one department places China together with North Korea, while other departments focus on allies and other nations. This move reflects the confrontational stance the Abe government has been taking toward China and another sign of a hawkish foreign policy that may well harm civil liberties and create even more mistrust of the Japanese government in East Asia.



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3220-18486848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad