FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

女子柔道 告発したTOP15選手の名前を公表すべきかどうかで揉めている!

2013年2月7日(木)

 女子柔道・TOP15選手が、監督やコーチの指導方法や全柔連の暴力体質を

JOCに告発した問題で、選手の名前を公表すべきかどうかで揉めている!

 騒ぎの発端は、元スピードスケートと競輪選手で国会議員の橋本聖子女史が

「名前を公表すべきだ」と発言したとのニュースが昨日駆け巡ったことによる。

 柔道金メダリストの山口香女史が、この報道に敏感に反応して「時期尚早」

と訴えた。

 しかし、橋本聖子氏は、「名前を公表すべきだ」などとは一言も言ってない

と反論し、結局名前の公表は当面行われないようで安心した。

 その経緯を 【サンケイスポーツ】 がフォローしているので引用する。

長いので順を追って整理すると概ね次のような経過らしい。

     ******************

*JOC理事で自民党参院政審会長の橋本聖子氏は2月6日午前中の党参院議員総会で
「プライバシーを守ってもらいながらヒアリングをしてもらいたいというのは、決していいことでない。
 あまりにも選手のプライバシーを守ろうとする観点から、15人の選手が表に出ていないことをどう判断するか。非常に大きな問題だ」
  と発言

*報道各社は橋本氏が告発した選手を公表するよう求めたと一報

*JOC理事で女性スポーツ専門部会の会合に出席した山口氏は
「15人には現役選手が多く、今後の競技生活に影響を及ぼすこともある。
現状では時期尚早だと思う」
  と、選手名の公表には否定的な見解。

*全柔連の上村会長も
「本人が自主的に出るのならいいが、名前探しはしたくない」
  と沈静化を願った。

*選手15人の代理人を務める辻口信良弁護士は
「ずっと匿名でいくのは理屈の上でおかしいのはわかっている。(選手が)望むなら公表もありうるかもしれない」と検討する考え。
ただし、公表により選手が不利益を被らないことが前提で、現状では困難とした。

*橋本聖子氏は夕方になり、ファクスで
「どういう方法で選手を守りながら、これまでの経緯や事実を明らかにするかを検討すべき」と“真意”を説明。
「氏名を公表すべきとする発言はいたしておりません」と否定した。


     ********************


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

橋本氏“公表すべき”発言してない/柔道
 (サンケイスポーツ) - 2013年2月7日(木)08:00
 

 柔道女子日本代表での暴力問題を告発した選手15人の名前の公表をめぐって、騒動が起きた。日本オリンピック委員会(JOC)理事を務める自民党の橋本聖子参院政審会長(48)は6日、午前中の党参院議員総会での発言が選手名を公表すべきという趣旨で報じられると、夕方になって否定。JOC女性スポーツ専門部会長を務める柔道元世界女王の山口香氏(48)と全日本柔道連盟の上村春樹会長(61)は公表を見送ることを希望した。

 柔道の暴力問題が社会に与えた影響力を感じさせる、ドタバタぶりだった。15選手の聞き取り調査をするためJOCが設置した「緊急調査対策プロジェクト」のメンバーの一人でJOC理事でもある橋本氏は、午前中にこう発言した。

 「プライバシーを守ってもらいながらヒアリングをしてもらいたいというのは、決していいことでない。あまりにも選手のプライバシーを守ろうとする観点から、15人の選手が表に出ていないことをどう判断するか。非常に大きな問題だ」

 このコメントを受け、報道各社は橋本氏が告発した選手を公表するよう求めたと一報した。ところが夕方になり、ファクスで「どういう方法で選手を守りながら、これまでの経緯や事実を明らかにするかを検討すべき」と“真意”を説明。「氏名を公表すべきとする発言はいたしておりません」と否定した。

 それでも周囲は敏感に反応した。同じくJOC理事で女性スポーツ専門部会の会合に出席した山口氏は「15人には現役選手が多く、今後の競技生活に影響を及ぼすこともある。現状では時期尚早だと思う」と、選手名の公表には否定的な見解。告発によってすでに関係者3人が辞任に追いこまれている全柔連の上村会長も「本人が自主的に出るのならいいが、名前探しはしたくない」と沈静化を願った。

 一方で選手15人の代理人を務める辻口信良弁護士(65)は「ずっと匿名でいくのは理屈の上でおかしいのはわかっている。(選手が)望むなら公表もありうるかもしれない」と検討する考え。ただし、公表により選手が不利益を被らないことが前提で、現状では困難とした。

 政治、柔道界、代理人と立場はそれぞれだが、優先すべきは選手の心情。その点だけは三者とも一致していた。暴力問題の把握と解決へ、紆余曲折はまだまだ続く。



【関連記事】

山口香氏、選手の氏名公表には否定的
 第三機関設置を訴え 柔道五輪代表暴力問題

 (産経新聞) - 2013年2月6日(水)19:15


聖子議員一転「容認」から「慎重に」
 (日刊スポーツ) - 2013年2月7日(木)09:53


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2934-888c9d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)