FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【47NEWS】堺市長選は維新の敗北確実 橋下氏の求心力低下

2013年09月29日(日)

 大阪だけではなく、全国からの注目を集めていた大阪府・堺市の市長選挙は

中世からの「自治都市・自由都市を守れ!」と訴え、日本共産党も支持した

現職の竹山氏の再選が確実となり、維新の敗北で橋下大阪市長の『求心力低下』

と云う報道が為される結果となりました。

 ひとまず歓迎するべきことですが、首長になってから豹変する人も少なくない

ので、今後も堺市民と国民が注視しして、もし問題行動が出れば、糾さなければ

なりません。

 開票前の速報報道の主要ポイントは以下の通り。

     ****************

【大阪府と大阪市、堺市を統合し再編する「大阪都構想」の是非が最大の争点となった堺市長選挙は、大阪都構想に反対する無所属で現職の竹山修身氏の2回目の当選が確実になりました】
   NHK - 2013年9月29日 20時03分

【堺市長選は29日投開票され、竹山修身氏(63)が、大阪維新の会の西林克敏氏(43)を破り、再選を果たすことが確実になった。】
   毎日 - 2013年09月29日 20時08分

【最大の争点は、日本維新の看板政策で、大阪府と大阪、堺両市を再編する「大阪都構想」の是非だった。竹山氏は「堺市の財源や権限が奪われる」と反対しており、堺市を含めた形の都構想は事実上、頓挫した。】
   東京新聞 - 2013年9月29日 20時19分

【国政、地方を問わず本拠地大阪の選挙で他を圧倒してきた日本維新は総力戦を仕掛けたが実らなかった。共同代表の橋下徹大阪市長の求心力が低下し党基盤が揺らぐのは避けられない。】
   47NEWS - 2013年9月29日 - 20:29
 
【堺市長選挙の開票はまだ始まっていませんが、NHKが事前に行ってきた情勢取材や、投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査などで、現職の竹山修身氏が大阪維新の会の新人、西林克敏氏を引き離し、今後着実に票を伸ばすと見込まれることから、竹山氏の2回目の当選が確実になりました。】
   NHK - 2013年9月29日 20時14分

  
     ****************

堺市長選:竹山氏の再選確実 維新公認の西林氏破る
 (毎日新聞)- 2013年09月29日(日)20時08分(最終更新 20時28分)
 



  「堺はひとつ」とのコールに合わせて手を上げる竹山修身氏
     =同市堺区で2013年9月23日、川平愛撮影

堺市長選 現職の竹山氏が当選確実
 (NHK)- 2013年09月29日(日) 20時12分
 

【47NEWS】堺市長選は維新の敗北確実 橋下氏の求心力低下
 【共同通信】 2013年09月29日(日) 20:19


【立候補者】
竹山 修身 たけやま おさみ   63無現 市長
西林 克敏 にしばやし かつとし 43諸新 (元)市議(維新)


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

堺市長選 現職の竹山氏が当選確実
 (NHK)- 2013年09月29日(日) 20時12分
 

 大阪府と大阪市、堺市を統合し再編する「大阪都構想」の是非が最大の争点となった堺市長選挙は、29日に投票が行われ、大阪都構想に反対する無所属で現職の竹山修身氏の2回目の当選が確実になりました。

堺市長選挙の開票はまだ始まっていませんが、NHKが事前に行ってきた情勢取材や、投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査などで、現職の竹山修身氏が大阪維新の会の新人、西林克敏氏を引き離し、今後着実に票を伸ばすと見込まれることから、竹山氏の2回目の当選が確実になりました。
竹山氏は63歳。
大阪府の政策企画部長などを務めたあと、前回、4年前の市長選挙で初当選しました。
今回の選挙は、大阪維新の会が実現を目指す、大阪府と大阪市、堺市を統合し再編する「大阪都構想」の是非が最大の争点となり、竹山氏は、「堺市をなくしてはならない」と大阪都構想への反対を訴え、民主党の推薦や自民党の支持を得たほか、共産党や社民党も竹山氏を独自に支持しました。
そして、これらの政党の支持層のほか、いわゆる無党派層からも幅広い支持を集め、2回目の当選を確実にしました。
大阪維新の会の公認候補が、大阪府内の市長選挙で敗れるのは初めてです。 



【47NEWS】堺市長選は維新の敗北確実 橋下氏の求心力低下
 【共同通信】 2013年09月29日(日) 20:19
 

 任期満了に伴う堺市長選は29日投票、即日開票の結果、現職の竹山修身氏(63)=民主推薦、自民支持=が、日本維新の会傘下の政治団体「大阪維新の会」新人の西林克敏氏(43)を退け再選を確実にした。国政、地方を問わず本拠地大阪の選挙で他を圧倒してきた日本維新は総力戦を仕掛けたが実らなかった。共同代表の橋下徹大阪市長の求心力が低下し党基盤が揺らぐのは避けられない。

 最大の争点は、日本維新の看板政策で、大阪府と大阪、堺両市を再編する「大阪都構想」の是非だった。竹山氏は「堺市の財源や権限が奪われる」と反対しており、堺市を含めた形の都構想は事実上、頓挫した。 



堺市長選:竹山氏の再選確実 維新公認の西林氏破る
 (毎日新聞) 2013年09月29日(日)20時08分(最終更新 20時28分)
 

 任期満了に伴う堺市長選は29日投開票され、無所属現職の竹山修身氏(63)=自民支持、民主推薦=が、大阪維新の会公認の新人で前市議の西林克敏氏(43)を破り、再選を果たすことが確実になった。維新が掲げる自治体再編構想「大阪都構想」に堺市が参画しないことが固まり、先行している大阪府・大阪市の協議を含めた構想自体に大きな打撃となった。維新の橋下徹代表(大阪市長)は本拠地の大阪で敗北を喫し、国政への影響力は一層低下しそうだ。

 選挙戦は、大阪・堺の両政令指定都市を解体し、大阪府と再編・統合する都構想が最大の争点だった。竹山氏は「堺の財源が都に奪われ、住民サービスが低下する」と批判。「堺は一つ。堺のことは堺で決める」をうたい文句に、堺分割を懸念する市民の支持を得た。

 西林氏は「堺だけで何でもできる時代ではない」と都構想と堺市参画の必要性を強調し、橋下氏も「堺はなくならない。変わるのは役所組織だ」と不安払拭(ふっしょく)に努めたが、有権者に届かなかった。

 都構想は、府と大阪市が2015年4月の再編実現を目指して先行協議しており、14年秋には構想の是非を問う大阪市の住民投票が予定される。しかし、府と大阪市が8月に示した制度設計案に対しては「効果が乏しい」と批判が噴出。これに対し維新は、今回の市長選を制して得た「民意の支持」を背景に、賛同を迫る考えだった。敗北で逆風は一層強まりそうだ。

 大阪府部長だった竹山氏は09年9月の前回選で、当時府知事だった橋下氏の支援を受けて初当選した。しかし、橋下氏が都構想を唱え始めたため離反。今回は自民、民主に加えて、共産、社民からも自主的な支持を受け、反維新票を集めた。

 維新は、大阪の地方議員約100人に加え、国政政党の日本維新の会所属の国会議員を総動員。橋下氏や松井一郎幹事長(府知事)も連日堺入りし、党を挙げて臨んだが、支持が広がらなかった。

   毎日新聞 【高瀬浩平、服部陽】



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  

 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3185-84c2902b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)