FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大飯原発もトラブル続きなのに再稼働したかと思えば姫路火力発電所でも!

2012年7月2日(月)

 昨日の大飯原発再稼働の直前にも次々とトラブルが見つかったが…

大飯原発で警報相次ぐ=「問題なし」予定変えず―保安院
 (時事通信) - 2012年6月29日(金)20:56


 姫路第二発電所4号機が緊急停止したとのこと。

   <関電の火力発電所停止 復旧に10日前後>

    関西電力姫路第2発電所=2011年7月撮影
      (共同通信) 2012年7月2日(月)12:44
 
姫路第二発電所が緊急停止 関電、復旧に10日必要
 (朝日新聞) - 2012年7月2日(月)12:28


 火力発電所でさえまともにコントロールできない関西電力に

原発のコントロールができるはずがない。

 今回のトラブルも些細なこととして済ませるつもりだろうか?

 配管の欠陥は、プランと産業にあっては致命的なものであり、それ故

メンテナンス(保守点検)でも充分注意を払い、欠陥が出る前に交換する

などの予防処置を行なっているはずである。

 大飯原発でも配管の中核をなすポンプの異常が報道されていたが、

今回も中核中の中核であるボイラーに関するものであったようだ。

ボイラー関連の配管が欠損し、蒸気が漏れたというものらしい。

 原発なら放射能漏れの可能性さえある。

 一方では、原発再稼働を促進するための『ヤラセ事故』の可能性も!

 こんな関西電力に原発を稼働する資格は無い!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


姫路第二発電所が緊急停止 関電、復旧に10日必要
 (朝日新聞) - 2012年7月2日(月)12:28
 

 関西電力は2日、火力発電所「姫路第二発電所4号機」(兵庫県姫路市)が故障し、同日午前7時47分に運転を止めたと発表した。この日の関電管内のピーク時の電力使用率(予想)は81%から86%となったが、「安定した需給状況」に変わりないという。関電は10日ほどで復旧できるとみており、「予定通り進めば安定的な需給状況は保てる」としている。

 関電によると、2日午前3時21分にボイラー内の温度上昇を示す警報が鳴った。作業員が確認したところ、ボイラー内の配管から蒸気が漏れ、水量が減っていることが分かった。過去の故障例から、運転再開には10日ほどかかるという。

 この緊急停止で、関電の2日の供給力は約150万キロワット減少。4号機の出力45万キロワット分に加え、余波で揚水発電も減少するためだ。ただ、今月上旬は、仮に需要が大きく上昇しても、ほかの停止中の火力発電所を再開できるため、需要に見合った供給力は確保できるとしている。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2690-d3479032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)