FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大飯原発再稼動に反対します!

2012年6月29日(金)

 6月29日(金) 平日にも関わらず、15万人(朝日新聞報道)もの人々が

首相官邸を取り囲んで、再稼動反対を訴えた。

全国各地で原発抗議 官邸前「15万人」で騒然
 朝日新聞 - 2012年6月29日23時4分


 政府は、見せ掛けだけの安全対策を是として、免震対策棟などの

重要施設を先送りしたまま、大飯原発の再稼動を来週にも始めようと

している。

 当ブログは、免震対策棟などの施設が完成したとしても原発の稼動には

絶対反対の立場である。

 電力会社は、重要データを秘匿したまま、電力不足の『脅迫』で、

昨年東京を中心に実施した『計画停電』謀略を全国で進めようとしている。

これが、謀略であったことは、東京電力傘下の原発が全て停止している今年

大規模停電が起こらなかったことでも明らかである。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

全国各地で原発抗議 官邸前「15万人」で騒然
 朝日新聞 - 2012年6月29日23時4分



関西電力大飯原発の再稼働に反対し、首相官邸(右奥)前の道路を埋め尽くす人たち=29日午後7時50分、東京・永田町、仙波理撮影


 

 関西電力大飯原発(福井県)の再起動を7月1日に控え、反対する市民らの抗議行動が29日夜、首相官邸前であった。毎週金曜日夜を中心に実施されてきたが、主催者はこれまで最高だった前回の約4万5千人を大きく上回る15万〜18万人が集まったとしており、官邸周辺は騒然となった(警視庁調べで約1万7千人)。同じ時間帯に全国各地でも抗議行動があり、反対の声は広がりを見せた。

 官邸前では参加者がマイクで「名誉ある撤回を」「国民の声を聴け」などと次々と声を張り上げた。車道にまであふれた参加者は中高年から子連れまで年齢層もさまざま。

 東京都足立区の主婦(36)は、長男(7)とベビーカーの次男(3)を連れ初めて参加。「政府は私たちの生活を全く考えていない。これまで黙ってみていたが、我慢の限界に達した」と話した。「私たちは、選挙かデモでしか訴えられない。自分たちの気持ちを伝えていくうえで、結局、数にまさるものはない」と力を込めた。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2687-b7556229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)