FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

NPOを『活用』して 原発の必要性を説く 原子力ムラ (毎日)

2013年3月25日(月)













 このニュースは、毎日新聞のスクープなのかも知れない。

 原発マネーで運営されている団体が、NPO資格を取って市民団体のふりをして、

世論誘導を図っていた、と云う話しである。

 けしからぬことだ!


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

電力業界:原子力委員設立団体へ多額資金
 NPO活用、国策に 「安全神話」啓発で「中立性」利用

 毎日新聞 − 2013年03月25日
 

 原子力委員が就任前に代表者を務めていた非営利組織(NPO)に、電力業界側が多額の事業資金を提供していたことが明るみに出た。背景には、中立的と受け取られやすいNPOを利用して、原発の「安全神話」を広めようとした国や電力業界の思惑が透けて見える。【武本光政、町田徳丈、向畑泰司】

 NPO「あすかエネルギーフォーラム」理事長だった秋庭悦子氏(64)は、原子力委員就任前年の09年に報告書をまとめた経済産業省の「エネルギー・温暖化対策広報・普及啓発関連NPO等の活動促進に関する調査」のヒアリングで、こう回答した。「新聞で(事業への参加者を)公募したところ、かなりの人が集まったことがある。これはNPOが主催し、中立な立場だと思って、安心していろんな立場の人が集まるからである」

 国や電力業界がNPOを「活用」する契機になったのは02年6月、当時の与党3党(自民、公明、保守)の議員立法で制定された「エネルギー政策基本法」だ。同法14条は「営利を目的としない団体の活用に配慮しつつ、エネルギーの適切な利用に関する啓発及び知識の普及に必要な措置を講ずる」などと定め、NPOの活用を「国策」と位置づけた。

 同法に基づき03年10月に閣議決定された政府の「エネルギー基本計画」も、知識の普及に当たり「非営利組織の自律的な活動が促進されるよう配慮する」とした。あすかがNPO法人格を取得したのはその翌月だった。

 呼び水となったのは、99年9月に発生した茨城県東海村の核燃料加工会社JCO東海事業所での臨界事故と、02年8月に発覚した東京電力福島第1、第2原発と柏崎刈羽原発での「トラブル隠し」。03年4月には東電管内の全原発17基が運転停止を余儀なくされ、国や電気事業者による説明だけではもはや国民の信頼を得られない状況だった。

 05年10月に原子力委員会が策定した「原子力政策大綱」もNPOの役割を強調。経産省資源エネルギー庁によると、07年度、原発広報事業の一環として「NPO等活動整備事業」を整備し、11年度までに財団法人日本立地センターなどを通じて、あすかを含む計19団体に211万〜18万円余を拠出している。

 ◇消費者と電力業界橋渡し 秋庭氏「勉強会」でネットワーク作り

 秋庭氏と電力業界との関係は、あすか設立前の90年代前半にさかのぼる。秋庭氏は大手航空会社を退職し、89年に消費生活アドバイザーの資格を得た後、電気事業連合会のアドバイザリースタッフとなり原子力の広報に関わった。「消費者との距離を縮めるため電力業界が橋渡し役として目をつけたのが秋庭氏だった」と関係者は振り返る。

 01年に発足したあすかが03年にNPO法人格を取得すると、04年2月に東京・市ケ谷で開かれた設立記念パーティーに100人以上が駆け付け、電事連広報部長(当時、現東電代表執行役)が乾杯の音頭を取り、日本原子力文化振興財団(原文振)の理事長(当時)があいさつに立った。

 原文振は91年に「原子力PA(パブリック・アクセプタンス=社会的受容)方策の考え方」をまとめ、「日頃(ひごろ)の草の根的な広報に力を入れるべきだ」「エコロジーに関心の強い女性は地域の消費者センターのような所を頼りにしている。そういったところのオピニオンリーダーを(原子力の)理解者側に取り込めたら、強い味方になる」などと記していた。

 あすかは発足後、全国の消費生活アドバイザー仲間を招いて「オピニオンリーダー養成講座」を開催。参加した女性らは各地でエネルギーの「勉強会」を設立し、「国策」と相まって、NPOや任意団体のネットワークが全国に広がった。こうしたNPOのリーダーたちは、任意団体の「フォーラム・エネルギーを考える(エネルギー・シンク・トゥギャザー=ETT)」に参加し、連携を強めた。

 一方、秋庭氏は05年、社団法人「日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会」の常任理事を兼ね、07年3月〜10年3月には原文振の理事も兼務した。

      ==============

 ◇資源エネルギー庁のNPO等活動整備事業で支援を受けるNPO法人など(07〜11年度)

   団体名              (設立年、所在地)       金額

A  六ケ所村読書愛好会        (95年、青森県)    211万円

AE くらしをみつめる…柏桃の輪    (04年、新潟県)    209万円

   地域創生機構           (03年、東京都)    204万円

   フロンティアテクノセンター    (04年、北海道)    203万円

   地球感              (05年、新潟県)    171万円

AE あすかエネルギーフォーラム    (01年、東京都)    128万円

Ae エネ・フィーメール21      (06年、北海道)    114万円

E  くらし環境エネルギーネット

  <現WARP−LEENET>    (01年、大阪府)     94万円

   福井県原子力平和利用協議会    (72年、福井県)青年部  85万円

A  スカーフクラブ「あおもりサロン」 (08年、青森県)     70万円

   福井県環境・エネルギー懇話会   (98年、福井県)     70万円

E  福井県女性エネの会        (00年、福井県)     57万円

E  ウイメンズ・エナジー・ネットワーク(93年、東京都)     57万円

AE 松江エネルギー研究会       (04年、島根県)     56万円

   超学際的研究機構         (04年、福島県)     34万円

   河太郎一座            (00年)         27万円

   WIN−JAPAN        (00年、東京都)     26万円

   北海道エネルギー環境教育研究委員会(02年、北海道)     25万円

   ふれあいネット会         (03年、茨城県)     18万円

 ※A=あすかグループ、E=ETTメンバーのいる団体、
  e=ETTと講座開催などで連携する団体。
  支援はいずれも元請け(日本立地センターなど)を通じて。
  1万円未満切り捨て  

   毎日新聞 − 2013年03月25日



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2985-542429de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)