FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

嘉穂劇場「第九」其の参 本番


今日は、「第九」の本番でした。

お誘いした方々は皆さん御来場頂けました。
ありがとうございます。

午後2時からゲネプロ(ジェネラル・プローベ)。
まずは九州交響楽団による第1楽章から3楽章までの演奏。
昨日のリハーサルよりは音が前に出ている感じ。

午後3時から合唱の通し演奏。

一通り通した後、一部注意事項あり。

4時過ぎから動きの練習。
コーラスの舞台への出入り、合唱開始時の立ちタイミングなど。
2階席組は、演奏開始前から着席。
立ちタイミングは、バリトン・ソロが立つ時に合わせることになった。

5時少し前に観客の入場開始。

定刻の6時には、舞台にコーラスが入り始め、続いてオーケストラ。
オケのチューニングが終わり、マエストロ・フォルカ・レニッケ氏が入場。
ひとしきりの拍手の後、オケ着席と伴に、合唱団も着席。

神秘的な第一楽章が始まった。

私は2階席組なので、2階最前列真ん中という演奏を聴くには最高の席。
第3楽章までは聴衆として参加していました。

第4楽章では、これまでの集大成をと全力投球。
たまには高い音がひっくり返ったりしましたが、無難に終わることができました。

演奏前と、演奏後に友人が写真を撮ってくれました。

冒頭の写真はゲネプロ中のものです。

演奏会終了後、会場客席でケーキパーティが行なわれ、指揮者やソリストから一言ありました。

レニッケ氏は、開口一番に「演奏が終わってすぐ、ベートーヴェンに電話して感想を聞いてきました」とユーモアのある一言。そして、多分にお世辞もあることとは思いますが「今日の演奏が一番良かった。おととしは、そこそこ、去年はまあまあでしたが、今日は一段と良くなっていました。来年もあるんでしょうか?」と場内に問うと、「もちろん」との共感の拍手が起こっていました。

また、そのあとNPO嘉穂劇場の伊藤英昭さんから挨拶がありました。


嘉穂劇場「第九」・9回目
このシリーズを最初から読む   第8回へ  

************************************************
最後まで御覧頂きありがとうございました。
ついでにワン・クリックしていただければ嬉しいです。

************************************************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございました。

わざわざの御来場ありがとうございました。
歌詞の意味は前振りしてあったので、だいたいイメージは伝わったものと思います。
桟敷に1時間以上着席しているのは、さぞつらかったことでしょうね。ご苦労様でした。
来年もご当地におられましたら、是非歌いに来てください。

先だってのお話はどうなりましたか?

  • 2006/12/17(日) 02:12:25 |
  • URL |
  • JUNSKY #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

ご苦労様でした

かぶりつきで聞かせて頂いて良かったです。
嘉穂劇場と言う存在も良かったし、第九をはじめてフルに生で聞けたのも良かったです。
有難うございました。
そしてご苦労様。
来年も頑張って下さい。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">

  • 2006/12/17(日) 02:04:22 |
  • URL |
  • 大津留公彦 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/317-ca52d46e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)