FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

最果ての地と思ってきたが電気的車社会









【新疆ウイグル自治区 シルクロードの旅】

今日は、トムシュクからカシュガルに移動日。

遺跡と言われる処にも行きましたが、それほどでも…

最果ての地と聞いていたカシュガルも政府の西域開発計画で、この数年で急速に発展してきたらしく、中心部は都会化して〓開けています。

モーターバイクが大量に普及していて、歩道も車道もお構いなく、二人乗りは当たり前、三人乗りも平気で、その上誰もヘルメットなど付けずに走っています。
それも静かに後ろから近付いて来るので危険極まり無い。
静かな訳は、殆どが電気的バイクだから。 文字通りのモーターバイク社会です。
そういう意味では、日本よりずっ進んでいます。

前にも書いたように、砂漠のど真ん中でも道路沿いでは携帯のアンテナ〓も三本立っています。
☆☆のホテル〓でもW-LAN〓が使えるようです。
ホテルによっては、LANコネクターがあり、無料で使えました。

話しは戻って、車社会で多くの自家用車〓商用車、そしてタクシーが走っています。
タクシーは、全て黄緑色にカラーリングされていて、使う側にとっては解り易い。
そしてタクシーの殆どがVW:フォルクスワーゲン製でした。

今日、この地域には極めて珍しい雨〓が降りました。
この地域の人々には嬉しい〓だそうです。

話しは又々変わりますが、大きな広場やバザールには、警官隊が目立つ処に陣取っています。
中国通の同行者の話では、反政府集会や活動を牽制するためではないか?とのこと。
帰れなくなるのが嫌なので、警察関係の写真は、撮っていません。

 携帯投稿につき、写真は順不同です m(__)m
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2679-888c1730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)