FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

実は『金持ち』優遇の再生エネ全量買取制度 明日から!

2012年6月30日(土)

 今朝のNHKニュース「深堀り」(小野文恵)で紹介していたが、明日から始まる

【再生エネルギー全量買取】制度では、自然エネルギー設備を備えられる世帯

(ある程度家計に余裕のある家庭)には、利益をもたらす可能性があるが、

そのような施設を設けられない一般家庭にあっては、「電気代の値上げ」だけと

なる制度のようである。

 7月以降の当面の標準家庭での値上げは平均80円程度であるが、

急速に値上がりし、数百円になる可能性を指摘していた。

 ドイツでの実施結果によっても、十年ほどで十倍ほどになったらしい。

 東電など電力会社は、自然エネルギー買取り費用を全面的に電気単価に上乗せ

することになっていると言う。

 まさに弱者に負担を転嫁する「国民の利益のため」とは正反対の政府である。

その上、東京電力は価格の構成を公表していないと言う。

 一方では大飯原発を皮切りに、原発『再稼働』を画策している。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


再生エネ発電全量、1日から買い取り…負担増も(読売新聞) - goo ニュース

 2012年6月30日(土)22:36
 太陽光や風力など再生可能エネルギーで発電した電気の全量買い取りを電力会社に義務付ける「固定価格買い取り制度」が1日始まる。

 最長20年間、決められた価格で電気を売れるようになるため、企業が大規模太陽光発電所(メガソーラー)などを新たに建設しやすくなり、再生可能エネルギーの普及が加速することが期待される。

 ただ、電力会社は買い取り費用を電気料金に上乗せするため、多くの家庭では負担が増す。

 新制度は、太陽光や風力のほか、地熱、中小水力、バイオマスによる発電が対象となる。それぞれの発電コストが異なるため、税込みの買い取り価格は、1キロ・ワット時当たりで太陽光42円、風力23・1円などと別々に定められている。電気料金が月7000円の標準的な家庭だと、全国平均で月87円の負担増になる。 




*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2688-309a9e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)