JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安倍首相 「憲法改正は歴史的使命」 地元・山口で

2013年8月12日(月)

 米軍ヘリが沖縄で墜落して以来、岩国に置かれたままのオスプレイの

沖縄配備を一時延期するとお茶を濁していたが、結局僅か1週間で解除。

今日、9機が一斉に岩国を飛び立ち、沖縄・普天間基地に配備された

とのこと。 全く『属国』日本の国民を馬鹿にした態度だ。



 さて、安倍総理は地元・山口で、「憲法改正は私の使命」 と強く述べた

らしい。 

 この『憲法改正』は、「自主憲法の制定」とか言っていたことがあったが、

実際には、日本の独立を確実にする文字通り「自主的な」憲法を目指すもの

では、皆目無くて、米軍がますます日本で勝手気儘に活動できるようにし、

『集団的自衛権』の名目で、米軍が世界中で起こす戦争に参加することを

保証するための『改正』であり、「自主独立」どころか、一層の属国化を

確実にするためのものである。

 その憲法改正(条文改正のみではなく、事実上の反故ないし骨抜きも含む)

が自らの使命(ミッション)であると地元・山口で安倍総理は語った。

 中東に派遣された自衛隊員の命を護ったのは「憲法9条」である。

 歴代の内閣法制局長官が、「『集団的自衛権』の行使は許されない」と

答弁していた根拠も「憲法9条」である。

 内閣法制局長官をお気に入りに入れ替えることによって、まずは

「憲法9条」の理念を改めて否定し、続いて国会での多数を得て、ナチスの

ように「民主的に」「憲法9条」『改正』を実現しようと云う訳だ。

 このような流れを許すわけには行かない!


憲法改正は「歴史的使命」=安倍首相、地元会合で表明
 (時事通信) - 2013年8月12日(月)21:35

 安倍晋三首相は12日、山口県長門市内のホテルで開かれた自身の後援会主催の夕食会であいさつし、「憲法改正に向けて頑張っていく。これが私の歴史的な使命だ」と述べ、首相在任中の改憲実現へ決意を表明した。首相が「歴史的使命」との強い表現を用いて改憲への意欲を示したのは、昨年12月の就任後初めて。

 首相は参院選での自民党大勝を受けた先月22日の記者会見で、憲法改正について「腰を落ち着け、じっくり進めていきたい」と、時間をかけて合意形成を目指す考えを強調。その後も、憲法問題では慎重な発言が目立っていた。世論や公明党の反応を意識しているためとみられるが、12日は地元での「身内」の会合とあって踏み込んだようだ。 


改憲「私の歴史的使命」…首相として初の墓参り
 (読売新聞) - 2013年8月12日(月)22:44
 

 安倍首相は12日、山口県長門市で開かれた地元後援者との会合で、「憲法改正に向けて頑張っていく。これが私の歴史的な使命だと思っている」とあいさつし、首相在任中の改憲に向けた決意を改めて表明した。

 夏休み中の首相は、同日、就任以来3度目の「お国入り」を果たし、長門市内で父・安倍晋太郎元外相の墓参りをした。首相としての墓参りは、第1次政権も含め、この日が初めて。首相は昭恵夫人とともに線香を上げると、約10秒間、墓前に手を合わせた。

 この後、長門市役所前の歓迎式典に出席した首相は、「私はまだ志を果たしたわけではない。これからが正念場になる」と述べた。



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************





 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3137-b967f2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad