FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「福井県原子力安全専門委員会」も原子力村!か? 再稼働容認の方向

2012年4月18日(水)

 「福井県原子力安全専門委員会」が大飯原発を視察し、あろうことか

「安全確保できる体制」と評価した。

 とんでもない話である。

 昨日のニュースでの慎重発言とは全然違う!

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

福井県専門委、大飯視察=原発の安全対策を点検
 (時事通信) - 2012年4月18日(水)16:03

 福井県の原子力安全専門委員会(委員長・中川英之福井大名誉教授)は18日、関西電力大飯原発3、4号機(同県おおい町)を視察した。政府が同原発の再稼働を妥当と判断したことを受け、シビアアクシデント(過酷事故)に備えて関電が取り組んでいる安全対策の実施状況を点検するのが目的。

 専門委は視察を踏まえ、さらに数回の会合を開いた上で大飯原発3、4号機の再稼働に対する判断をまとめた報告書を作成する。

 委員らは、非常用発電装置の起動訓練などを視察。電源や炉心冷却機能の確保、津波による施設への浸水対策などを確認した。 



大飯再稼働「安全確保できる体制」県安全委員長
 (読売新聞) - 2012年4月18日(水)22:04
 

 関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を巡り、「福井県原子力安全専門委員会」(12人)の中川英之委員長(福井大名誉教授)は18日、同原発を視察し、「安全を確保できる体制になっている」と述べた。

 中川委員長はこれまで、県内の原発では国の基準に沿った対策が取られているとし、他の委員も安全対策は十分との見解を示している。同委員会は近く、報告書を県に提出する見通しで、国の安全基準を容認する内容の報告書を県に提出する公算が大きくなった。

 中川委員長は視察後、報道陣に、「深刻な事故が起きても、原子炉が安全に停止し、『止める』『冷やす』『放射性物質を閉じこめる』ことができることを確認できた」などと話した。そのうえで「他の委員の意見も聞いて判断したい」とした。同委員会は、来週にも次回会合を開く予定。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト



コメント

委員の一人は関電子会社社員

福井県の原子力安全専門委員会の三島委員は、関西電力の100%子会社の管理職社員である。関電の原発安全評価に関電100%子会社の管理職社員が関与するのは明らかにおかしい。

  • 2012/06/11(月) 02:14:39 |
  • URL |
  • 市民 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2604-d6fe1b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)