FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

おととい 10月21日は、学徒出陣の壮行会が行われて70周年

2013年10月23日(水)

 おととい、10月21日は、学徒出陣の壮行会が行われて70周年でした。

 大学の学生は、それ以前は徴兵猶予されていたのですが、敗け続きの中で

兵隊の数が減ってゆくばかり。 数合わせのために大学生も兵隊に招集する

ことになり、これを一大イベントとして国民にアピールする方法として、

この『大壮行会』を開催したのです。

 
 競技場のスタンドには女子学生を動員して『華を添える』演出までして・・・

 その上、当日は雨が降りしきると云う自然の演出まで加わって・・・

 そして、そのようにして戦場に送られた学徒兵の数は、

「およそ5万人とも10万人ともいわれていますが、国に記録が残されておらず、

今も全体像は分かっていません。」
(NHK)と云う無責任ぶり。

 と云うことは、どれだけの犠牲者が出たかさえ判らないという話です。

 これでは、戦死した学徒たちが浮かばれないではありませんか!



 そして、安倍内閣は再び戦争のできる『普通の国』に日本を改造するために

『秘密保護法』『集団的自衛権』『憲法9条改悪』『日本版NSC』等など

法的枠組みも含めて着々と体制固めを謀っています。

 麻生副総理が言いました。

【(憲法改悪について)ナチスのやり方にに学んだらどうか】

 またある人が、Twitterで次のようなことを呟いていました。

【誰かが言っていた「ナチスのやり方に…」 国民の目耳をふさぎ、
 オリンピックに熱狂させてその裏で軍国化を進める… 
 やっぱり学んでいるんでしょうかね。】

 皇后陛下が、自由民権運動時代の現行憲法以上に「民主的」な

「民間憲法草案」を高く評価する形で、憲法改悪に邁進する現政権に

懸念を表明したように私は感じました。

 今まさに、多くの国民がファシズムへの道に抵抗しなければなりません。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

学徒出陣から70年 各大学で追悼式
 (NHK)− 2013年10月20日 20時41分
 

 太平洋戦争で、大学生らが学業の志半ばで戦地に赴いた学徒出陣の壮行会から21日で70年となり、東京都内の各大学で追悼式が行われました。

 学徒出陣では、昭和18年10月21日に今の国立競技場がある東京の明治神宮外苑競技場で、雨の中、壮行会が行われ、21日で70年となることから、各大学で追悼式や講演会が行われました。

 このうち東京・新宿区の早稲田大学では、少なくとも4500人が学徒出陣し、500人を超える学生が犠牲となりました。

 20日は、キャンパスにある慰霊碑に、元学徒や遺族、それに大学の関係者などおよそ70人が集まり、花を手向けたあと、雨の中、全員で校歌を歌って、学業の志半ばで犠牲となった学生たちを悼みました。
 3年生の時に学徒出陣した卒業生の寺尾哲男さんは、「学生が戦地に駆り出される異常な世の中に再びならないよう、学徒出陣の記憶を若い世代に受け継いで欲しい」と話していました。
 一方、東京・文京区の東洋大学は、学徒出陣などにより、およそ200人の学生が犠牲となりました。
 20日は、元沖縄県知事で、みずからも師範学校に在学中、沖縄戦に動員された大田昌秀さんが講演し、「出陣した多くの学徒たちが沖縄戦の特攻で亡くなった。また、住民も多く犠牲となり、沖縄戦は戦争の醜さの極致だ」と語りました。
 このあと、現役の学生など集まった、およそ100人が黙とうをささげ、花を手向けました。 



学徒出陣 慰霊碑撤去前の「最後の」追悼会
 (NHK)− 2013年10月21日 16時39分
 

 戦時中、今の東京の国立競技場で、学徒出陣の壮行会が行われてから21日で70年となり、90歳に達した元学徒らが、競技場にある慰霊碑の前で、追悼会を行いました。
慰霊碑は、7年後のオリンピックに向けた競技場の建て替えで、いったん撤去されることになり、この場所での追悼会は今回が最後かもしれないと話しています。


 太平洋戦争中の昭和18年10月21日、明治神宮外苑競技場で学徒出陣の壮行会が行われ、多くの学生が、女子学生らに見送られて、学業の志半ばで戦地に赴きました。 
 当時、壮行会が行われた東京・新宿区の国立競技場には慰霊碑が建立され、元学徒らが、毎年、追悼会を行っています。
 70年となる21日も、元学徒や遺族などおよそ100人が出席し、全員で黙とうしました。
 元学徒を代表して、大学3年の時に壮行会で行進し、フィリピンや台湾に派遣された寺尾哲男さん(90)が、「数年後、私たち元学徒はほとんど生きていないと思うが、この碑を残すことで、戦没した仲間を慰霊するわれわれの気持ちを伝えたい」とあいさつしました。
 慰霊碑は学徒出陣から50年の節目に元学徒が呼びかけて建立されましたが、さらに20年がたち、元学徒は90歳に達していて、建立に関わった15人のうち、21日参加できたのは3人でした。

 出陣した学生は、およそ5万人とも10万人ともいわれていますが、国に記録が残されておらず、今も全体像は分かっていません。

 一方で、慰霊碑は、7年後のオリンピックに向けた競技場の建て替えで、来年夏には、いったん撤去されることになっています。
 寺尾さんは、元学徒によるこの場所での追悼会は、今回が最後かもしれないとしたうえで、「2度と戦争があってはならないという意味を込めた慰霊碑なので、競技場が新しくなったあとも碑を残してもらいたい」と話していました。
 学徒出陣の慰霊碑について、東京の国立競技場を運営する独立行政法人、日本スポーツ振興センターは、「国立競技場の建て替えに伴う今の競技場の解体工事のため、来年の夏にはいったん碑を移動させなければならない。石碑そのものは残す方針だが、競技場の敷地内に戻せるかどうかは、新しい競技場の設計が決まるまで分からない。有識者を交えて議論し、対応を検討していきたい」と話しています。 





*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  

 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3211-8fb3176c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)