JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

東京電力 柏崎刈羽原発 7月に再稼働申請の意向

2013年5月19日(日)

 今日も『日本維新の会』の石原・橋下・西村の暴言と、その後日譚に

事欠かないが、その話はもううんざりするので、その話題に隠れて

あまり取り上げられていない、原発再稼働への動きについてのニュース!

 読売新聞(Web版)げ結構長い記事で取り上げていた。 それによると・・・

【柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)1号機と7号機の運転再開を
 原子力規制委員会に申請する方針を固めた。】 とのこと。

いつの時期かというと、

【原子力発電所の新たな規制基準が7月に施行されるのを受けて、同月中に】

すなわち2013年7月中に申請するつもりらしい。

 しかし、その時点で安全対策が全て実施されている保証はない。

その上、原子炉直下に断層の痕跡があると云う。恐ろしい話だ。

 福島原発事故の処理に全く成功していないことにも無頓着なままで・・・


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


柏崎刈羽の運転再開申請へ…7月の新基準施行受け
 (読売新聞) - 2013年5月19日(日)11:10
 

 東京電力は、原子力発電所の新たな規制基準が7月に施行されるのを受けて、同月中に柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)1号機と7号機の運転再開を原子力規制委員会に申請する方針を固めた。

     

 北海道、関西、四国、九州の各電力会社も同じ時期に、計5原発の運転再開を申請する見通しだ。各原発は、規制委の安全審査を通過し、地元自治体の同意を得られれば、運転再開にこぎ着ける。

 7月に運転再開申請を予定しているのは、柏崎刈羽原発に加え、北海道電力泊原発(北海道泊村)、関西電力高浜原発(福井県高浜町)、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)、九州電力の 川内 ( せんだい ) 原発(鹿児島県薩摩川内市)と玄海原発(佐賀県玄海町)の計6原発。

 このうち、柏崎刈羽の原子炉は、事故があった福島第一原発と同じ「沸騰水型」だ。1号機と7号機は、新基準で求められる、放射性物質の放出を抑える「フィルター付き排気設備」の設置工事が7月中に終わるメドがついたため、運転再開申請に踏み切る。

 柏崎刈羽原発が再稼働すれば、関東や東北など東日本の電力供給が安定し、電気料金の上昇に歯止めがかかる公算が大きい。原発の代替となる火力発電の燃料費負担に苦しむ東電の経営再建にもつながる。

 ただ、東電と安全協定を結んでいる新潟県の泉田裕彦知事は、「福島第一原発の事故の検証結果が示されるまでは再稼働の議論はしない」として、再稼働に慎重な姿勢を崩していない。

 また、東電の調査で、1〜3号機と5〜7号機の原子炉建屋直下を通る断層が20万〜33万年前に動いた痕跡があることも明らかになっている。東電は「現行の指針では活断層ではない」と説明している。これが新基準では活断層と疑われ、再調査が求められる可能性もある。 


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/3045-3efe945c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad