JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大飯4号 定期検査入りで 再び日本全国の原発全て停止へ!

2013年8月16日(金)

 去年の今日・8月16日当ブログ記事は、

【大飯4号機営業運転再開 このままズルズルと動かすつもりか!?】

    でした。 

 そして、きのう・おととい新聞記事を『賑わした』のは、来月9月15日で、

その再稼働した大飯原発も定期検査で停止し、再び日本全国で原発が全て

停止することになると云うニュースでした。

 観測史上最高の気温を連日更新しているという状況でありながら、

九州電力でも東京電力でも「電気が足りない」という危機的状況には

なっていません。

 もちろん、国民の節電の徹底や企業での自家発電の普及などの努力の結果

でもありますが、結果としては電力不足で“BlackOut”と云う電力会社の

喧伝は、原発再稼働のためのヤクザばりの『脅し文句』に過ぎなかったことが

明白になった訳です。

 関西電力は、「大飯原発を再稼働させたから電気がようやく足りている」

と言いたいのでしょうが、首都圏を抱えた全国最大の東京電力が原発無しで

足りているのですから、火力や水力をフルに使えば関西電力も足りている

はずです。

 何しろ、福島原発に見られるように、原発はひと度事故を起こせば人知の

及ばない、制御不能で汚染物質の垂れ流しを絶対防げない危険な施設です。

 全ての原発を直ちに停止し、安全な廃炉に向けて全知全能を傾けるべき

なのです!

     *****************

1年2カ月ぶり「原発ゼロ」へ 大飯4号機定検入り申請
 (産経新聞) - 2013年8月15日(木)07:57
 

9月15日、原発「ゼロ」に=大飯4号、定期検査入り
 ―原子力規制委に申請・関電

 (時事通信) - 2013年8月14日(水)22:03
 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

1年2カ月ぶり「原発ゼロ」へ 大飯4号機定検入り申請
 (産経新聞) - 2013年8月15日(木)07:57
 

 関西電力は14日、大飯原子力発電所4号機(福井県)について、9月15日に定期検査(定検)に入るとする申請書を原子力規制委員会に提出した。3号機については、すでに9月2日に定検入りすると申請しており、4号機の定検入りとともに、国内の稼働原発は約1年2カ月ぶりにゼロとなる。

 原発の営業運転開始から13カ月以内に定検に入ることを定める原子炉等規制法に基づく申請。国内の原発は、東京電力福島第1原発事故の影響ですべて停止していたが、大飯3号機は平成24年8月3日、4号機は同16日にそれぞれ営業運転を再開した。規制委は今年7月、原発の新規制基準の施行を前に、「直ちに安全上重大な問題が生じるものではない」と判断、9月の定検までの運転継続を認めた経緯がある。

 関電は、定検終了後の大飯3、4号機の再稼働に向け、すでに規制委に安全審査を申請。ただ、大飯は敷地内の破砕帯が活断層かどうかについて、規制委の有識者会合で見解がまとまるまで安全審査は保留されている。19日に再開する会合の進展次第では審査開始が遅れることも予想され、定検後すみやかに再稼働できるかは不透明だ。 



9月15日、原発「ゼロ」に=大飯4号、定期検査入り
 ―原子力規制委に申請・関電

 (時事通信) - 2013年8月14日(水)22:03
 

 関西電力は14日、国内で唯一稼働中の大飯原発4号機(福井県おおい町)について、9月15日からの定期検査を原子力規制委員会に申請した。3号機は既に9月2日からの定期検査を申請済みで、4号機が停止する同15日以降、再び国内の稼働原発はゼロになる。

 全国の原発が停止するのは、2012年5月に北海道電力泊原発3号機(北海道)が定期検査のため停止して以来。   



大飯4号機営業運転再開 このままズルズルと動かすつもりか!?
2012年8月16日(木)*******************************************   (左のアイコンをクリックして            ...



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************





 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

今、地球は傷付き、疲れ果てています。誰もが生きる意志を失い、喪失と絶望の淵に沈んでいることでしょう。ですがこの世界には、まだ一つのともしびがの残されています。しかし政府は、その技術を握りつぶしているのです。その一部の者たちに未だ独占されている技術を、インターネットを通じて世界に公開します。

ttp://keshefoundation.org

ttp://www.onpa.tv/2013/05/13/789-3

ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/

ttp://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/a614779c0fb09de38540b4e86e5c99da

それは誰にでも読むことができます。どのような国家、組織によってもそれを阻むことはできません。大半の読者は、荒唐無稽な内容と受け取るかもしれません。主要な研究機関の多くが、一笑に付すことでしょう。しかしこのケッシュ財団の技術だけが、
世界を救う唯一のものであると私たちは確信しています。

農業革命、産業革命に比肩する、人類が手にする最後の火。それは、私たちのを取り巻く空間にあります。広大な、宇宙の領域に。

そこには、いま日本が抱えている、原発収束技術、汚染水問題を解決する技術、エネルギー危機を乗り越える技術、副作用のない放射線障害の遺伝子レベルでの治療技術、核廃棄物を浄化する技術、破壊された生命と生態系を回復させる技術、そしてそれらを可能にするプラズマリアクターが眠っています。その全てを、私たち今の世代が生きているうちに実現することができるのです。

  • 2013/09/16(月) 11:16:00 |
  • URL |
  • sio_sh #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3141-1ae54973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad