FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『アベノミクス成長戦略』の実態は庶民から収奪し大企業に大盤振る舞いだった!

2013年9月21日(土)

 税と社会保障の 『一体改革』 の実態が益々明らかになってきました。

 消費税増税は、規定方針通り来年4月から実施することに方針を決めた。

消費税来春8%、首相が決断 法人減税決着
 日本経済新聞 − 2013/9/19 13:31


 また、大企業が大きく恩恵を受ける法人減税と投資減税は大盤振る舞い。

 大企業には、復興特別法人税が通常の税額の10%課せられているが、

これは復興を支援する社会的責任をみんなで負担しようというものでした。

それを廃止して、大企業は復興の支援をする必要がなくなるのだそうだ。

 震災の被災に対する国民の意識の『風化』がマスメディアでも言われて

いますが、政府が率先して被災者支援の手抜きをするかのようです。


     読売新聞 − 2013/9/21(土) 朝刊 写メ

企業減税まず1.4兆円 消費増税時の経済対策
 日本経済新聞 − 2013/9/20(金) 2:01


 それやこれやで、表向きだけでも1兆4千億円もの減税をしてあげるらしい。

その減税の元手は、庶民から召し上げた(分捕った)消費税のアガリです。

 結局、消費税増税分の大半は、大企業に移転する訳で、結局は庶民から

取り上げた税金を大企業にくれてやる仕組みでしかないことが益々明瞭に

なってきています。

 その上、首切り自由の政策を『成長戦略』の骨子にしようとしている様子。

「解雇しやすい特区」検討 秋の臨時国会に法案提出へ
 (朝日新聞) - 2013年9月20日(金)22時49分


 その朝日新聞によれば、

【労働時間を規制せず、残業代をゼロにすることも認める。
ベンチャーの起業や海外企業の進出を促す狙いだが、実現すれば働き手を
守る仕組みは大きく後退する。】
 とのこと。

 そこまでやるか! と言わざるを得ない。

 庶民は、ここで怒らなければいつ怒る? (御一緒に) ○○○○○! 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

消費税来春8%、首相が決断 法人減税決着
 日本経済新聞 − 2013/9/19 13:31
 

 安倍晋三首相は来年4月に消費税率を8%に引き上げる方針を固めた。経済対策の焦点となっていた法人実効税率引き下げを麻生太郎副総理・財務相が大筋で受け入れる見通しとなったためだ。首相は、5兆円規模の経済対策で景気の腰折れは回避できると判断した。10月1日に正式表明する。

 複数の政府関係者が19日、明らかにした。消費税率の引き上げは1997年4月に3%から5%に引き上げて以来、17年ぶり。



企業減税まず1.4兆円 消費増税時の経済対策
 日本経済新聞 − 2013/9/20(金) 2:01
 

 政府が来年4月の消費増税に向けてまとめる経済対策の骨格が19日、明らかになった。柱となる企業減税は復興特別法人税の前倒し廃止と投資減税で約1兆4千億円以上になる。予算措置では公共投資を1兆円超とする方向だ。総事業規模は5兆円超とする。企業の競争力を高め、増税に伴う景気失速を防ぐ。 



「解雇しやすい特区」検討 秋の臨時国会に法案提出へ
 (朝日新聞) - 2013年9月20日(金)22時49分



消費税増税は理不尽 「4月実施中止を」
庶民から8兆円吸い上げ 大企業に5兆円ばらまき

 赤旗 − 2013年9月14日(土)
 

 日本共産党中央委員会は13日、東京・新宿駅西口で、消費税増税中止を呼びかける街頭宣伝を行い、来年4月からの消費税増税の実施中止を求める署名を呼びかけました。

     --------------------------------------

 安倍晋三政権が強行しようとしている来年4月からの消費税率の8%への引き上げで国民には8兆円の大増税になります。一方、安倍政権は「景気腰折れ」対策として大企業減税を含んだ5兆円規模の「経済対策」を打ち出そうとしています。

 マイクを握った小池晃副委員長・参院議員は、消費税増税で庶民や中小企業から8兆円を吸い上げておきながら、大企業・大手ゼネコンにばらまこうとする安倍政権に対し「とんでもない理不尽なやり方だ」と批判し、「消費税増税はただちに断念するべきだ」と訴えました。また、小池氏は「消費税増税のときに社会保障のためだといっていたが、消費税増税と合わせて社会保障の大改悪という話になってきた。話がまったく違う」と安倍政権による社会保障大改悪計画を批判しました。

 その上で小池氏は、「税金に対する考え方の違いがあったとしても、来年4月からの消費税増税を中止させる、この一点で声をあげ、力をあわせましょう」と呼びかけました。

 大門実紀史参院議員、大島よしえ東京都議、徳留道信都議、並川穂高(ほだか)日本民主青年同盟中央常任委員も消費税増税の中止を訴えました。

 足を止め小池氏らの話を聞いていた、IT(情報技術)関連会社に勤務する女性(26)は「毎日終電まで働いても給料はあがらない。働けない人たちも多いのに消費税を上げたら国民が苦しくなるだけ」と不満顔。

 買い物で通りがかった町田市に住む女性(50)は、「消費税は給食費が払えない子どもが買うノートにもかかる。ぎりぎりで生活している人はどうなるのか」と怒り、署名に応じました。

 運送会社で働く男性(34)は、「生活が苦しいのに増税なんて納得できない。小泉政権のときに生活が壊され、安倍政権でさらに壊そうとしている。自民党は信用できない」と憤りました。



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

  

 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3177-ee35098e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)