JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大型台風26号 明日朝 関東地方を直撃する可能性も 気象庁レーダー画像付き

2013年10月15日(火)



  台風26号 予想進路 2013年10月15日(火)23:00 現在(気象庁)


  台風26号 レーダー画像 2013年10月15日(火)23:30 現在(気象庁)

16日朝、関東直撃=大型台風26号
 厳重警戒―太平洋側中心に暴風大雨・気象庁

 (時事通信) - 2013年10月15日(火)21:21
 

 大型で強い台風26号は15日夜、紀伊半島の南海上を北上した。

 西日本の大半と東海、関東甲信の一部が強風域に入り、太平洋側を中心に局地的に強い雨が降った。26号は16日朝に関東付近にかなり接近し、上陸する恐れもある。同日午後には三陸沖で温帯低気圧に変わるが、気象庁は北日本も含めて暴風や高波、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 関東や東海では16日朝の通勤・通学時間帯が大荒れのピークとなり、交通機関の乱れに注意が必要。気象庁によると、最接近または上陸時の26号の勢力は、2004年10月の台風22号以来の強さという。 


台風26号 強い勢力を保ったまま加速
 …9年前も同様の台風で大被害

 (産経新聞) - 2013年10月15日(火)22:45

 台風26号は「関東に接近する台風としてはこの10年で最も強い」(気象庁)という勢力を保ったまま、偏西風に乗って速度を増し接近してくることが特徴だ。気象庁は風雨が急激に強くなる可能性があり、警戒が必要としている。

 気象庁によると、台風は中心気圧が低いほど強い風が吹く。950ヘクトパスカルで伊豆半島へ上陸、関東を通過した平成16年10月の台風22号では猛烈な風雨となり、死者7人、行方不明者2人、負傷者170人と大きな被害が出た。

 26号は16日朝に955ヘクトパスカル程度で関東地方へ接近するとみられる。日本付近に近づくにつれ、南下してきた偏西風に乗って加速。関東へ接近する16日朝には時速75キロに達すると予想され、勢力が衰える間もなく接近しそうだ。

 8月30日に運用が始まった特別警報は本州などでは中心気圧930ヘクトパスカル以下、風速50メートル以上の伊勢湾台風級を発表の基準にしており、26号で直ちに出されることはないという。

 一方で、9月の台風18号で福井県、京都府、滋賀県に大雨特別警報が発表されたように、台風に伴う大雨で基準を超えるケースもあり、油断はできない状況だ。



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  

 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3203-982fe960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad