FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「質問に立つ方は反対の方」 柳沢光美副大臣 大飯原発再稼働説明会

2012年4月27日(金)

 これまでは、賛成側の質問者を事業者側から出して、いわゆる「ヤラセ」で

乗り切ってきたことを告白したようなもの。

 裏側から副大臣の発言を見れば、本音が透けて見える。

 「ヤラセ質問者を配置できず残念・・・」 とでも思っている?

 しかし、今回「ヤラセ」質問が全く無かったのかどうかは不明だ!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


「質問に立つ方は反対の方」
 副大臣、おおい町で発言

 (朝日新聞) - 2012年4月27日(金)00:20

 経済産業省の柳沢光美副大臣は、福井県おおい町で26日に開かれた住民説明会の後、会場の町民から再稼働を不安視する意見が出たことに対し、「質問に立つ方は反対の方。(会場の雰囲気は)そんなに強い反発ではないと個人的にはとらえている」と報道陣に発言した。「ある程度(町民の)理解が進んだと思う」とも述べた。

 おおい町の時岡忍町長は「住民が国の説明を聞くことができ、目的は達成された」と話し、再び説明会を開く考えはないことを明らかにした。再稼働への是非を判断する時期については「町議会での意見集約と、県の原子力安全専門委員会の判断も参考にしたい」と話した。



安全対策への不安相次ぐ
=大飯再稼働で住民説明会―経産副大臣出席・福井おおい町

 (時事通信) - 2012年4月26日(木)23:31
 

 福井県おおい町は26日夜、関西電力大飯原発3、4号機(同町)の再稼働をめぐり住民説明会を開いた。政府から柳沢光美経済産業副大臣が出席し、再稼働の方針を決めた理由などを説明して理解を求めた。これに対し、住民からは安全対策への不安の声が相次いだ。

 大飯3、4号機の再稼働手続きで住民説明会が開催されるのは今回が初めて。町民546人が参加した。

 説明会で、柳沢副大臣は同日行った大飯原発の視察を踏まえ「東京電力福島第1原発事故の教訓を生かした安全対策を講じている」と強調した。これに対し、住民の1人は、事故時に対策本部を置く免震事務棟が未完成であることに触れ「(棟が)できてから再稼働の話をしてほしい」と批判した。

 別の住民は、同じ福井県内にある日本原子力発電敦賀原発(敦賀市)の直下に活断層がある可能性が報道されたことへの不安から「しっかり検証してほしい」と訴えた。一方、電力の供給不安が人命に影響するとして「再稼働に向け協力したい」との意見も出た。

 終了後、柳沢副大臣は記者団に「住民の理解が進んだと思う」との認識を示した。一方、おおい町の時岡忍町長は「今後、町議会で集約される意見を聞きたい」と述べた上で、「安全を大前提に再稼働できればいい」と語った。  


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2615-4d50482a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)