FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北海道電力泊原発3号機停止で全原発停止完了

2012年5月5日(土)

 これで、原発が廃絶される訳ではないが

 【脱原発】 を目指して活動してきた人々にとっては、小さな第一歩だろう。

 北海道電力泊原発3号機(北海道泊村、出力91.2万キロワット)が

5日深夜停止したことによって、全国の全ての原発が発電を停止した。

 政府は電力会社の提灯を持って「電気が足りなくなる」キャンペーンに躍起。

マスメディアは、事業者の声を紹介して「電気がないと仕事が出来ない」と

電気の「必要性」を側面援助。

 また、原発立地地域の下請け業者や飲食・宿泊施設の経営者などを登場させ

営業が成り立たないことを強調。

 さらには、自治体財政も危機に陥るかのような報道ぶり。

 しかし、『原発漬け』の政策誘導で、地方経済を衰退させ、財政破綻させた

原因と責任を追究する報道は少ない。

 政府は、原発が停止しても8割程度の補助金は支出する意向のようだ。

 しかし、その補助金は、地方経済再建に使われるべきであり、単なる垂れ流し

補助金としたのでは、これまで同様の結果となって自立の妨げになるだろう。

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

原発稼働42年ぶりゼロに
 泊3号機が発電停止

 (朝日新聞) - 2012年5月5日(土)23:14
 

 北海道電力泊原発3号機(北海道泊村、出力91.2万キロワット)が5日深夜、定期検査のため発電を止めた。これで国内の原発50基すべての発電が停止した。全原発が止まるのは1970年以来42年ぶりで、原発が国内の電力を担う「基幹電源」と位置づけられるようになってからは初めて。

 北海道電力は5日午後5時から泊原発の発電出力を落とす作業を始め、午後11時3分に発電する電力がゼロになった。6日午前2時ごろにはすべての燃料棒の間に制御棒が入って核分裂が起きなくなり、原子炉が止まる。7日には原子炉が冷えた冷温停止になる。

 野田政権は原発の再稼働が必要だとして、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を目指している。しかし、関西の自治体が再稼働に慎重なこともあって地元の手続きに時間がかかっており、めどは立っていない。「原発稼働ゼロ」のまま、最も電力を使う夏を迎える可能性も出てきた。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2624-83935802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)