FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大飯原発 安全委、審査書了承へ 結局、再稼働は野田首相の政治判断!

2012年3月13日(火)

 当ブログで何度も述べたように、強度の安全率が2倍未満と極めて低く、

その上、その安全率の判断の元になる震度の数値が『想定外』を考慮しない

当初の低い数値のままで評価して『安全だ!』と言い張っている 原子力

安全保安院による関西電力・大飯原発3、4号機のストレステストの結果

について、あの辞意を表明した班目委員長が牛耳っている原子力安全委員会

が、了承する方向だという。

 とんでもないことである。

 4月発足が危ぶまれている「原子力規制庁」が審査ができるようになる

までは、少なくとも待つべきであろう。

 尤も、その「原子力規制庁」にも『ホアンインゼンインアホ』の職員や

原子力安全委員会の職員などが横滑りするだけのようなので、原子力村

ゾンビが運営することになるのだろうけれど・・・


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


安全委、審査書了承へ=再稼働可否、政治判断に―大飯原発の耐性評価
 (時事通信) - 2012年3月13日(火)18:04
 

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)のストレステスト(耐性評価)について、国の原子力安全委員会は13日、専門家を交えた検討会での議論を終えた。班目春樹委員長は「専門家の意見も踏まえ、安全委で確認結果の取りまとめを行う」と述べ、関電の1次評価を「妥当」とした経済産業省原子力安全・保安院の審査書を、近く了承する方針を示した。

 東京電力福島第1原発事故後、定期検査などで止まった原発の再稼働の前提とされるストレステストで、安全委の審議が事実上終了するのは初めて。安全委が了承すれば、首相ら4閣僚の政治判断を経て、地元自治体の了解を得る手続きに入る。 

[時事通信社] 



大飯原発再稼働、政治判断へ 耐性評価、安全委が確認
 (朝日新聞) - 2012年3月13日(火)17:24
 

 定期検査で停止している原発の再稼働の条件とされるストレステスト(耐性評価)について、内閣府の原子力安全委員会の検討会は13日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の1次評価で経済産業省原子力安全・保安院が妥当とした審査書の確認作業を終えた。安全委は近く、審査の内容に問題はないとする確認書を出す。

 安全委による確認作業は大飯3、4号機が初めて。今後、原発の再稼働について、野田佳彦首相や関係閣僚が是非を判断することになる。 



*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/2563-778029be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)